<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

やっぱりクセになるのか・・・?

今回、副作用もわりと軽くいい感じだと思っていたら・・・
また火曜日から腎盂炎でした(-_-;)

これ何だか分かりますか?
f0116278_17141643.jpg


これは餡子です。
月曜日の夜、めちゃめちゃ久しぶりに小豆で餡子を炊きました。

そして・・・火曜日
f0116278_17144577.jpg

出来たのはおはぎです。
今の時期は春なので牡丹餅と言ったほうがいいのかしら?!
これはわたしの分です。
きな粉が好きなのでちょっと大きめです(^^ゞ
900gの小豆と7合のもち米・3合のうるち米で60個のおはぎが出来ます。
お彼岸にはちと早いですが、旅行に行って居ないこともあるし、昨年は全くそういう事出来なかったしとか思って作ってみました。

雨の寒い日でしたが、エイッって気合入れないと出来ない事なので、鍼から戻ってから作って、友人のお父さんのご仏前をはじめ、義姉んちや姪っ子のところ実家の仏前(妹の家)や、和菓子大好きな友人等に届けて帰宅したのは夜の9時でした。
とにかく寒い(>_<)
ダウンのコートを着たまま毛布に包まってストーブの前にじんどる・・・
しばらくすると・・・
あれっ?!
熱が出てるかも・・・?
風邪引いたかぁ?!
とにかくロキソニンを飲んで寝る。

翌朝はケロリヽ(^o^)丿
午後から長男家族が来て久々の焼肉です。
準備はわたしがしておきましたが、片付けはお嫁ちゃんでらくちんです。
でも・・・ちょっとしんどい・・・(・・;)
腰もだるいし嫌な感じ・・・

でも、そんな凹みかけた気持が一気に元気になったのは孫の一言
ばぁば・・・
記念すべき日。
初めて孫が「ばぁば」と呼んでくれた日。
思わず抱きしめて喜びに浸りました。
3月10日です。
お嫁ちゃんの話だと、ここ1週間くらいで凄く話すようになったとか・・・
ちょうだい・あけて・どうぞにはじまり、cooを見てニャーと言ったり、ずっと何か言ってます。
こうなると可愛いですね~ヽ(^o^)丿

話はそれましたが、やはり熱が出ていてしんどかったのです。
そして翌日も夕方になると熱が出て腰が痛い・・・
これってまたかぁ~~(・・;)
きっと腎盂炎だよ・・・考えたら尿の回数も減ってるし・・・
夕方くらいから熱が出て、腎臓の裏くらいの腰(背中)が痛むのが特徴のようです。
わたしの場合は左の腰が痛みます。
熱は38度くらいですが、酷くなると39度を超えることもあるそうですね。
だけど1ヶ月前になったばかりなのに・・・(・・;)

で、昨日は主治医のところへ行き診てもらいました。
昨日の診察はS先生でした。
旅行の出発が来週の火曜日ということもあり、早く治しちゃった方がいいねって即効性がある点滴を選択。
抗生物質と栄養剤を点滴しました。

さすがに点滴の効き目は早いです。
今日はすっかり腰の痛みは取れました。
今のところ平熱です。ヽ(^o^)丿
このまま治ってくれよ~~~~
行きたかったセミナーも行けなかったんだからね。
てか、旅行には何が何でも行きたいから治さないといけないのです^^;
すっかり準備は出来たし、あとは体調を整えるだけです。

えっ?何処へ行くのかって?

