<   2012年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ナイスフォロー(*^_^*)

今夜は長男家族と外食をしました。
次男は忙しいからむりでした。
最初は夫がわたしの体調を気遣い、家ですき焼きをすると長男に伝えたと言いました。
でもそれではお嫁さんが準備も片付けもしてくれることになります。
それじゃあせっかく来るのにゆっくりできない。
最近は土曜日に掃除に来てくれてますからね、ゆっくりできる日もないとね(*^_^*)
わたしも自分の体力がどれくらい回復してるか外出してみたかったしね(^^ゞ
で、近くの中華料理店へ行くことにしました。
とっても美味しかったです。
もうこんなことは出来ないと諦めていましたから…
みんなの笑顔が少し滲んで見えます。
もちろん夫が驚くほどたくさん食べました(^^)v
みんなで食べると美味しいですね。
とっても嬉しい一時がすごせました。

そして、やはり天使ちゃんのお話ね。
縄跳びができるようになったと見せてくれました。
ぴょんぴょんとドヤ顔もんで跳んでくれました。
保育園の三歳児で一番最初に跳べたとドヤ顔はママの方でしたけどね(>_<)
あとは毛糸の編み物。
流行ってるとかで指で器用に編んでましたよ。目がそろっていてなかなか上手いもんです。
褒めると一生懸命ですね。器用なのはばぁば似かしら?!
思わず言っちゃいました(>_<)

それに帰り道の他愛無い話。
我が家は、特に男性二人のじぃじとパパがO脚で足が短い。ばぁばと次男はまぁ普通で、ママと天使ちゃんはスラッと足が長くて綺麗やね。まるでモデルみたいに天使ちゃんはママに似て良かったねぇ〜と言った。すると間を置かず驚くほどのタイミングの良さで『パパ短くないよ!パパ格好いいのに!』と、すかさず絶妙のフォローが入り全員大爆笑となりました。
「いい子やいい子や!なんていい子なんや!パパ格好いいやんかなぁ」と、息子は大喜び。
で、さあ、いつまでそんなん言ってくれるのでしょうか?
最後は息子のドヤ顔で一段落となりました。
どうやら毎日お風呂でパパは格好いいなぁとすり込まれているみたいですね(>_<)笑っちゃう単純な話です。絶妙なタイミングでしたね。
いつまでも娘に尊敬される父親でいてよね(^^ゞ
格好いいパパでいてね。

そしてへんな顔10連発〜(*^_^*)
本当に目一杯和やかな時間をもらいました。
娘っていいですね(^^ゞ
いつまでもパパの見方でいてほいいね。
[PR]

by coo-sora | 2012-11-28 02:51 | 乳がん

手当てをする

今日はガーゼ交換にクリニックに行きました。
副作用がのしのしと近付いていましたが、何とかベッドから抜け出しクリニックへ。
相変わらずクリニックは立って待つ人が多いほど待ち合い室は大入り満員。
何とか座る場所を見つけてお尻を滑り込ませる(^^ゞそれから1時間、テグレトールの副作用で睡魔に襲われてうとうと眠ってばかり。
番号を呼ばれたときもふらふらと診察室へ。
キャミとブラ以外は全てぬいでベッドに横になる。
傷を見ながら主治医
「傷はきれいに縫えてるし、このまましっかりついてくれるだけなんだけどね」そうだよし!手を当てて、「どうかしっかりこんどこそくっつきますように!」と、K院長は膝をおり、わたしの傷に手を当てて祈った。
え〜〜っ!せんせいっ!看護師さんもわたしも笑っちゃいました。
だけどそこに先生の人間性を感じ、わたしはとても嬉しかったです。
そこに信頼性を見ることができました。
帰宅した夫に話すと、なかなか茶目っ気があってええ先生やなぁと言ってました。先生とはもう8年間のお付き合いをさせて頂いていることも手伝ってか、最近は少しずつ身近に感じさせて頂く機会が増えたようにおもいます。
今日のエピソードもわたしの中では嬉しいエピソードのひとつとなりました。
これが本当に手当てたるものですね。
先生の想いが効きそうです。
大丈夫かなって不安でいるわたしのきもちをほっこりさせてくれるものであった。
ありがとうございますm(__)m
[PR]

by coo-sora | 2012-11-23 02:45 | 乳がん

ケモ日とその前日

昨日はフルコースのケモ日でした。
最初の生食から始まり、副作用止め(吐き気止めやステロイド)タキソール、アバスチンにゾメタに生食に戻り終了。
慣れたもので約3時間で終了。
トラブルなくうとうとしている間に終わりました。

