<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あと3日ですが・・・

クリスマスも終わり、あと3日でお正月です。
ちょっと気ぜわしく心ばかりが焦りますが・・・そうだ!!
身体が一番!!
多少ホコリが積もっていても、換気扇が汚れていても・・・今年は目を瞑ろうっと(・・;)決心。
それでも、30日には二男も帰省するし、1日には長男一家も来ますから、彼らの好物だけは頑張っちゃおうかな(^_-)-☆
今夜はメニューを考えてます。
明日は仕事納めで、30日は買い物かな。
鍼も行っておきたいし・・・
ちょっとバタバタするけど、いつもの年に比べたらかなりのスローペースです。

何もしなくてもお正月は来るのに、じっとしていられないのは貧乏性なのかな?!
で、毎年ついつい頑張っちゃうんだけれど、年明けで5年目に突入するところまで来て、やっと無理して頑張り過ぎないって思えるようになりました。

今まで通り出来ないことが情け無くって自分を許せないこともあったけれど、諦めることも少し覚えました。人に頼ることも少し覚えました。
来年もまたいろいろあるんだろうなぁ~
でも、気負うことなくひとつひとつ乗り越えいきたいです。

そうそう、クリスマスは終わりましたが、友人から頂いたお料理を紹介します。

f0116278_2221663.jpg

韓国料理の「参鶏湯」です。
病気で休んでばかりのわたしを心配して友人(仕事の相方)が作ってくれました。
中には朝鮮人参やもち米、雑穀などが入っています。
友人は二束のわらじで、夜は韓国料理のお店をやっています。
栄養満点です。(^_-)-☆
疲労回復にはバツグンの効き目です。
韓国では夏バテ防止に夏に食べます。

f0116278_22212281.jpg

ドイツの伝統的なクリスマスケーキ「シュトレーン」です。
お料理の超得意な友人の手作りです。
わたしはドライフルーツがいっぱい入ったこのケーキが大好きで、覚えていた友人が作って届けてくれました。ブランディーの香りがとってもきいています。
めちゃめちゃ美味しかったです~~~\(^o^)/
友人に感謝感謝です。

で、おまけ・・・

f0116278_2234382.jpg

やぱり一番心が和む孫の笑顔です。
来年もこの子の笑顔にパワーを貰いながら頑張りたいです。
来年の今頃は「ばぁば」って呼んでくれてるのかなぁ~ヽ(^o^)丿
[PR]

by coo-sora | 2008-12-28 22:38 | 想ひ

憧れの君は・・・

お待ちかねぇ~~~~^m^

鳥越俊太郎氏のトークショーのお話をしましょう。

テーマ「がんと臨床試験について」
~がんが怖い病気でなくなる日のために~

鳥越氏以外は、稲本 俊(北野病院乳腺外科部長)と、戸井雅和(京大医学部 外科講座教授)
と、進行は辻和香子(京大医学部乳腺外科医員)でした。

先ずは、鳥越氏の病歴からでした。
2005年に直腸がんを患い手術を受け、2007年に肺へ転移し手術を受けて今日までのことを淡々と語られました。

あとは予め受け付けてあった質問を鳥越氏に答えてもらうということで・・・

先ず、がんだと分かった時は?
鳥越氏 : 内視鏡の画像を見ながら、あ~これががんか?!なんと醜いんだと思った。
       ジャーナリストなので、自分もいよいよ未体験ゾーンへ突入するんだと思った。

手術の前に恐怖はなかったか?
鳥越氏 : むしろワクワクしましたね。初めての体験をするわけですからね。

家族のどういう言葉や態度が支えになりましたか?
鳥越氏 : う~~~ん?別に無いですけど・・・
       ただ、手術が終わって覚醒したときに、両手を長女と二女が握ってくれていて、足元       に女房がいて、その時は嬉しかったですけど・・・それくらいですね。
       言葉って?!別にねぇ~
       結局は自分が納得できるかどうかですから。自分次第でしょう!?
       僕はがんになってラッキーだ思うんです。
       1日1日を大切に充実した日を送れるよう考えるようになりましたから。健康でボーっ       と過ごしている人よりラッキーですね。
       今やがんになる人は水虫いなる人と変わらないですからね・
       (この言葉は冒頭でも言われました。)

