<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

バカもやぁ~~~^^;

といとう風邪を引きました。(-_-;)

だいたい出べそのあたしが土、日と久々にお家でチクチクやっていたのが間違いの素。
月曜から調子が悪く・・・
ちょっと寒気もするし・・・鼻がグシュグシュ・・・あれっ???
あたしって、癌にはなっても風邪は引かない「鉄の女」の筈が・・・
こういうの「鬼の霍乱」って言うのかしら?感心してる場合じゃないわいな。
どうして1歩も家から出ず風邪引くニャン???
とうとう昨日は薬を飲んで昼寝・夕寝・晩寝て・・・
今朝はどうにか仕事に出てきました。

でも、とにかく昨日は食べたわよ~ビタミンビタミン!
風邪にはビタミンでしょう?!
先ずは、長男のお嫁ちゃんの父上様から戴いたビッグサイズの「イチゴ」
f0116278_1341214.jpg

めっちゃ甘くて美味しかったです。(*^。^*)
実は月曜日お嫁ちゃんの妊娠5ヶ月のお祝いをしました。
久しぶりに家族で(次男抜きだけど妹もよんで)食事に出かけました。
先日友人とランチに行った知人がオープンしたフレンチレストランです。
ここは写真を撮るような雰囲気じゃなかったので写真はなしです。^^;

そして、大好物の「土佐文旦」
f0116278_1345660.jpg

毎年、この時期になると路地物が出ます。
年末に御遣物にするのはハウスものなので1個が1,000円くらいしますが、
路地物になると3分の1くらいになりわたしの口にも入ります。(^_-)-☆
もう20年近くなるのでしょうか、高知の果物屋さんが毎年連絡をくれるので、お取り寄せしてます。
近所のスーパーでは売ってません。(・・;)
わたしは柑橘類の中でもこの文旦が1番好きです。
携帯と比べると大きさが分かるかな?
f0116278_1351053.jpg

皮がむきやすく見離れがいいので食べやすいです。
みんなで分け分けして・・・残りは全部あたしの!!

これだけ食欲があれば風邪も大丈夫だよね!(^_-)-☆
[PR]

by coo-sora | 2008-02-27 13:20 | お薦め

思い出します・・・母のこと

最近、お友達のYちゃんのお母様がお亡くなりになりました。
突然のことだったそうです。
それでっていうのも変ですが、ここのところ母を思い出してばかりいます。

わたしの母は54歳で卵巣がんで亡くなりました。
初発から調度4年でした。今から20年前のことです。
母が体調の変化を感じて何度も近くの産婦人科へ通いましたが、
卵巣が腫れていることしか分からず、取り敢えず摘出するということになり、
市内の総合病院を紹介されました。
そこでも再検査はあったのですが、
簡単な手術だからと局部麻酔でスタートした手術も開いてビックリ!!
急遽、全身麻酔に切り替え、外科の医師が加わり大手術となりました。
既に、腸は詰まっており、バイパスを通し、腹膜にも転移していました。
そして、肝臓へ転移した癌は取ることが出来ませんでした。
結果、余命3ヶ月を宣告されたのです。

でも、母は驚異的な回復を見せ、その当時いいと言われたことは全て試したと思います。
今となっては何が効いたのかは分かりませんが、とにかく4年間生き延びることができました。
しかも、その内の2年間はごく普通に仕事もしていました。


母はホントに働き者でした。
わたしは母が働いている姿しか知りません。
いったいこの人はいつ寝ているのだろうと思っていました。
そして、とても器用な人でした。
洋裁、和裁、編み物、料理に畑仕事と何でもこなしました。
わたしは結婚するまで既製品というのを着たことがありませんでした。
いつもデパートで流行りの服を見て周り、布を買うと自宅のミシンで作ってくれました。
子供のころはずっとお友達みたいに買ってほしかったけど、
成長してからはそんな母の作る服が自慢でした。

嫁いだときも、着物は全て母が縫ってくれたものです。
元々、母は和裁の内職をしていましたから朝飯前なのでしょうが、
近年新調した着物より母が仕立てた着物の方がうんと着易いのです。
それだけに注文も多かったようです。
それは、わたしが着付けの仕事をするようになって分かったことです。

