<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

母はお疲れです。

とにかく疲れました。
今週はめちゃ久しぶりに母親週間だったのです。

先ず、長男のこと。
結婚が決まり、新居が決まり、足りない電化製品なんかを買いに・・・。
長男は一人暮らしをしてましたから冷蔵庫なんかは小さいので買い替えに。
まだまだわたしの気持ちの整理は出来ていないけれど・・・。

そうなんです。
両手を上げて「おめでとう」とは言えないお相手のこと。
バツイチでおまけに11歳年上。
結婚したいと言ってきたときにはさすがのわたしも反対しました。

ある程度は心の広い人間でいたつもりだったのですが、
いざ自分の息子の相手がバツイチではるか年上となるとこれは別もの。

実はこの春から同棲していたのですが、
あまり反対しても火に油を注ぐだけかと静観していたら
結婚したいといってきた。

ショック!!

そして、何度か話し合って、結局わたしが諦めるしかなく・・・。
考えたら眠れない夜もあったけれど・・・

親は悲しい。
ただ息子の幸せを祈るだけ。
今はどうすることが幸せか、答えは出ないから。
でも、母はあまり長生き出来ないのだから・・・
出来たら早くに安心したかったのだけれど・・・。
そんな想いを抱えながら二人が冷蔵庫やエアコンを選ぶのを見ていた。

そんな最中、関東の大学に行っている次男が帰省してきた。
彼は部活の都合で夏休みといっても5日ぐらいしか休みが取れない。
今回は兄の相手に会うこと、祖父の車を持ち帰ることが目的で帰ってきた。

わたしにとって次男は何故か何歳になっても頼りなく心配の種。
でも、久しぶりに帰って来る次男は見るたび逞しく男らしく成長している。
長男と違ってあまり自分のことは話さない。
特に心配することは言わない。
でも、わたしの中ではいつまでも幼児のときの次男のままなので、ついつい口が出てしまう。
今回、車を運転して戻るという次男が心配でいろいろ注意した。
はいはい。はいはい。はいはい・・・・・・・・・・
聞くしか母の気持ちは収まらないと思ったのか返事だけはする。
で、
「毎日先輩の車を運転しているのだから心配せんでよい!!
高速も毎日走ってる。
高速走らないと学校には行けないんやから。
部の用事でトラックを運転して仙台まで走ったこともあるんやから大丈夫!」だ、そうだ。

車の無かった彼は学校へ行くのに寮から先輩の車に乗せもらったりしてると聞いていた。
体育部の彼は学校からかなり離れた寮に住んでいます。
で、3年になった彼はもう肩身が狭いので自分の車が欲しいと言ってきたのです。

寮まで、片道450キロ。殆どが高速道路を走るのでやはり心配する。
最近、事故多いからなぁ・・・
付いて行きたかったが・・・。
最低でも2度は休憩して電話をしてくるように約束する。
そして、彼を見送った。

電話が来た。
1度目は養老から。
2度目は浜名湖から。
そこからが長い・・・。
6時間を経過したころ心配はピークに達する。
こちらから電話しても運転中なんだし・・・。
・・・と、電話が鳴った。
「さっき着いたし。静岡から強烈な雨で前が見えなかったから時間かかったわ。
ちょっと疲れたけど大丈夫やし。」
ホッとして電話を切った直後、わたしは眠ってしまった。

疲れたのはわたしだった。
[PR]

by coo-sora | 2007-08-25 16:51 | 想ひ

癒しの時間

f0116278_23352795.jpg
f0116278_23355339.jpg
f0116278_2336265.jpg
f0116278_23364464.jpg


ホッとする時間・・・。
自宅マンションのベランダから。
[PR]

by coo-sora | 2007-08-19 23:50 | 心にいいこと

花火

f0116278_17583836.jpg
f0116278_17585417.jpg
f0116278_1759574.jpg
f0116278_1759188.jpg
f0116278_17593033.jpg
f0116278_17594562.jpg
f0116278_1759578.jpg
f0116278_1801276.jpg


昨夜は自宅から徒歩20分くらいの湖岸(河口付近)での花火大会でした。
すぐ近くまで見にいきました。
頭の上に花火が上るから首が痛い。
タイミングが合わず花火を写すのは難しいです。

うちの家族はみんな花火好き。
母が生きていたときも必ず花火は近くに見に行ったなぁ~。
浴衣を着て下駄をカラコロ歩いた。
綿菓子を買ってもらうのが凄く楽しみだったなぁ~。
亡くなる前の年、浜大津港の有料観覧席を予約して見に行った。