そんな内容だったと思います。
あとはほんの少し臨床試験について語られましたが、えっ?って言うような内容でがっかりでした。
質問も似たようなことばかり、鳥越氏は怖くないと、とても前向きにとらえて発言を最初にされたので、進行の方はもう少し考えて進めてほしかったと思いました。
あまりにも上面だけで、がっかりしてしまいました。
最後も鳥越氏はこんな話の内容でいいの?って、顔をされてました。
わたしとしては両医師ともう少しジャーナリストとして掘り下げたトークが聞けるかと期待していたのですが、これだったら鳥越氏一人の講演の方が良かったろうに・・・と。

でも、鳥越俊太郎氏を間近で見られただけで幸せ気分になれたわたしですが・・・ヽ(^o^)丿
しかし、凄すぎです。
最初からそんなに冷静に受け止め、前向きになれるって・・・超人に思えました。
わたしのような凡人にはちょっと遠い存在です・・・(・・;)
第一、未体験を経験できるなんて喜べません。
いつになったらラッキーって思えるのでしょうか?
何度も何度もラッキーって思おうと努力はしてますが、挫折ばかりです。

少し鳥越さんを遠く感じて寂しささえ感じてしまったわたしです。

あ~情けないなぁ~!!
少しでも見習って頑張らなきゃね。(*^^)v

そうそう、今、鳥越さんが一番はまってる事は・・・
ご結婚された二女(シャンソン歌手)とその旦那様(ギターリスト)と3人でライブ活動をされていることとか。
最初の45分は鳥越さんのトーク。二部はお嬢さんと歌われるそうです。
聞いてみたいですね。

もちろん、滋賀県に呼ぼうよって、あけぼの滋賀の代表にお願いしましたよ。
実現するといいなぁ~~~
楽しみがまた増えます。

やっぱ、頑張らなきゃね!!
そして、来年はおじいちゃんになるのだと満面も笑顔で話していらっしゃいました。ヽ(^o^)丿
[PR]

by coo-sora | 2008-12-24 23:50 | 心にいいこと

治療変更へ

昨日はいつものゾメタの日です。

いつものように診察(触診)があって、医大からの返事を主治医が読んで・・・ちょっと納得できないような顔です。
「この数値、これは細菌感染しないと出ない数値なんだよ。肝臓がん末期でもこんな数値は出ないんだから。。。でも、まぁ、腎臓に異常はないようだし、熱は出てないみたいだし様子みることにしようか?!」

そんなことを主治医は言ってましたが・・・わたしは主治医を診察室で待つ間に渡された前回(3週間前)の血液検査の結果の腫瘍マーカーに釘付け状態(・・;)
三桁になってるしぃ~(-_-;)

主治医もパソコンの画面へ向きなおし・・・
「先日ね、スベン○ンのMさんが来て話してたんだけど、今までで一番似合ってたのはcooさんだねって。ホントに似合ってたよね・・・。」妙に明るい主治医の態度^^;
スベン○ンというのは術後のタキソールで脱毛したときにお世話になった医療カツラのお店。
Mさんは店長さんで、とっても優しく素敵な方で、彼女の笑顔のお蔭で嫌な想いは全くせずウィッグを選ぶことが出来、以来イベントで度々お会いするようになりました。

「・・・倍かぁ~、もう少し上ってからでもいいけど・・・様子見てもいいけど・・・まだ肝臓も肺も大丈夫だし・・・だけど活発になってきてることには間違いないかな?!思い切って使おう!!今の間にタタイテおこう!!早ければきっと3ヶ月くらいでマーカーは下ると思うし。少し少なめの60mlから始めよう!!年明けすぐに!やりましょう!」