そして、料理はプロ級です。
ホントにどれも美味しかったなぁ~
母に教えてもらった通り作るのに・・・なかなか母の味は出ません。
特にお寿司です。毎回味が違うんだもん・・・(-_-;)
今でもおばちゃんの作った○○は美味しかったなぁって友達に言われると嬉しくなります。

野菜作りも名人でした。
ご近所の人がコツをよく聞きに来ていました。
これは母も自慢だったようです。
買う野菜より私の方が大きくて美味しいと言ってましたから。!(^^)!
いつも沢山採れるので、職場に持って行って喜ばれました。

ただ直向きに父を愛し、娘の成長を楽しみに生きていた母。
姉妹や他人の面倒見も良く、自分のことはいつも1番最後。
ようやく娘ふたりが嫁ぎ、やれやれこれから自分の人生をと思った矢先の発病。
どれほど悔しかったかと・・・
普段、娘たちには愚痴を言わなかった母も、
最期にはそういう意味のことを言ったことがあります。

あと3年で亡くなった母の歳になるというのに、わたしは何をしてきたのかしら?!(-_-;)
何もかも母を超えるどころか近づくことも出来ない情けない娘です。

今、生きていたら・・・叱られるだろうなぁ~
「ほらほら、違うよ。まだ出来ひんの?ここはこうするんやで。」って、
20年経っても母の声が聞こえてきそうです。


「Yちゃんのお母様のご冥福を心よりお祈りいたします。」
[PR]

by coo-sora | 2008-02-20 18:30 | 想ひ

ちょっぴりお勉強タイム

「やっぱ、冬は♪(*^-^)o旦┏━┓(^-^*)こたつとミカンだねぇ♪ 」

なんて言ってるあなたへ。
ちょっとお勉強しましょう!!

もう知ってるあなたは知らない人に教えてあげてね。
無知は寿命を縮めるってわたしは思ってます。
・・・みなさん既に知ってたかな・・・(^^ゞ

まずは、「あけぼの会」のHPです。「会の活動」→「講演会の報告」を開けて見てください
神奈川支部 講演会(2007.7.8) 渡辺亨先生講演録                         『乳がん化学療法・きちんと知っておいてもらいたい事』
初心者に大変分り易い解説ですよ。
「うん、うん」って頷けながら読めます。

二つ目は「がんのWeb相談室」です。
実際にセカンドオピニオンって、ちょっと勇気が出ないという人。
または、今の病院の治療に疑問があってセカンドオピニオンを受けようと思ってる人。
かなり手応えのある回答が頂けますよ。
過去の相談結果を読むだけでも参考になります。
一人で悩んでませんか?

三つ目は「チームオンコロジー.com」です。
これは、誰かに教えてもらったのだけれど・・・あれ?
思い出せません・・・ごめんなさい。^^;
でも、凄いなぁ・・・・へぇ~って読むだけですが・・・

四つ目は「がんサポート」です。
今月号は乳がんの特集です。
最新の治療も載ってます。

どうでしょうか?
冬眠中のあなた、ホラホラ炬燵で鼾かいてないで、少しお勉強しませんか?
[PR]

by coo-sora | 2008-02-18 18:10 | お薦め

なんとなく・・・

何となく気分が晴れないのはこのドンヨリした冬の空のせいでしょうか?

特に今年は雪が多く寒い。

身体だけでなく心にもこたえる寒さ。

今日は久しぶりの友達5人とランチを楽しんだ。
知人が今月10日に開店した3店舗目のフレンチレストラン「PREGO」に行きました。
今月中はサービスで3,000円のランチが半額になる。
夜のディナーも半額になります。
お洒落でとても美味しかった。
だけど、写真を撮ったりはしゃいだりする気分にもなれない・・・
何となくダラダラとお喋りして、その後事務所に戻って仕事した。
いつもなら、もう1軒場所変えてってことになるのに・・・解散した。
気持ちが乗らないと身体も動かない。