う~~~~~~ん、ナイショだよん(^_-)-☆
帰ってきたらレポしますね。
てなわけで16日からしばらく更新はお休みです。
たぶん、帰宅してからもしばらくは疲れて更新出来ないのがいつものパターンですから(^^ゞ
[PR]

by coo-sora | 2010-03-13 17:12 | 身体にいいこと

男ってヤツは・・・(・・;)

昨夜、「がん市民フォーラム IN おおつ」へ行ってきました。
「大切な人のために 受けようがん検診」がテーマで、がん検診の啓発が主な内容です。

ならば、既にがん患者でるあるわたしが何故行ったか?って。
基調講演が田原総一朗氏だったからです。
田原氏は滋賀県彦根市出身なんですね、そして二人の奥様を乳がんで亡くされています。
今回は「がんを行き抜いたパートナーからもらったもの」と、いうテーマでの講演でした。

テレビで拝見する、政治の話をされる時のあの厳しい表情は微塵もなく、穏やかな品のある初老の男性っていう感じでした。
でも、年齢よりずっと若く見えましたけどね(^_-)-☆

お話は、ともするととても重い内容になるのですが、経験や思い出を懐かしそうにさらっと語られていました。
それでも、わたしにはとても羨ましい夫婦愛がそこにはあり、奥様ががんになられたことで夫婦の間が密になったと語られていました。

お話を簡単に説明すると・・・
一人目の奥様は従姉さんで姉さん女房で全て頼りきっていたこと。
乳がんは奥様が自分で見つけられたこと。
国立ガンセンターや有名私立の医大を受けたがDrと信頼関係が築けなかったこと。
これは、田原さん自身がジャーナリストという職業のためDrの態度が普通ではなかったらしい。
特に早期発見にもかかわらず再発したときの対応は最低だったと。
そんな中で近代医学を信じられないまま、あらゆる手立てをうち、9年間の闘病の末亡くなられたそうです。

二人目の奥様はその5年後、いわゆる不倫相手と再婚されたそうです。
二人のお嬢さんがおられ、長女さんは賛成し、二女さんは賛成も反対もしないと仰ったそうです。
・・・どこかで聞いた話だわ・・・(・・;)
想うに・・・
一人目の奥様の闘病の最中に不倫ですか?
それってありですか?
実はうちの父もそうだったのですが・・・
そのころのわたしは怒りで一杯、絶対許せないと思ったものでした。
ま、結局父は不倫相手と再婚したんですけどね。

ちょっと余談でした^^;
だけど、あまりにさらっと不倫の経緯も説明されて、思わず笑ってしまったんです(・。・;
さすがですわ^^;
だけど、男って奴は~~~~~(>_<)

そして、再婚されて9年目。
ある日、ブラジャーのサイズが合わなくなったと奥様が言い出されたそうです。
おっぱいが大きくなってきたのです。
でも、しこりはないので大丈夫かと思っていたらどんどん胸の形が変形し病院へ行くことになったと。
乳がんは炎症性の大変性質の悪いもので余命半年と告げられ、抗がん剤を使い小さくなるのを待って手術されたそうですが、1年後に再発、動けなくなった奥様を毎日お風呂に入れるのがご自分の生き甲斐になっていたこと。
最初の病院のDrは余命半年なので本人には告知しない方がいいと言われて従ったこと。
そのDrではダメだと思い、ようやく中村先生(聖路加病院)に出会って納得いく治療をしてもらえたこと。
中村先生の奥様への告知により、それまで炎症性の乳がんだということを黙っていたことをこっ酷く叱られたこと・・・

そんな経験談を話されて、何度も仰ったのは奥様お二人とも愚痴を一度も言わず、反対に励ましてくれて仕事が頑張れたいうこと。女性は強いとしきりに仰っていました。
立派な奥様たちだったんですね。

そして、大変驚いたのは
参加者からの
「どうやって亡くなった人への気持を断ち切ったのか?」という質問に
断ち切れてません。それは無理ですと答えられ、
最初の奥様は4年間、二人目の奥様は5年間、骨壷をデスクに置いていて、お坊様に諭されて納骨したこと、でも、骨壷から少し取り出して持っていると・・・