そして何よりも嬉しかったのは、あけぼの滋賀の再発患者会の仲間であるKさんに出会えて力をもらったこと。
彼女はとても心配してくれていた。
でも患者会に参加できる体力もなく、自分のことしか考えられてなかったわたしだったのに、彼女は会えて嬉しいと何度も涙を流してくれた。
他の仲間とも大変心配してくれていたのだ。
手を握り無理したらあかん。
ぼちぼちがんばろうな!と、強く手を握りかえしてくれた。
ありがとう(*^_^*)
あなたの応援は届いたよ。貴女も辛いこといっぱいあるのに…
がんばろうね!
貴女が代表してるひまわり会の年末親睦会までには何とか体力を戻して参加する。
目標だ!

そしてその前日の話、
ポートがどうも落ち着かない。
傷口から白いものが見えてきたのでクリニックへ行った。
どうも皮膚が上手くくっつかないでイヤイヤをされて表面にでてきてしまったようです(ノд<。)゜。
ポートの材質に体質がアレルギーのような除外をしてるようです。
化膿はしてないのに周辺の赤みが消えない。
主治医も二回目のことに大変驚いた。
ポートは正常に機能している。
大変珍しく他にはいないと。
主治医大いに悩む。
そして
とりあえず必要でない皮膚を切り取りもう一度綺麗に縫いあわせる。
付かなかったら外すしかありません。
今この段階で外すのはもったいないからもう一度様子を見たいという。
主治医曰く、「医者がこんなこと言うたらあかんけどあとは神頼みやなぁ」
どうやらアバスチンの影響で付きにくいこともあるかもしれない。
とにかくわたしもしっかり治まって、高カロリー点滴ができるようにならないといざというとき困ったことになる。
また場所を替えるのもなぁ…
神頼みでもいいやんちゃんてついてくれたら。
で、チョキチョキと皮膚を切って綺麗な所を縫いあわせた。
わたしは局麻だし見えないし…とにかく局麻の注射が痛い。
これが一番嫌だ!(T_T)

しかしまぁいろいろ起きます(;_;)
副作用なのか、その産物なのか…これだけ長年化学療法を続けていたら身体も満身創痍ということかな。
それでもいつも温かい看護師さんの応援があって続けてこれたと思います(*^_^*)
一緒に心配して喜んでくれて、これは大きい力だ。
長い患者生活、最近そう思うことが多い。


そしてその後、成人病センターへテグレトールの処方箋をだしてもらいに行きました。
先月は夫に車椅子で連れて行ってもらう状態で、激ヤセしてしんどかったから、緩和ケアへの推薦をと話してくださったY先生も元気になったことをいつもの笑顔で喜んでくださった(*^_^*)

そして腫瘍マーカーが半減したことには期待が持てるので、頭の方も経過観察となり2ヶ月分を処方してもらいました。


その後は半年ぶりくらいにホームセンターへ行った。cooの冬用の新しいハウスとトイレが欲しくて。
お店はすっかり冬仕様。
園芸コーナーにはポインセチアやシクラメンが並び、店内は暖房器具がいっぱい。
前回は冷房器具だった(>_<)
カートで身体を支えるようにしながらも何とか必要なものの買い物をした。
大躍進である。
荷物持ちは当然夫の仕事ですが、
ま、いつもより多いステロイドハイ(朝服用+点滴)のお陰ではあるが、思っていた買い物ができて嬉しかった。
cooは今夜からフカフカの新しいハウスがお気に入り。
良かった。
ちょっと奮発したけれどcooのぬくぬくの満足そうな顔を見ているとこちらもホッとする。
そんなこんなで、当り前だが帰宅後はダウン。
ガス欠となりました(>_<)
そしてまたグダグダの副作用我慢大会に一週間突入であります。

今朝はまだ大丈夫だけれど(^^)v
[PR]

by coo-sora | 2012-11-21 08:40 | 乳がん

ギュッとチュウ(*^_^*)

昨日は長男のお嫁さんが来てくれて掃除をしてくれました。
普段は調子が良い日にルンバを動かしているだけなので、部屋のすみやルンバの入らない場所を掃除機で綺麗にしてもらうとスッとしますね。
その間、天使ちゃんとわたしはおやつをつまみながらWOWOWでくまのプーさんを見ました。
穏やかで優しい時間が流れました。

