<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

延暦寺

ここ数年、秋に必ずお参りしてます。
f0116278_17331081.jpg

比叡山の延暦寺です。ここは根本中堂と呼ばれる延暦寺の中心になるお堂です。
あまりにも有名ですからみなさんご存知ですよね。
杉木立の中に凛と建つお堂。
厳粛で荘厳で、中に入った瞬間ヒヤッとした空気が一層身体を心を引き締めるそんな場所です。

わたしの母はこの比叡山の麓、坂本で育ちました。
わたしも小さい時は祖母の家によく預けられましたから、坂本はとても親しみがあります。
麓と言っても琵琶湖は目の前ですから、小さい頃は裸のまま走って行って泳げるような場所でした。
坂本は今でもあまりその町並みを変えず、宿坊もたくさんありとても情緒があります。

現在の自宅からは車で30分~40分くらいで行けます。
紅葉にはまだ早かったですが、山の空気は既に冷たく威厳さえ感じられます。
心落ち着く場所のひとつです。

途中、比叡山ドライブウェイから撮影しました。
京都側は少し霞んでいて残念でした。
f0116278_17573039.jpg


そして、わたしの住む街。大津市です。
中央左よりの背高のっぽのビルが大津プリンスで、11月4日にはピンクになります。
f0116278_181915.jpg

大津は琵琶湖の一番はしっこで、琵琶湖の一番小さな場所に位置します。

そうそう、帰りに鐘をついてきました。
今、癌で闘ってるみんなが少しでも良くなりますように・・・。
f0116278_1804353.jpg

[PR]

by coo-sora | 2007-10-23 18:06 | 心にいいこと

OB会

むかしむかし・・・独身のころ、わたしは保育士をしてました。
そのころは保母さんといいましたが。
学校を卒業してから5年間だけでしたがとても充実した日々でした。
そして、その頃の同僚とは今でも付き合いがあります。
わたしが辞めてから既に25年が経ちます。
同期で入った人はまだ現役です。もう主任ですが。
辞めた人も、お祖母ちゃんになった先輩も当然います。

あのころ、まだ長時間保育や障害児保育が今ほど認識されていなくて、何度も市や県に掛け合ったり、夜遅くまで父母会を開いたりとかなりの重労働でした。
でも、それも今となってはいい思い出です。

そして、わたしたち自身も母になり、子育てと仕事に追われていたころを過ぎ、子育てもひと段落・・・で、また集まろうということになりました。

昨年の秋、わたしを励ます温泉旅行がきっかけとなり3ヶ月ごとくらいの割合で各家を回ることになったのです。
料理は持ち寄りだったり、その場でみんなで買い物に行って作ったり。
そして今回はわたしの番で、料理好きのわたしが腕を揮いました。

話はあの頃の子供たちのこと。
悪戯小僧で手を焼いたあの子が偉くなってる話。
そして今は母になり父になり自分の子供を保育園に預けてるってこと。
そろそろ自分の子供も結婚を考える時期なので先輩の話を参考にしたり・・・
時には旦那の悪口を言ったり・・・全員が各旦那を知ってるから話は早い。
「アホやなぁ、そやからあの時わたしは反対したやんか!」とか言われて終わり。

何を言っても腹は立たないし、気を使うこともない。
辛い話も失敗談も知らないことも恥かしくなく聞ける。
ホントにまだ未熟でオトナになれてなかったころを知ってるという安心感。
性格解ってるからとっても楽ちんです。
素敵な仲間です。

午前11時に集合したのに解散した時はとっくに日は暮れていました。
きっとこの会はお婆ちゃんになっても続くよね。

「今度は来年やね、またね、バイバイ!」

彼女たちはわたしの病状をちゃんと知っています。
でも余計なことは何も言いません。
特別な励ましもなく、昔のまま。
ただ一言言われたのは昨年温泉旅行に行ったときのこと。
「たまには、人に甘えることもしいや。わたしらいるんやから・・・。」って。
[PR]

by coo-sora | 2007-10-22 18:46 | 想ひ

お嫁ちゃんの入院

昨日、我家の長男のお嫁さんが入院しました。
(結婚式は11月ですが)
3ヶ月前、彼女は結婚前の健康診断をしたそうです。
その時に乳腺外科で引っ掛ったらしいのです。
でも、良性だから様子見ましょうとのこと。
心配した彼女は大学病院を紹介してもらって受診しました。
そこでもやはり良性の繊維腺腫だとの診断。
でも、妊娠したら大きくなる可能性があるので取った方が良いと言われました。
とにかく、3ヶ月後にもう一度来なさい、ということで、2週間前行きました。
診断は前回と同じです。