・・・3日前にやった夫婦喧嘩のせいかな・・・?
うちの夫婦、もう殆ど喧嘩なんかしない。
正しくは喧嘩するほど会話もない。
食事時間も別々だし、休みの日も違うし、泊る日も多い。
ただの同居人。
所謂、家庭内別居っていうやつかな。
このブログに夫のことが全く出てこないのもそのせい。
そんな夫と久しぶりに言い合いになった。
この10年間、わたしのストレス要因の第1位だ。

それともやっぱり、痛い右腕のせい?
整体や鍼をした日は調子いいが翌日の朝には痛さで目覚める。
仕事をしていても集中力に欠ける。
うちは個人事業だから確定申告をしなくてはならない。
なのになかなか進まない。

とにかく毎日寒い。
暖冬と言ったのは誰だ?
毎年以上に寒さが心に沁みる・・・

そう、いつもいつも元気印ではいられません。
わたしも普通の人です。
こういう時もある。
明日は冬眠しよう~っと。


「は~やくこい♪はぁ~るよこい♪」
[PR]

by coo-sora | 2008-02-16 01:00 | 想ひ

左から右へ・・・?

五十肩だぁ~~~~!!って、喚いたのは確か昨年の4月のことでした。
あれから10ヶ月が経過。
左腕は週1回の針と週2回のマッサージで7割回復。
しかし、ここまでかなぁ・・・術後の後遺症もあるしなぁ・・・と思っていたところ
行き成り右腕に激痛がはしる・・・(-_-;)
ん?
腕の骨には転移しないよなぁ~?!^^;
しないね!しない?しないかな・・・・・・・・。だとすると、
・・・えぇ~~~~~~五十肩が移ったぁ!?|||||/(=ω=。)\ガーン|||||
整体の先生に相談すると、触って悪いのはやっぱり左とのこと。
左をかばって右を酷使しすぎたかなぁ~Σ( ̄ε ̄;|||・・・
それが1月の終わりのこと。
先週は車が故障したので修理に出していて車なし。
となると、鍼にも整体にも行けない。
どんどん痛みは増すし・・・(ノ◇≦。)
生活に支障が出てくる。
頭はシャワーで濡らしてるだけみたいな状態^_^;
背中をゴシゴシなんて無理無理!
包丁も痛くてもてないし、マウスさえも痺れてきて仕事にならない。
"(/へ\*)"))ウゥ、ヒック
情けなくて泣けてくわ・・・

で、金曜日は妹に「マイヤーズカクテル」を打ちに連れて行ってもらった。
これは妹も疲労回復のために受けているから頼みやすいし、
先週の胃カメラ検査の生検の結果も聞かねばならないし。
行きは車の中でバックシートに手も伸ばせなかったが帰りは平気になった。
大量のビタミンやミネラルを補給することで一気に血流が良くなるからだ。
ちょっと一息。∩(´∀`)∩ワァイ♪やったね(^_-)-☆
それで翌日は雪だというのに梅田まで出かけてしまった。

そして、月曜日・・・(w_-; ウゥ・・
掃除機を落としてしまった。
また激痛。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
・・・・・・・・・・。アホや。
おとなしくしておくべきだったっかも・・・あとの祭り。
夜も痛くて寝返りも出来ない。
睡眠不足やぁ。^^;

翌朝、戻ってきた車でやっと鍼へ言った。
先生に事情説明。
ニコッと笑って、頭に鍼1本。

帰りには痺れていた首や肩腕の痛みは和らいだ。
けど、腰にまで広がっていた痛みは消えない。
今度は整体かな。明日だ。期待は大だ。
そして、また来週、クリニック→整体→鍼→整体・・・

これこそ「どんだけぇ~~~~~♪」やわ。(^^ゞ

今のところ痛くても動かせるから左の時とは違うかなぁと内心思っている。

しかし、ほんまにガタガタやわ・・・Σ(☆ェ◎^;)ガビーン!!