看護師さんが何を使うのか聞きなおす。
「タキソールや、タキソール60mlね。」

わたしは、ニコッと笑って頷いた。
だって、主治医の気合が伝わってくる。
先生は自分でも決意するみたいな言い方だもん。
^^;受けるのはわたしなんですが・・・

覚悟はしていた、この夏から確実に上ってきてたし、三桁になったらこりゃ知らん顔は出来んてね。
でも、タキソールなぁ・・・・・・(-_-;)
確か前回、半年間、ツゥウイークタキソールで、脱毛はもちろん後半3ヶ月は微熱が続き外出もままならず・・・しんどかったなぁ~
だけど、ここで食い止められるならやる価値は充分ある。
やるしかない!!
ウィッグだってちゃんと綺麗にして残してあるし、帽子もいっぱいあるもん(^_-)-☆
大丈夫だよ。今度は予備知識も満載だもん。\(^o^)/

年が明けたら5年目に突入する。
1年半で転移したから、既に転移してからの方が長い。
大丈夫!
こんなことで凹んでられません。
もっと厳しい状況で闘ってる仲間だっている。
頑張っていたらきっともっといい薬が出来るはず。
そう信じて年明けからまたひと頑張りです。

そんなことで腎臓のことは飛んでしまいました。(^^ゞ

そうそう、憧れの君!!
誰か知りたい???
それは・・・
ポッ(。-_-。 )人( 。-_-。)ポッ

鳥越俊太郎氏です!!

なんと、京大であるOOTRの「がん撲滅クリスマスチャリティ」のトークショーに鳥越さんが来られたのですぅ~~イエーイv( ^-^(・_・。ゝ
土曜日はあけぼの滋賀の忘年会も兼ねた会食もあったのですが、体力的にそちらはキャンセルして、とにかく鳥越さんに逢いたさ見たさで気合も充分!!

実はわたし、若い人より年上の方の方がタイプなのです。
と言っても、若いときはいいとして、今のわたしが年上とか言うと・・・(・・;)
お爺ちゃんかっ?!

違います!!
鳥越さんは間違いなく素敵な紳士です。
ホントに素敵ですよね!!
年齢を感じさせない、色気があり、ちょっと不器用そうではにかんだ笑顔が最高です。

あっ!?
トークショーね。
ちゃんと聞きましたよ。
内容は時間のあるときにゆっくり書きます。
いろいろ考えさせられることもありましたから・・・^m^
[PR]

by coo-sora | 2008-12-23 19:12 | 乳がん

うやむやに・・・

金曜日、医大の泌尿器科へ行ってきました。

またぶり返したと報告。
首をひねるDr・・・CTしましょうか?!

で、CTを受けに行く。
15分後、診察室へ戻る。

Dr 「腎臓が腫れているように見えるのはのう胞でした。一般的に出来やすい場所じゃない所に出来ていたので腫れているように見えるだけです。痛みは骨のガンのせいですね。でも熱は何だろう・・・?????」

Dr 「血液検査しましょう。採血してきてください。」

採決を済まし、20分後診察室へ

Dr 「もう熱の出るような要因はないですね。検尿の結果も大した濁りじゃないしなぁ~もう一度主治医に診て貰ってください。もう腎臓関係ではないですから・・・」

で、終わってしまった。ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

何なんだ・・・これって?
どうよ!?
まだ熱が出てるんですけれど・・・(~_~;)

でも、木曜に久々に鍼に行って痛みは止まってしまったし\(^o^)/
熱は日曜から出て無いし、身体も軽いし・・・ま、いいっか!!

てなことでした。
それで、本日はいつものゾメタの点滴の日です。
主治医と相談です。
主治医は何と答えてくれるのでしょうか・・・?