悩んだ彼女に相談を受けました。
彼女はとても恐がりで注射は大嫌い!!
その上、細胞診で痛い思いをしたらしくとても恐怖が強くなっていました。
そこでわたしの出番です。
わたしは彼女を主治医のもとに連れていきました。
やはり診断は同じでした。
でも、彼女は主治医の親切な対応に感激して切ることを決心できました。
大学病院の医師はそんな簡単手術ぐらいって感じで、彼女の質問にもあまりきちんと答えてくれなかったそうです。
当の彼女は全てが始めての経験ですから不安で仕方がありません。
そうなんだよなぁ・・・患者の立場に少しはなってもらえないのかなぁ・・・
それを大学病院の先生に望むのは無理なのでしょうか?

そして、結婚するなら尚のこと結婚式の前にやってしまって、
スッキリして結婚式を迎えたほうが良いと薦められたみたいです。
「お義母さんならどうする?」
「わたしなら、グレーのものは取って白にするよ。そして、スッキリさっぱりして新婚旅行で思い切り楽しむなぁ」と即答。


そして、彼女の手術は本日無事終わりました。
全身麻酔で4日間の入院です。
しこりは繊維腺腫でした。見たかぎりでは良性。
最終は細胞検査の結果待ちです。

実は、彼女のしこりは息子が見つけて、結婚を前に1度検査に行ったらって薦めたそうです。
しこりがあると言ったら恐がりの彼女には耐えられないだろうとの配慮だったとか。
取ったしこりは親指の先くらいに育っていました。
でも本人は全然気づかなかったそうです。
今は良性でも悪いものに変わることもあるそうです。
彼女のお母さんは見つけてもらってとても感謝してると何度もおっしゃってました。
わたしは、良性で良かったと心から安堵しました。
わたしと同じ想いをする人は1人でも少ない方が良い。
まして、嫁姑で仲良く乳がんなんて洒落にもならない。
ホントにヤレヤレです。

やはり定期検査はすべきです。

これで、安心して結婚式が迎えられそうです。
[PR]

by coo-sora | 2007-10-12 23:53 | 想ひ

三連休の過ごし方

土曜日・・・寝る・・・ひたすら寝る。
ピンポ~ン♪ピンポ~ン♪って、鳴っても居留守。
電話は留守電に。
ひたすら寝る。
・・・背中が痛い(・_・)ヾ(^o^;) そこまで寝るかぁ!?
で、のそのそ起きたのが昼の2時半過ぎ・・・。
さすがにお腹が減ってくる。
でも、なんも無いよ・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
で、こういう時はたいてい卵かけごはん。
卵は冷蔵庫の中に、ご飯は冷凍してある玄米ご飯をチンして。
あとは、梅干(これは和歌山の知り合いに貰った特大の梅干)
・・・侘しい~(-。-;)

でもでも、その後、従姉からメールが来た!
「お祭りのお寿司用意出来たから取りにおいで。」って!
やったね!忘れてた!今日は大津祭りの宵宮でした。
県庁の近くに住む伯母の家では伯母が亡くなったあとも従姉がちゃんと伯母の味を守って、
巻き寿司・さば寿司・赤飯を作ってるのです。
急いで貰いに行ったのは当然。
今夜はこれでお吸い物があればOKだわ。
♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン  ・・・1日目終了

日曜日・・・本日も快晴なり~~~ヾ(^∇^)おはよー♪
今日は、ペンキ屋さんで~す。
ずっと、ずっと気になっていたベランダのテーブルセット。
雨ざらしでハゲハゲで、座るとお尻にイスの模様が付く。
そこで、ペンキを買ってきた。
青色。空の色。
f0116278_17595760.jpg