普段、テレビから受ける田原さんのコメントや様子からはちょっとイメージが違う・・・聞いてみないと分からないものですね。

だけど、羨ましい話でしたね。
相方ががんになり、その関係が濃密になる人もいるけど、逆に離婚しちゃう人だっています。
相方ががんになったとき・・・

うちの夫は何を考えているのやら・・・?
きちんと話したことないんだよなぁ~(-_-;)
聞かれないから何も言わないままなんやけど、このままでいいのかな・・・

そんなことをちらっと思いながら帰宅しました。
[PR]

by coo-sora | 2010-03-06 17:22 | 心にいいこと

タキソテール2回目と副作用の準備

昨日はタキソテールの二回目とゾメタをやってきました。

その話の前に・・・
先週はすっかり元気を取り戻し、木曜日は ひまわりさんの美容室にカットに行ってきました。
脱毛の準備です。
わたしの髪はナベルビンで半分くらいの量になりました。
ナベルビンで脱毛するひとは殆どいないみたいですが。
そんなわたしですからディグニを使っていてもタキソテールなら脱毛しやすいかもと想定。
初発のタキソール点滴時時に使用したフルウィッグ(スベン○ソンで購入)を使うことになるかもしれないと考え、昨年の10月からほったらかしにしていた(ひまわりさん紹介で購入したポイントウィッグを使用していたので)髪のカットをすることにしました。
となると、いつもの美容院は他のお客さんも一緒なのでちょっと・・・と、考え 「抗がん剤からのヘヤーレスキュー」 に参加しているひまわりさんのお願いすることにしました。
ほまわりさんだとご自分も抗がん剤での脱毛を体験されているのですぐに理解してもらえますからね。

ひまわりさんちは、名神を走り八日市インターから10分くらいの百済寺へ行く途中にあります。
我家からだと50分くらいでした。
お天気も良く暖かくいいドライブ日和です。ヽ(^o^)丿

そして、ひまわりさんのお店はとてもお洒落で素敵でした。
何より素敵なのが広いテラスから見渡すロケーションの素晴しさ。
爽やかな風と空気。
横を流れる川沿いの桜並来がずっと続いています。
亡くなられた御父様が植えられた桜だとか。
春が待ち遠しいです。(^^♪
そうそう、がねちゃんに伝言です。
春になったら一緒に来てね~~って。
がねちゃん、桜見せてもらいに行こうね~ヽ(^o^)丿

肝心のカットですが、いろいろ相談して、ちょっと短めにしました。
だけど、10月にカットした時はオバンくさくなって嫌だったのですが、ひまわりのカットは少し若返りましたよ(^_-)-☆
このまま抜けないといいのになぁ~~~~

そのあと、美味しい桜の紅茶を頂きなが長々とお喋りを楽しみました。
と言っても味覚障害が出てるわたしは桜だって気付かなくてごめんね。(・・;)
だけど、時間はあっという間に過ぎ、ホントにいつまでもいたくなるすてきなお店でしたよ。

そして、金曜日は「あけぼの滋賀」(乳がん患者会)のスタッフ会議に出席。
今年度の反省と来年度に向けて。
みなさん、とても熱心です。
わたしも少しですが来年度もまた少しお手伝いさせて頂くことにしました。
治療をしながらなので全てに参加するのは不可能ですが、治療中だから分かることや出切る事があるはずと・・・思います。
自分への励みになりますからね。

日曜日は映画「インビクタス」を観ました。
モーガン・フリーマンのマンデラ大統領役は想像通り。
マッド・デイモンのラグビー選手って?!と、思っていましたが自然な感じで良かったです。
実話なんですよね。
ただ、イーストウッド監督作品ということで観に行ったのですが・・・?
らしくないっていうか?
映画は楽しめますが、ちと期待はずれかも。
だけど「マンデラの名もなき看守」という映画に凄く感動した記憶があり、その映画を観てると続きみたいな感じで楽しむこともできるでしょうか。
ま、よっぽど「マンデラの名もなき看守」の方が良かったかもです。

だけど、映画とは別にスポーツの力って凄いなぁ~
たとえ一瞬にしても人々の心をひとつにできるんですから。
調度、オリンピックがあったばかりなので余計そう感じました。