後日報告します。
それから土曜日、憧れの君に逢ってきました。
その報告もあとからね~~~~(^_-)-☆
[PR]

by coo-sora | 2008-12-22 16:06 | 乳がん

あちゃぁ~~~^^;

もう直ってるつもりでいたけれど・・・腎臓

熱はすっきり下がりもうでない。
痛みもとても和らいだ。
で、先週の木曜には泌尿器科の再診を受けたけれど、あと1週間抗生物質を飲めば完治だろうと。

なのに・・・また痛い腰、背中
昨夜は夜中に鎮痛剤が切れて眠れなくなった(-_-;)
これって、腎臓が治ってるのなら骨だよね・・・やっぱり~

で、今日はしばらくぶりに「メガビタミン」を受けに大阪のクリニック(内科)へ行った。
上手く行けば腰の痛みは取れるかも・・・
取り敢えずはDrに今までの経緯を話して、また腰が痛いけれどと訴える。
医大の医師は熱が出なければ大丈夫でしょうと言われたと。

じゃ、エコーで診てあげるよと。
「・・・まだ腫れてるよ、腎臓。治ってないよ。」
ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
「他の理由もあるかも。検査してもらいなさい。造影剤入れて通り道が何処かでふさがり掛けてることもあるからね。治りかけなのかもしれないけど・・・痛みの出所がはっきりするしね。」って。

確かにそうですね。
腎臓関連じゃないとはっきり分かれば鎮痛剤だけでいけるわけだし。
いつまでも抗生物質だらだら飲むのもよくないよなぁ~フゥー(~_~;)
だけど、今から医大で検査予約入れたらいつになることか・・・(^_^;)
年内に受けられるだろうか・・・?

こんなこと書いてたら、またみんなに叱られそうだわ^^;
「さっさと行け~ぇ!」ってね。
とにかく再診の予約を取らなくっちゃです。

あっ!それで、メガビタミンの効き目は恐るべしです。
腎臓裏のじわぁ~とした痛み以外は消えました。\(^o^)/
久しぶりの快感です。
持続してくれると嬉しいのですが。

このメガビタミンですが、みなさんもよくご存知の最近骨折したアスリートが連続受けることで脅威の回復をしたそうです。

久々の登場。元気の素!
f0116278_17181794.jpg

満5ヶ月になりました。
この腰じゃ抱っこもしてあげられないし・・・
やっぱ早くもう一度医大に行くしかないかな。
[PR]

by coo-sora | 2008-12-16 17:20 | 身体にいいこと

ドラッグラグ

日本では製薬会社の申請の遅れや審査官の数が少ないなどの構造上の問題で、海外で開発・発売された新薬が、承認されるまで平均で約4年かかると言われている。
このような海外と日本との薬の承認までにかかる時間の差を「ドラッグ・ラグ」と呼ぶ
長年に及ぶ患者や家族たちの訴えなどにより、舛添厚生労働大臣は2007年10月13日、日本で薬の承認にかかる時間を5年の計画で欧米並みの1年半に短縮するため、薬の審査制度の見直しをすると明言した。

卵巣がんについては、アメリカで少なくとも10種類以上の抗がん剤が承認されているが、現在、日本では2種類の標準薬しか使えず、しかも、日本で使用されている抗がん剤に対しておよそ10%の人がアレルギーを起こし、最初から治療することができないケースも多い。
常に再発の恐怖と背中合わせの「卵巣がん」患者たちにとって、時間がないのが現状。
*卵巣がんは、増加傾向にあるがんの一つ。初期にはほとんど自覚症状がないため、進行してから見つかることが多く、年間約6000人が発症、約4000人が死亡している。抗がん剤が治療の柱だが、卵巣がんの治療薬として保険が適用される抗がん剤は限られているのが現状だ。

こうしたドラッグラグを解消したいと、 「卵巣がん体験者の会スマイリー」を中心に署名活動が繰り広げられている。

私の大事な友人Sちゃんは・・・
同じ病院で合宿のように入院生活を過ごした卵巣がん患者の友だちを、今月相次いで二人、失ったそうです(TдT)

他の部位のがん治療には日本でも使われている薬が、卵巣がんにはまだ使えない。
保険適用外の薬剤で治療が出来る(経済力のある)人は一握りではないでしょうか・・・。
目の前にある効くかも知れない薬を使えずに、逝ってしまうなんて悲しすぎます!!

署名は12月31日が締め切りだそうで、お知らせするのが遅くなりましたが、
どうか!できる範囲での署名を募ってはいただけないでしょうか?