4年前、もう殆ど食べることが出来なくなっていた叔母を我家のベランダに招待した。
久しぶりに美味しく食べたと、叔母はわたしが作った料理を口に運んでくれた。
途中で雨が降ってきたけど、叔母は最後まで花火を見ていた。
それから3ヵ月後叔母は亡くなった。

そして、2年前は父を・・・。
父とわたしには確執があって、父はうちへ遊びに来た事がない。
母が亡くなってからは余計遠のいてしまった。
でも2年前、わたしもいつまで生きていられるか分からないと思い父を招待した。
ベランダのイスに座って花火を見る父の背中があまりにも小さくなっていたのがとても悲しかった。
そして、今年、父の初盆を迎えた。

そんなことを思い出しながら花火を見上げる。
ちょっと花火が涙で滲んだ。

「お母さん、お父さん、叔母ちゃん、天国からも花火は見えていますか?」
[PR]

by coo-sora | 2007-08-18 18:29 | 心にいいこと

信州旅行

悩んで、悩んで・・・
よしっ!!
体力テストを兼ねて行くか!

悩んだのは片道435キロの道のり・・・長野県の端っこまで。
自分の車で運転して行くと決めた。
友人に誘われたのはいいけれど、さすがに悩んでしまった。
病気をするまでは東京までの500キロも平気で運転できたのだけれど、
最近の遠出はもっぱら友人や妹の車に乗せてもらってばかり。
しかもお盆休みの最中。
渋滞も覚悟して・・・
でも、どれくらい体力があるのか?知りたかった・・・。

月曜の朝、出発。
名神高速道路に乗ったとたん渋滞・・・( ̄□ ̄;)!!
30キロくらいのノロノロ運転・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
でも約1時間くらいで解消して、あとはスムーズ。
快晴、ドライブ日和です。
名神の小牧から中央道に・・・ここまで2時間半。
普段より1時間多めにかかってしまった。
途中2回の休憩をして、6時間で黒姫高原に到着しました。
結構元気だよ。
まだ余力あり!ヾ(@^▽^@)ノ

そこで、 「黒姫童話館」へ。
ここには、わたしの大好きな作家、 「ミヒャエル・エンデ」が常設されています。
f0116278_18325192.jpg

エンデは日本では「モモ」が有名ですが、わたしは「はてしない物語」が大好きなんです。
映画「ネバーエンディングストーリー」の原作。
閉館までエンデのコーナーにいました。
f0116278_18401575.jpg

童話館の前には黒姫高原スキー場のゲレンデが広がります。
f0116278_184030100.jpg


童話館から20分も走ると「野尻湖」です。
f0116278_18405728.jpg

ここで、1日目は終了。
全行程480キロ。
温泉に浸かって、食事を終えたらワインがまっわて9時半には眠ってしまったみたいです。

翌朝、ホテルの敷地内から乗れるスカイケーブルで妙高山へ登りました。
f0116278_18412321.jpg

ホテルは妙高高原スキー場(赤倉温泉)のゲレンデの中腹に位置し、
赤い屋根がとてもおしゃれでした。
ゲレンデの横にはゴルフコースもあります。
温泉は源泉かけ流し、窓からは野尻湖が望めとてもステキでした。
ここに2泊しました。
食事は本格フレンチか和食を選択。
皇族も泊られるホテルのようで、趣のあるホテルです。
f0116278_18414267.jpg

スカイケーブルで行けるのは1,260mまで。
そこからはブナ林を歩く登山コースがありますが、
わたしたちはあまりにも暑いので、展望台で引き返すことに。
f0116278_1842011.jpg

あれに見えるは野尻湖です。
f0116278_18421674.jpg


その後は、 「黒姫コスモス園」へ。
妙高高原と黒姫高原はお隣どうしですが、長野県と新潟県。
わたしたちは二つの県を行ったり来たり・・・=*^-^*=
f0116278_1941821.jpg

ゲレンデがコスモス畑に・・・
f0116278_194331.jpg

まだ4分咲きくらい。あと1ヶ月もしたら凄いだろうなぁ~
ちょっと変わったコスモスもありました。
f0116278_194487.jpg
f0116278_195488.jpg
f0116278_195236.jpg


コスモス園から20分くらい日本の滝100選にある「苗名の滝」
f0116278_195466.jpg

土曜サスペンスに出てきそうなつり橋を渡ると・・・
f0116278_19613.jpg


またまたこの日も10時には寝てました。
信州は涼しいかと思っていたのに、連日の猛暑は高原も変わらず。
暑さで余計疲れた感じ。(;~〓~)
温泉もビールも最高だよね。ヾ(〃^∇^)ノ