来ると必ず
「こんにちは」と、ギュッ!
帰りも必ずギュッとしてチュウ!
「またくるからね」
「うん、まってるからね」
「ばいばぁ〜〜〜い」

いつまでも続くといいなぁ。
そして夜はお嫁さんが作ってきてくれた料理を頂きました。
有り難いですね(*^_^*)

因みにお嫁さんは毎朝娘をギュッとするそうです。
そして幸せだなぁって思うそうです゜+。(*′∇`)。+゜どうやら天使ちゃんは我が家にいっぱい幸せをもたらした本物の天使のようですヽ(´▽`)/
[PR]

by coo-sora | 2012-11-18 20:01 | 乳がん

頑張ってるの?

わたしたち、よく頑張ってますねって褒めてくださる。
それはとても嬉しいことです。
人は褒められることでたいていまた頑張ろうって思えます。
でもタイミングによってはそれがプレッシャーになり言われることを辛いと感じる人もいます。
だけど前回も書きましたが、適切な言葉が少なくて結局『頑張ってね』になってしまいます。
わたし自身はよく知っているつもりだし『頑張ってね』と、励まされるのは嫌いじゃないです。
だけど、はたして頑張っているのかというと別問題になります。

ある同病の再発者の方と話したことがありますが、わたしたちは頑張ってるといより我慢してるんだよねって。
いま置かれている状況を受け入れ我慢する(;´∩`)副作用は辛い。
その辛い時間が過ぎ去るのをじっと我慢する。
抗がん剤治療を頑張ってるわけじゃない…
出来ないことがどんどん増えて悲しい。
その悲しみを我慢しながら出来ることを探す。
目標を決め、その成果を上げるために努力する事を頑張るとは言うけれど、わたしたちってひたすら我慢してるだけで、頑張ってるねって言われると何か違うっていうか、こそばいっていうか…。
それに我慢しなきゃどうしょうもない状況だから我慢する。
それは不本意なことも多々あるけれど、自分が選択したこともあるから我慢しようと思える。
わたしたちって我慢してるだけなんだよね。
人が言ってくださるような凄く頑張って…となるとやっぱりムズムズしてしまう。
その仲間とはそう言って大笑いしてしまったのだけれど…

これってただの屁理屈かしら?
我慢(;´∩`)我慢が増える毎日の中で
ふと思い出して書いてみた。(*^_^*)
でも人には『我慢してね』とは言えないよね(>_<)

暇なヤツが考えた屁理屈(^ε^)-☆Chu!!
[PR]

by coo-sora | 2012-11-17 01:26 | 乳がん

言葉がなくて

めちゃめちゃ頑張ってる友がいる。
病と闘い続けるだけでも計り知れない忍耐が必要だというのに
それだけでは済まない。
生きていくためには治療だけでは済まない。
一人で闘っていくには本当に過酷だ。
そしてわたしは、
何か力になる言葉を送りたくてもどれも空虚な気がして言えない。
言葉が見つからない(ノд<。)゜。
しかし心は表現しないと伝わらない。
黙っていても貴女の気持ちは伝わっているよなんてのはウソ。
ただの慰め。
でもでも言葉が見つからない。
情けない。
自分も傷付かないと本心は伝えられないのかもしれない。
嫌われることを躊躇していては伝わらないのかもしれない。
本音を話して一緒に泣いて一緒に笑いたい。

結局『頑張ってほしい』としか言えなくて。
ごめんね。
そして今のわたしには何も出来なくてごめんね。
『頑張って』ほしい。
[PR]

by coo-sora | 2012-11-13 01:33 | 乳がん

なかなかのもんですわ(^^)v

水曜日に5回目のアバスチン+タキソールを受けて、かなりデカドロン(ステロイド)の効果があり、以前の副作用に比べたら半減したでしょうか。
不眠というおまけは付きましたが、身体の怠さは半減。
吐き気も止まったままです。
熱は37度で止まり、息切れも酷くならなかったです。手足の痺れは相変わらずなので良いことにして…
それでも4日目5日目は一日中寝込んだままでしたが、以前の副作用に比べたら軽いもので、これならまた受けられるかな…
今はそんな気持ちでいます。
だけどそれにはデカドロンが不可欠になるかもしれません。
時期をみて減薬する予定でしたが、これだと手放せなくなりそうです…
そうは言ってもアバスチンの効果が無くなればなんの意味もないのですが…
今は天に任せるしかないですね。
今は現状を受け入れて、次のことはまたその時に悩むことにします。