また、ブログをお持ちの方は、出来ましたら同じ主旨の記事を掲載していただけたら助かります。

「卵巣がん体験者の会スマイリー」代表のカタギさんに確認したところ、
遠方の友人の分や、プリンターの無い方、一人分の署名では送る勇気の無い方などの分を代筆する事は可能だそうです!!
「要はその人が賛同の意志があればオッケーです」との事ですので、さらに多くの署名が集めやすいと思います。


詳しくは以下をクリックしてご覧下さい。    

「抗がん剤ドキシル他の早期承認を求める署名活動」こちらのページ内の署名用紙をダウンロードし、プリントアウトして使ってください。
以上の記事はわたしの大切な心友のhimiちゃんのブログからのコピペです。
わたしの母は20年前に卵巣がんで亡くなりました。
当時は今のようにガンによって抗がん剤が使い分けられるほど抗がん剤の種類もなく、余命3ヶ月と告げられたときは、選択する猶予もありませんでした。
今でも覚えています。
「赤い抗がん剤」
頭の周囲を氷で冷やしながらの点滴でした。

そんな訳で、遅ればせながら少しでもお役に立てばと記事にさていただきました。
どうぞ、ご協力宜しくお願い申し上げます。
[PR]

by coo-sora | 2008-12-11 12:45

大きな勘違い(・・;)

みなさまご無沙汰です~~ぅ(^^ゞ
久々の更新です。\(^o^)/

忙しかったのか?って・・・そうだと良かったのですが・・・^^;
実は寝込んでいたのです。

あれは11月14日の夕方のことです。
その日はいつものように仕事に・・・
パソコンに向っていてもどうも背中が痛い・・・
でもいつものことかと思い、夕方甥っ子を塾へ送り届けるが、その日に限って大渋滞^^;
いつもなら1時間で帰宅出来るのに、倍かかり、運転席に座っているのがだんだん苦痛になってきた・・・(・・;)
買い物も止めてきたくし、鎮痛剤を飲んで横になる。
そして、翌日の朝、身体はだるいし腰から背中全体が重く痛い。
ちょっといつもの背骨の痛みとは違うか?????
一日ゴロゴロと過ごすが痛みは増すばかり・・・でも土曜日だし・・・
取り敢えずロキソニンで凌ぐことにする。
日曜日。痛みは酷くなる一方・・・
夜は身の置き所も無く、どちらを向いても痛い。
ロキソニンを増やしてもあまり効き目なし・・・(~_~;)
痛みとの格闘。
朝までの長いこと・・・
それでも朝になると激痛がうそのように楽になった。
よしよし、これなら大丈夫かなと思いつつも仕事を休んでゆっくりすることに。
だって、いつもと違う痛み。
何かが起こりはじめている変な感じ。

最近の腫瘍マーカーの上がり具合。
ちょっと不気味だ。
ここ数ヶ月で一気に広がったのだろうか・・・不安が広がる。

で、月曜日の夜。
やたら暑い。
ストーブを消す。
旦那がえっ?寒くないの?と怪訝な顔。
・・・ひょっとして?
体温計を探す・・・体温計を使うのは初発の時にタキソールで微熱が続いた時以来かも。
ありゃ~~~~(~_~;) 39,3度
取り敢えずロキソニンかな。
でも、熱って?!
背中が痛くて高熱って??????
インフルエンザはちゃんとワクチンやりました。
風邪の症状は全くなし。
ノドも痛くない・・・何だ?????