翌日は諏訪湖の花火大会。
中央道が混みそうなので早めに出発。
道の駅「しなの」に寄って、お土産にトウモロコシをいっぱい買いました。
もちろん走りながら食べる分も買って。
信濃町はトウモロコシが名産で、生のまま食べられるトウモロコシもありました。
めちゃめちゃ甘くてびっくりでした。

帰りは3回休憩して約6時間半で自宅へ。
さすがに疲れました。
全行程980キロ。
でも、行けた!!帰ってこられた!!
今日も寝込まず、こうしてPCに向かってます。

骨転移していても普通の人と変わらないよ。
ひょっとして健全な人より体力あるかも・・・。
毎日のウォーキングの成果もあるのか歩くのも平気になったし。

凄く自信に繋がる旅行になりました。
そして幸せを実感する旅になりました。
頑張る力も湧いてきました。

追記
とても心配をして行くことに反対した妹へ・・・。
我儘な姉でごめんね。
でも、2週間後の北海道ではわたしも運転するからね。
[PR]

by coo-sora | 2007-08-16 18:42 | 旅の記録

花火三昧

8月8日はびわこ大津大花火大会でした。
滋賀県は真ん中に琵琶湖がありますから、夏の間10箇所くらいで花火大会が開かれます。
大津・彦根・長浜は各10,000発で、あとは1,200発ぐらいかな。
これでもバブル崩壊後大会数は減りました。

中でも大津港で行なわれる花火大会は京阪神から見物人が集まり凄い賑わいになります。
子供たちが小さい時は琵琶湖岸まで見に行きましたが、これも年をとると
「しんどいし止めとこかぁ~」って感じになります。
でも、音が聞こえてくるとやっぱりワクワクしてきて近くまで行きたくなります。

それで、数年前に花火が見えるベランダ(約20畳)があるマンションを購入しました。
どれだけ花火好きやねんって話ですが・・・
それほど好きなんです。(>▽<;;
そんな訳ですから乳癌になるまで我家は毎年ビヤガーデンとなっていました。
最初は招待していましたが、そのうちみんなが会費制にしようと言ってくれて、ビールサーバーも持ち込んでどんどん本格的になりました。

乳癌になって3回目の夏を迎え、来年は再開しようかなぁ・・・って思ってます。

そのために揃えたテーブルセットやたくさんの椅子がもったいないし・・・
静かに見る花火もいいけど、みんなでワイワイ見るのもやっぱりいいかな。
それに広いベランダが寂しそうだし・・・(-。-;)

花火を撮影するのはテクニックが必要みたいですね。
感じは味わってもらえるかしら。
f0116278_14431076.jpg
f0116278_14432867.jpg
f0116278_14434683.jpg


大津の花火は少し遠目になりますが、8月17日の花火はすぐ近くであります。
数は少ないですが迫力は満点です。
花火って、あのお腹に響く音がなんとも言えませんよね。
因みにうちのベランダからは5箇所の花火大会が見えます。
大津の夜景も一望できますよ。
特に夕焼けが綺麗です。
比叡山に沈む夕日が琵琶湖を染めて、とても心和む時間です。

さてさて、来年ビヤガーデン再開するためにも今の状態をキープしないとね。
=*^-^*=

そうそう、花火を邪魔するようにそびえているのは大津プリンスホテルです。
昨年のピンクリボンフェスタではホテルがピンクに染まったのですよ。
[PR]

by coo-sora | 2007-08-10 14:35 | 心にいいこと

クゥ

久しぶりに映画館へ・・・
見たかった「夕凪の街 桜の国」はすでに1時間が過ぎていた。
中途半端な時間・・・
・・・クゥにするかな。
「河童のクゥと夏休み」
そう言えば、テレビでこの映画が紹介されたとき、
「クゥ~」と呼ぶ少年の声にうちのクゥは振り向いた。
「クゥ」は自分の名前だってちゃんと分かってるんだと嬉しくなった。

それで、河童のクゥだけれど、めちゃめちゃ可愛い。
うちのクゥも相当可愛いけれどね。
ストーリーは簡単なものだけれど、見終わった時に何となく心が温かくなる、
心が和む、そんな映画でした。
ちょっぴり笑いちょぴり涙ぐみ・・・
たまにはこういうのもいいよね。
明日は脳のCT検査の結果報告の日という前日にはぴったりの映画でした。

以外と子供が少なかったのが驚きでした。

追記
脳のCTの結果はお陰様で白でした。
来月はPETと骨シンチ。
前回から半年・・・少しくらい減っていると嬉しいのですが・・・。
[PR]

by coo-sora | 2007-08-07 15:37 | 映画を見て