今朝も雪国状態。ほんまに寒さが身に堪える今日この頃です。
[PR]

by coo-sora | 2008-02-13 16:47 | 身体にいいこと

雪の中・・・「母べぃ」に・・・

昨日の朝・・・
琵琶湖側の景色
f0116278_18315023.jpg

琵琶湖は降る雪で見えません。
裏の小学校の運動場・・・子供たちは元気です(^^♪
f0116278_18344786.jpg

うちのベランダ
f0116278_1835318.jpg

そして、自宅マンション前の国道1号線の京都向きは車が殆ど動いてません。
f0116278_19164211.jpg

今年1番の雪です。
こんな日は家でゆっくり・・・冬眠に限る・・・

あっ!今日は梅田で友人とディナーの約束をしてました。
どうしょうかなぁ~~~(・_・;)
駅まで歩くのも大変そうやなぁ~~

それでも約束は4時なので様子をみることに・・・

雪は2時を過ぎても降り続いてます。
電車が遅れているかもしれないので早めに家を出ました。
駅までの歩道にはしかり雪が積もり、そろりそろりと歩きました。
いつもの倍はかかってしまいました。
車道はシャーベットのようです。
でも、電車は通常運転で、逆に京都方面から来る電車のほうが遅れてました。
どうしてなんかなぁ・・・?
京都の方が雪は少ないのになぁ・・・
f0116278_18503359.jpg

あらあら~小鳥さんもホームで雪宿りですか?

雪は大阪が近づくにつれて少なくなります。
ニュースでもかなり降ってるみたいに言ってたけどそんなことないやん。
やっぱり大津は寒いんやなぁ~(-_-;)

友人と合流して食事にはまだ早いので、友人がどうしても観たいという「母べぃ」を観ました。
母べぃを演じていた吉永小百合さんはホントに美しい。
既に60歳だというのに、小学生の子供の母を演じていたのだけれどちゃんと30代くらいに見える。
とても素敵でした。
映画は戦前の昭和15年からを描いたものですからわたしには今一ピンときません。
想像するしかないのですが、時代背景を細かく描かれている山田洋二監督の手法は観るものが涙せずにはいられません。
わたしはあまり映画を見て泣かないのですが隣の友人はボロボロになっていました。(^^ゞ
ただ、日本の母はホントに我慢強く夫に仕え、子供の良き母で、わたしには到底真似出来ない姿がそこにはありました。
優しくて温かくて賢く逞しい・・・理想の母の姿です。
わたしたちは、食事の時にはお互いの母を思い出し熱く語りました。
友人もわたしも母が50代前半で亡くなってますから、母への想いが強いのかもしれません。
もう20年も経つのに母の話をすると今でも涙が出てきます・・・。

そうそう、ディナーはザ・リッツカールトンのイタリアンレストラン「スプレンディード」でシェフおすすめディナーコースをいただきました。
とても美味しく量も多くお腹いっぱいになりました。
シチリア産の土着ワインも美味しかったです。(^_-)-☆

すっかり遅くなってしまって、大阪は既に雪は消えていましたが、自宅付近の歩道はカチカチになっていました。
凍った歩道を歩くわたしの姿は想像しないでくださいね。
我ながらへっぴり腰の自分に笑いそうになりました。(~_~;)
ホントに恐かったわ~(^^ゞ
[PR]

by coo-sora | 2008-02-10 19:15 | 映画を見て

琵琶湖からの贈り物?

大好物の琵琶湖の物産が届きました。

ひとつは「鴨」です。
4羽分わけていただいたので、2羽は妹や友人を呼んで鴨鍋パーティーをしました。
あとは翌日大阪へ行ったついでに息子のところとお嫁ちゃんの実家に届けました。
家族みんな、鴨には目がありません。(^0_0^)

f0116278_12192876.jpg

料亭のように薄く綺麗な切り身じゃないですが、軟骨入りのミンチもちゃんとありますemoticon-0102-bigsmile.gif
昆布だしにミンチと山椒を混ぜてお団子にして、お出しを取ります。
もう~~~絶品です!!
お野菜はセリがぴったりなのですが、この日はあいにくセリが売ってなくて・・・
ガッカリでした。(-_-;)
最後はなんと言っても雑炊です。
もうお腹いっぱいや~と言いながら雑炊は別腹でしょうか?!(-_-;)