そんな風に気持も一心。
昨日はタキソテールとゾメタを受けてきました。
だけど、やってきました。行き成りの筋肉痛です。
昨日の夕方から右肩が重くなり段だんそれは腕全体に広がり・・・激痛です。
なんで?
ポートを使ってるから血管痛は有り得ないでしょう?????
しかし、何とも言えない、抜けそうなだるさと痛さ。
ロキソニンはさっぱり効かず。
これって骨の痛みじゃないのは分かります。
とにかく痛い(/_;)
苦しむこと8時間。
夜中の3時ころに何故だか痛みが薄らぎ、その間に眠る。
朝起きるとだるさはあるけど、あの痛みはどこへやら???
朝の痛みでクリニックに行くか鍼にいくか考えようと思っていたので、激痛は無くなったので鍼へGO!!

で、この時間。PCのキーが打てるほど回復ヽ(^o^)丿
まだ、だる~~~~いけど痛くなければOK!!
しかし、何が出るか分からない副作用。

<今日の副作用>

: 手足の痺れは少し酷くなったかな(これはずっと続いたまま)
: 味覚障害(タキソテールに変更して1週間目からずっと続いてる)
: 右腕の筋肉痛(何故右腕だけなの?)
: 胃のむかつき・食欲不振
: 顔のほてり
: 手の爪はボロボロ(昨年のタキソール開始から徐々に薄くなり縦に細く溝が出来、少しでも伸びると折れるので、とても小まめに切らないと捲れてしまいそうに薄い。)
: 便秘(マグミットとラキソベロンのお世話になってます)

今はこれくらいです。^m^本格的に身体がしんどくなったりは三日目くらいからだからね(・・;)

そして、昨日、わたしの隣で点滴を受けていた人。
ホントは今日一番話したいことです。
その方は、タキソールとゾメタをやっていたので、骨転移ですか?と話しかけてみた。
すると、骨転移から9年なんですよって彼女!!
びっくり~~~~
で、少し話してみる。
普段、わたしは敢えて自分から話しかけることはしない。

彼女の話では・・・
9年間ずっと治療を続けてきて、エンドレスだしちょっと疲れてきたのとマーカーも安定して良かったので、昨年の暮れから少し休薬したいと希望したとのこと。
ところが、わずかな休薬の間に驚くほどマーカーが上って治療を再開したと。
それに伴って痛みも出てきたから放射線を検討していると・・・話してくれました。
で、わたし、マーカーはどれくらいなんすか?って、恐る恐る聞いてみる。
するとなんと!!
CEAは1000以上もあり、CA15-3は400くらいだと・・・
それでも、まだ骨だけなんでよと、彼女は笑っていた。

もう、数値を聞いてびっくり!!

そうなんだぁ~
腫瘍マーカーって、ホント人それぞれなんだなぁ~
正直、わたしは偉そうに言っていても内心ハラハラしていた。
だけど、こんな人もいるんだなぁ~

CEAなんか境目が5なんです。
わたしは1月に18,6だった。
CA15-3は、わたしの方が高いけれど・・・

腫瘍マーカーに一喜一憂し振り回されるのは良くないなぁ・・・って、つくづく思った。
二桁でドンドン転移してる人もいれば、亡くなる寸前まで正常値の人もいる。
うちの父は後者だった。
だから、父は転移してないと思っていたのだけれど・・・

ただし、マーカーが急上昇した時は、やはり抗がん剤に耐性ができたのだと理解する。
それなら次の薬へ移ればいい。
薬が効かなくなったと嘆くより、マーカーの上昇は信号なのだ。
早く手を打つにこしたことはないと思う。

副作用は嫌だ。
やってみないと何が出てくるか分からない。
恐怖心だってある。
だけど、体力のあるうちに叩ける間は叩いて生きたい。

そろそろCT検査の時期。
ちょっと心配だが、今月は旅行の予定がある。
主治医も忘れているようだったので、わたしも黙っていた。
CT検査は旅行から帰ってから受けよう(^_-)-☆
今更じたばたしたってね^^;
今週は旅行のこと考えて副作用を乗り切ることにしよう)^o^(
[PR]

by coo-sora | 2010-03-02 17:34 | 乳がん