今夜はワカメとお揚げさん入りのおうどんを半分頂けました。
夫の食事が作れたと喜んでないで自分もしっかり食べて体重増やさなきゃです(*^_^*)
一生懸命食べても体重を増やして体力つけるって大変だなぁってつくづく思います。
テレビには美味しいものがいっぱい出てきてタレントさんたちがパクパク食べてる姿が実に羨ましいですが…
ま、それはいいとしましょうかね(^^ゞ
わたしも友人と約束した焼き肉絶対食べに行くぞ!!
[PR]

by coo-sora | 2012-11-12 22:03 | 乳がん

今日の献立

豚肩ロースのソティ。ジャーマンポテト。サラダ。しらすの大根会え。
なんて簡単な料理か。
だけど、1ヶ月前はもう料理は二度と出来ないと思っていた。キッチンに立っていても息があがりすぐ苦しくなった。
それが時々の休憩で出来るようになった。
嬉しい。
じゃがいもをつまみながら妹も喜んでくれた。
薬のおかげではあるけれど自信を少し取り戻した。
無理は出来ない身体ではあるけれど、生活を楽しめることが少しできそうだ。
嬉しい。
で、
いつまで…なんて野暮なことは考えない。
綺麗なバラやなぁ~
美味しいなぁ~
今日はそれだけで十分(*^_^*)
[PR]

by coo-sora | 2012-11-10 02:34 | 乳がん

満開

f0116278_2113955.jpg

昨日はお見舞いにだと義兄がバラをたくさん持ってきてくれました。
浄水場の薔薇園だったでしょうか
前任のかたが亡くなられたかで、確かあの几帳面な性格を見込まれてまかされたようです。
名前も色も変わったものばかり。
今日は大輪の花が満開となりました。
それは見事な花たちで、家にいて感動することができました。

で、義兄は最近お料理にはまっているらしく、自分で作ったスイートポテトをいただいたのでシナノスィートとトレイドした。
それほど甘過ぎず美味しかった。
若い時からピシッと片付けをする兄にはぴったりの仕事に思えた。
来年の初夏には生バラを見に行きたい。
そして義姉たちの気遣いに感謝したい。
花は何れも和ましてくれる優しさを持っている。
部屋の中が明るい(*^_^*)
[PR]

by coo-sora | 2012-11-10 02:11 | 乳がん

ケモ中

悩みに悩んだケモだけれど…

水曜日の担当はI先生。
看護師長さんと話していたら、隣の診察室から
「その声はcooさんやね〜元気そう?!」と、I先生の笑顔。
デカドロンを増やして随分楽になったこと、だけどめちゃめちゃ不安がいっぱいなことを話す。

まず、デカドロンはまだ増やせる量なこと。
睡眠障害をコントロールできるなら自分で様子を見ながら増やすことになった。
そして、ケモ。
やはりこれだけ数値が下がるのはなかなか無いことだから今止めるのはおしいなぁ…
もしもまたあかんてなったら受け入れるから、やってみようよ…と、I先生。
もしもまた…は、困るんやけど…
I先生「応援してるよ!ここにいるみんながcooさんのこと応援してるんやから。応援団たくさんいるよ!!」
すると
「そう、応援団いっぱいいるから頑張って!」と、看護師長さんと薬剤師さん。大きく頷き満面の笑顔を向けてくださった。
強く背中を押されたことに間違いないが、こんなに嬉しいことはない。
みんなの笑顔と言葉にウルウルする顔を上げて「はい、がんばります!」と、応えた。
単純かもしれない。
だけどこういうことが患者にはとても力になる。

この病になってもうすぐ8年が経過する。
クリニックのスタッフさんのほとんどの方とも顔見知りになり、皆さんが親切に声をかけてくださる。
そして、今日の言葉。
小さな専門院だから大病院みたいにいかないことは多々あり、物足りなさはある。
憤りを感じ転院を考えたりセカンドをとったりした。でも今は8年間ここでお世話になっていて良かったとつくづく感じている。
まだまだこれからだ。
大きな山は来るだろう。
そんなときここで良かったと思えるお付き合いができてると嬉しい(*^_^*)

さてさてあと30分くらいでケモは終わりかな。
[PR]

by coo-sora | 2012-11-07 13:19 | 乳がん