で、思ったのはやっぱりガンのこと。
転移によって何処かで炎症が起きてるのか?
肺か?
どちらにしても12月1日にCTの予約が入れてあることだし、それまで我慢しようかな・・・
それにしても朝は熱も痛みも殆どないのに、午後から痛みだし熱が出てくるって何でだ?
疑問もいっぱいあったけど
何とかロキソニンと忍耐で凌げてるから我慢しよう。
どうせ検査しないと原因も分からないだろうしと考え、2週間も我慢してしまった。

そして、CTの結果。

くまなく画像を見てくれていた主治医・・・腎臓が腫れてるなぁ・・・
「えっ?!」って、わたし。
想像もしていなかった言葉。

「ほら、ここね。尿管も腎盂もかなり腫れてるでしょ?!」
よく見ると、左右の大きさが違うのが素人目でも分かった(・・;)

原因は、分からないけど、取り敢えず5日分の抗生物質を飲んで改善されなければ泌尿器科の専門医を紹介します、ということになりました。

そうそう、肝心のガンの進行は画像ではまだ見られず、腫瘍マーカーは上昇してるけれど、もうしばらく様子を見ることになりました。
これって喜んでいいのか?微妙な感じやなぁ~。

てっきり転移が広がっていると思い込んで我慢していたこの2週間の痛みは?
力が抜けてしまった(-_-;)
マーカーの上昇はとっても不安材料ではあるけど、黒とはっきりするまではクヨクヨ想うのは止めよう!!

そんなこんなで翌日。
乳がんになるまで診て頂いていた近所のDrに相談する。
腎臓がと言っても、原因があるわけだし、早く原因を見つけてもらった方がいいと言われる。
そうだよなぁ・・・すでに2週間経過してるわけだし。
原因は結石や子宮がん手術の癒着の悪化もあるらしい。
あとは細菌性の炎症・・・に、腎臓ガン・・・。

そりゃそうだ、原因を取り除かないとまた悪くなる可能性もある。
早速、主治医に連絡して、医大の泌尿器科を紹介してもらう。

医大の泌尿器科では
持参したCTと尿検査で細菌性の腎盂腎炎と判明。
熱が出る腎臓の病気はたいていが細菌性のものだそうだ。
で、もう一度、完全無菌の尿カップを渡され再検査をすることになりました。
あとは、主治医から出た抗生物質では量が少ないとかで薬の量が増え、1週間後に再診です。
「しかし、40度を越える熱が出たら入院ですからすぐ来てくださいね。」と、Dr。
40度越えたらって・・・どうやって来るんよ?(-_-;)

でも、お蔭様で金曜から熱も出なくなり、痛みも腎臓の真裏に当たる背中の鈍痛が残るのみとなりました。
そしてこうなると背骨の痛みもピンポイントで分かるようになり、そうそう、これこれ、この痛みだわって、妙に納得^^;

今回のことで深く反省しました。
病気はガンだけではないのです。
あそこが痛い、ここが不快だとかしんどいとか身体の異常は全てガンのせいにしてしまう傾向にあるわたし。
こんなことなら2週間も我慢することも無かったっていうか、我慢してる間に悪化もあったわけだし。(-_-;)

後から聞いた話ですが、透析をしている知人は腎臓に結核菌が入って腎臓の機能がダメになったとか。
そっか、そんなこともあるのだ。

がん患者だって他の病気になるという当たり前のことを忘れていたわたしでした。
病気らしい病気は子宮がんと乳がんって、風邪で熱も出さないわたしらしい失敗と言えば納得なのですが、今回のことはホントにいい教訓になりました。(^^ゞ

でも、でも、でもね。
悪い事ばかりではなかったですよ。
熱で法事に参加できないと知ったお嫁ちゃんが手作りの料理をたくさん運んでくれたんです。ヽ(^o^)丿
孫の顔見たら少しでも元気になれるかも・・・って、来ましたぁ~!!
片手に赤ん坊を抱き、片手には大荷物。
びっくりしたわたし。
息子は仕事だし、聞けば実家のお父さんに送ってもらったとか。
何てありがたいことでしょう。
その後も二回、息子の休みに来てくれました。ヽ(^o^)丿
こういう日が来ることなんて想像もしてなかったし。
改めて、いいお嫁さんに来て貰って良かったってねって、旦那と喜びあいました。

買い物に行ってきてあげようかって連絡をくれた友人たち。
心配してメールをくれた仲間。
ホントにありがとうね!!
心配してくれる人が居るって幸せやね。(*^^)v
感謝感謝です。
[PR]

by coo-sora | 2008-12-07 17:31 | 想ひ