それから友人からの差し入れの「フナ寿司」
あれっ?誰よ、写真撮る前に食べたやろ~~~~っ!!(・_・;)
f0116278_12271954.jpg

昔は臭くて嫌でしたが大人になるにつれて美味さが分かるようになりました。
子供のころは母が自宅で漬けていましたが食べられませんでした。
我家では「フナ寿司」が食べられるようになったら大人に仲間入り。
因みに妹は大の苦手^m^
「ママはいつまでも子供なんやなぁ~ホントは何歳や?」と、甥っ子。
妹は甥っ子に10歳若く言ってるらしく、ずっとそれを信じていた甥っ子も最近怪しみらしたらしい・・・
実は妹は結婚11年目の35歳で出産したので、周囲のお母さんたちは若いのを気にしてるみたい。
だけど彼女は普通に10歳は若く見えるから彼は今まで疑わなかったみたいだ。(笑)

さてさて、琵琶湖の物産じゃないけどもうひとつの好物が・・・
これは南草津で韓式創作料理」を経営している友人からいただいた「キムチ」です。
友人の手作りです。お店でも1番人気のキムチです。
本場の味です。これまた絶品です。
f0116278_12382538.jpg


どれもホントに美味しかったです。ご馳走様です。

体重計に乗るのが恐い夜でした。emoticon-0110-tongueout.gif
[PR]

by coo-sora | 2008-02-10 12:51 | 心にいいこと

お薦めのテレビ番組

《読売オンラインの「医療ルネサンスTV」ご存知ですか?
毎月第一日曜の11時10分からCSデジタル放送「日テレG+(ジータス)」で
放送されているのですが、リアルタイムに観れない人はパソコンで観ることができます。
http://www.yomiuri.co.jp/stream/tvrenai/
#46は1月6日にOAされた「美しく治す乳がん」です。》


実は、わたしもこの番組の存在を知りませんでした。
みなさんはご存知でしたか?
知らなかったのはわたしだけ~~~~~ぇ(・_・;)かな・・・

そんなわけで、LwCで紹介してくれたnaguちゃんの受売りってことで紹介させていただきます。
興味深い内容のものが多く、いい勉強になりました。
まだ知らない方、是非お薦めですよ~~(*^^)v
[PR]

by coo-sora | 2008-02-07 14:41 | お薦め

戌の日

我が家のお嫁ちゃんはめでたく16週に入りました。

うん?そろそろ5ヶ月に入るんじゃないかい?と思ったわたし。
お嫁ちゃんにメールで確認すると・・・
「はーい!16週にはいりましたぁ~!」と返ってきた。
うん?やっぱ5ヶ月目に入ったってことだよなぁ~と思い、そう言うと
「え~~~っ!?勘違いしてました!!4ヶ月やと思ってましたぁ~^^;」と・・・(・_・;)とほほほ・・・
ま、天然のお嫁ちゃんなんで、そうだと思ってたから~(苦笑)

メールを終えると急いで戌の日を調べたら・・・なんと月曜日だわ!明日や!!
今月はあとは二回あるけどどれも仏滅じゃないの~(-_-;)
で、明日は先負やし・・・^^;

どうしょうかなぁ~~実家のお母さんにわざわざ連絡するのもなぁ・・・
明日は当の本人たちは会社やし・・・
お節介かなぁ~
ま、いいっか!お祝いは重なってもいいし、
今時そんなことに拘るのもおかしいかもしれないけど・・・
わたしって古いタイプの人間なんですぅ。^^;
取り敢えずわたしが行っとこう!と決断。

それで昨日は朝から2週ごとのクリニック検診に行き、
午後からは石山寺へ・・・

f0116278_1591679.jpg


わたしのときも、わたしは静岡に居ましたから母が石山寺に代わりにお参りにいって、
帯を戴いてきてくれました。
この辺の人は石山寺が多いと思います。
でも石山寺は階段を上がるので妊婦さんには結構危ないよなぁ~
しかもこの時期は石段が濡れていて滑るじゃないの・・・
ここで転んだら洒落にもならんぞぉ~とか思いながら本堂へ

f0116278_15141161.jpg

f0116278_15143627.jpg

真冬の石山寺は初めてかも。
梅園も有名ですがまだ咲いてません。
いつものときに来るから雰囲気が全然違いました。

とにかく、帯を戴いて、お札は御祈祷が済んだら送ってくださるとのこと。
予約しておけばその場で御祈祷していただけたようですが・・・手遅れ・・・^^;
若いカップルを数組見かけました。
微笑ましいですぅ~(^^♪