休み休みで半日掛かったけれど、出来ました。
遠目では結構キレイ。 近寄るとマダラ(>▽<;;
まっ、いいかっ!!
こうなるとべランダの床の汚れが気になる。
空っぽのプランターも気になるなぁ・・・。
乳がんをしてから2年9月。
花は全て枯らしてしまいほったらかしだったけれど・・・
また、育ててみようかなぁ・・・床磨きもしなきゃね。 (・・*)ゞ
でも、今日は満足。満足。

そして、今日。・・・雨だわ~(*´ο`*)=3
ちょっと出かけるの憂鬱だけれど、今日は映画だ。
予定通り、今日は「まゆ-ココロの星-]を見に行こう。
残念ながら大津の映画館ではやってないので京都まで。
友人と京都駅で待ち合わせをして新京極まで。
2週目の上映の「まゆ-ココロの星-」は、午前中1回しか上映がありません。
確かに、お客さんはざっと見ても20名以下かな・・・
この手の映画だとこんなものなのか・・・残念やなぁ・・・。
映画は原作本にかなり忠実に再現されていました。
母のことを思い出したり(わたしの母も卵巣がんで亡くなってますから)自分とかぶったり、
やっぱり涙は・・仕方ないよね。
隣の友人もボロボロ。たぶん、みんな泣いていたかなぁ。
映画が終わって、全てを知ってる友人は何も言わない。
「お腹ペコペコやね。さぁ、何か美味しいもの食べよか!」って。
本来ならこういう映画は苦手な人なんだけれど、わたしが見ておきたいと言ったので付き合ってくれました。
ありがとうね。
かねよのきんし丼、(かねよの名物で、うなぎ丼の上にでっかい厚焼き玉子が乗ってる)美味しかったね。((^┰^))ゞ


それから、わたしが一番泣けたのはエンディングのドリカムの歌が流れて来たとき。
吉田美和さんのご主人、末田健さんも最近胚細胞腫瘍で亡くなっているんですよね。
いつも元気な歌声を聞かせてくれている彼女が今どれほど深い悲しみの中にいるのか・・・。
心から末田さんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by coo-sora | 2007-10-08 18:33 | 映画を見て

琵琶湖ピンクリボンフェスタ2007・・・続編

今夜はピンクリボンフェスタの実行委員会がありました。
県下の乳腺外科医・外科医・放射線科医や技師・看護師さんたちから成る実行委員会は勤務が終わってからのスタートです。
当日の検診の進め方が主な議題でした。
短い時間でも決して手をぬいてはいけない。確かな判断を。
どうすればスムーズに検診が出きるか。
そして、翌日曜日に休み返上で全先生方が集まって改めて読影をされるということを知りました。
日ごろの診察だけでも大変だろうになぁ・・・凄いなぁ・・・。

ピンクリボン活動には突っ込みどころはあります。
まだまだ検討の余地もあるでしょう。
だけれど、やっぱり早いに越したことはないのです。
もしも、あと数ヶ月早く見つけていれば・・・
何度思ったことでしょう。
確かに早期発見でも転移した人はいます。
でも、やはり早期発見の治癒率は圧倒的に高いわけですから。
検査はやらないよりやった方がいいに違いありません。

先生たちがこんなに熱心なんだもの。
無料の検査、受けない手はないよね。

そして、今回は、乳癌治療を終えて赤ちゃんを出産された若いお母さんも来られると実行委員長が是非ブログに書いてくださいっておっしゃってました。
講演をされる大原まゆさんもそうですが、
最近増えてる若年性乳がんの方は勇気が貰えると思うのですよ。

検査を受けられない方も大原まゆさんの講演を聞いて、一緒に風船を飛ばしませんか?
そして、ピンクに染まるプリンスホテルを仲間と一緒に見ませんか!
[PR]

by coo-sora | 2007-10-04 00:40 | 琵琶湖ピンクリボンフェスタ2007