そんなことで、お祝いはまたいい日を選んでするとして、そのことをお嫁ちゃんにメール。
「え~~~っ!^^;お義母さんと一緒に行こうって楽しみにしてたのにぃ~!!
寒い中をありがとうございます。わたしって幸せ者ですぅ~~~」と、返事が返ってきた。
どうも憎めない娘なんです。(笑)
実家のお母さんもすっかり忘れているそうだった。

そして、夜。月曜は検診だったらしく・・・
「赤ちゃん、物凄い勢いで動いてましたっ!手も足も、目も鼻もあって胎盤もあって・・・すごく感動でした~!!」とメールが来た。

5センチから12センチに成長していたそうだ。

さあ、そろそろ針を持たないとヤバイぞぉ~~~(・_・;)

そうそう、お蔭様で特別公開されていた「胎内仏像」さまにお出会いすることが出来ました。

余談ですが
うちのお嫁ちゃんは息子より11歳年上のバツイチです。
元夫との間に子供が出来なかったので、内心、自分は子供は出来ないかもと心配していたそうです。
そして、バツイチだという引け目、高齢だという引け目も十分感じています。
そんな彼女にやっと春が来ました。
かなり天然だけれど、心優しい娘です。!(^^)!
息子との結婚を許してホントに良かったと思っています。

新しい命。尊いです。
命の重さも、儚さも十分理解しているつもりです。
どうか、無事生まれてきますように・・・。
今は、自分のことより新しい命の無事を願うばかりです。
[PR]

by coo-sora | 2008-02-05 15:35 | 心にいいこと

セミナーのお知らせです。

女性のがんについてのセミナーが開催されます。

開催日 :3月9日(日)

■ 催事名称 :「もっと知ってほしい 女性のがん」

■ 主催者 :芦屋市、日本対がん協会、
   リレー・フォー・ライフ関西実行委員会
■ 開催時間 :13:30~16:30

■ 電話番号 :078-360-0898

■ 場所:ラポルテホール 
      JR芦屋駅北側



●「気をつけたい女性のがん」
  ~子宮・卵巣など女性がかかる病気~
 兵庫県がんセンター婦人科部長 西村 隆一郎氏

●「健康生活のおくり方」
  ~乳腺、消化器などの女性がかかりやすい病気~
 元国立がんセンター薬剤療法部長 前茨城県立中央病院長
 大倉 久直氏

●「セカンドオピニオンの大切さ」
  ~子宮がんになり早期発見・早期治療の重要性を感じて~
 エッセイスト 逸見 晴恵氏

●「縄文探しの旅で乳がんといわれたとき」
  ~医療者と乳がん患者の通訳者~
  漫画家 酒井 広子氏

■ 詳細説明 
がんに罹っている人は年々増加し、2005年の厚生労働省の調査によるとその数142万人と推計されています。
あわせて女性特有のがんも増えています。
女性のがんを知り、定期的な健診や生活のおくり方を知ることで早期発見や予防につながります。
是非この機会にご参加頂き、がん対策にのぞみましょう。

セミナー入場無料

※懇親会(参加費:1,000円)セミナー終了後、懇親会を開催する予定です。
お時間のある方は、お気軽にご参加下さい。

※定員200名(定員に達し次第締め切り)

※全て事前申込必要→詳しくは、ホームページ参照
http://rfl-jp.net/hp/ashiya/2007/

※詳しくは、上記 リレー・フォー・ライフ関西実行委員会
  事務局(078-360-0898)まで、お問い合わせ下さいませ。


このお知らせはお友達のしじみちゃんに教えていただきました。

わたしは、女性特有のふたつの癌を体験しました。
暗いトンネルから抜け出たと思ったらまた長く暗いトンネルに入ってしまいました。
でも、癌のことを勉強し、知れば恐れも薄れ立ち向かう気持ちになれました。
無知は寿命を縮めることに繋がるように思います。
そして、何よりも早期発見の大切さを身をもって体験したのです。

どうか、ひとりでも泣く女性が減ることを切に願います。
[PR]

by coo-sora | 2008-02-04 23:07 | お薦め