<   2007年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

行ってきまぁ~す!

送信寸前、cooがぁ・・・・・・・・踏んだ!!消えたぁ!!
。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。
アカン!書き直す気力なしです。
旅行準備のこと、映画パッチギ!LOVE&PEACEのこと、全部消えちゃいました。
邪魔しに来ることは分かっていたのに、アッ!!と思ったときには既に遅しでした。
明日から2週間、秋田青森を旅してきます。
旅の写真、楽しみにしていてね。
そうそう、友人のお父さんは結髪師で、丸髷で記念写真を撮ってあげるから着物を持って来るようにと連絡がありました。
めちゃ楽しみです。(‐^▽^‐)
しばらく留守にしまぁ~す!
[PR]

by coo-sora | 2007-05-28 01:06 | 玉川温泉のこと

お留守番できるかなぁ・・・

今日は一日中雨が降ってました。
ここ数日、急に暑くなって身体がついていけなくて・・・しんどかったのは、
わたしだけ・・・
f0116278_18502366.jpg

これは昨日のcooです。
涼を求めて廊下の真ん中でゴロニャンです。
フローリングの床が背中に気持ちいいのでしょうか?
暑くなると食欲も落ちてしまうcooなのでした。
月曜から留守の間のことを思うと心配になります。
妹にお世話を頼んだのですが・・・動物を飼っているのに長期間留守にするなんて人間のエゴだよねぇ・・・間際になってだんだん心配になってきました。
(-"-;A ...
夜ひとりで寝るのは平気かな?
わたしの顔を忘れたりしないよね?
(ノ_-。)
[PR]

by coo-sora | 2007-05-25 19:02 | coo(=^・^=)

思い出の地へ・・・

三度目の正直っていうやつです。
乳癌の手術をした年に、青森出身の友人から玉川温泉を薦められました。
友人は病気のデパートみたいな人で、何度も玉川温泉に行ってます。
なかなか予約が取れないそうで、半年前には予約します。
ところが間際になって事件勃発で・・・会社のゴタゴタで行けなくなりました。
そして、昨年も予約しました。
ところが父の胃癌が急に悪化して・・・またもやキャンセル。
そして今年。お正月に友人が予約を入れてくれました。
今年こそ絶対に行こう!!と願をかけて。
それが6月2日から10日間の予定です。
で、折角友人の故郷近くへ行くのですから思い切って青森や秋田を回ることにしました。
青森、秋田は30年前、免許を取った1ヵ月後に友人と行った思い出の地です。
当時、京都駅から「日本海」という夜行列車に乗って、秋田に着いたのは朝の6時頃でした。秋田でレンタカーを借りて、田沢湖、十和田湖、八幡平、八甲田山、奥入瀬渓流から青森へ。津軽半島と下北半島を巡りました。まだ車の運転も未熟だったのに、よく行けたと思います。
今回は友人の実家が西津軽で、白神山地がすぐ近くらしく、彼女にとっては裏山のような感じかも・・・それで、世界遺産にもなっているブナの原生林で思い切り癒されてこようと思ってます。
恋焦がれている「青池」にも行ってきます。
ちょっとは頑張っているウォーキングの成果はあるでしょうか?
全行程2週間の予定で、来週月曜日に出発です。
だれに話しても「まぁ、優雅なことで・・・」と言われてしまいますが・・・
(-"-;A ...
玉川温泉は癌患者の湯治場として有名ですよね。あのフランチャイズ展開している岩盤浴屋さんも玉川温泉にヒントを貰ったと仰ってましたし。
10日くらい行ったところで変化があるのかは分かりませんが、何でもチャレンジだと思ってますし、いいと言われることはやってみたいですよね。それに、携帯電話もdocomoのムーバくらいしか繋がらない山の中みたいだし、心もリセットできればいいなぁって思ってます。
ここ数日は荷物作りに余念がありません。
誰か行かれた方はいらっしゃいますか?
いい情報があれば教えてください。
[PR]

by coo-sora | 2007-05-23 17:38 | 玉川温泉のこと

対照的です

今朝ウォーキングの出かけに気がつきました。
つばめのヒナの姿が1羽だけに・・・
f0116278_2044933.jpg

自然は厳しいです。
残りの1羽にちゃんと育ってほしいと願うばかりです。
お母さんガンバレ!!

帰ってくると・・・うちのcooは・・・
のんびりぃ~まったりぃ~
お気に入りの場所でゴロゴロ・・・
だいたいこのままお昼ねモードに。
f0116278_2082089.jpg


「クウ!」呼びかけると起き上がってしっかりカメラ目線で・・・オスマシ
f0116278_2083419.jpg

[PR]

by coo-sora | 2007-05-20 20:16 | coo(=^・^=)

ブラッド ダイアモンド

今日が最終日と知って映画館に滑り込みました。
感想は難しくて書けません。
ただただ悲しみが深く・・・深すぎると涙も出ない。
ホントに世界のこと何も知らないんだって、いつものことですが、今日も痛感しました。
時折流れる海外ニュースを目にしても、遠い国のこととしてしか捉える事が出来ません。
今現実のこととして感じることも難しい。
人の命が虫けらのように・・・という言葉が現実。
いったいどれ程の命が失われたのでしょうか・・・。
あまりにも幸せな国、日本にいて気付かないことが多く、どれほど今が幸せなのかも感じなくなっています。
不平不満ばかり、贅沢なこと言ってばかりで・・・
でも、それを知ったからといってわたしに何が出来るのでしょうか・・・。
まだ、20万人もの子供兵がいるそうです。
先進国の利益のためだけに犠牲になっている人々。
人間の驕った気持ちの結果なのでしょうか・・・。
先日観た「バベル」を思い出しました。
心が痛い映画でした。
映画が終わった後も、一緒に見に行った友人としばらく会話も出来ず、ただ黙って歩いていました。

そうそう、デカプリオが凄くいい役者さんになっていましたよ。
[PR]

by coo-sora | 2007-05-18 23:00 | 映画を見て

百人百色

鈴木ヒロミツさんの出された本「余命三ヶ月のラブレター」を読みました。
亡くなる10日ほど前のインタビューと奥さんと息子さん宛てに書かれたノート4冊を基にまとめられたものでした。
この本は発売当日のお昼頃本屋さんへ行ったけれど、すでに無くてガッカリしていたら妹から電話があって、「最後の1冊をゲットしたから、お姉ちゃんは買わなくていいからね」って。
その夜のうちに彼女はこの本を読み終えて、翌日借りることにしました。
この本を読んだ妹は、泣けて仕方ないと・・・それに加えて、女優の宮崎ますみさんがホルモン治療の副作用がきつくて薬を止めてしまったことを知って、「お姉ちゃんもそんなにしんどいの?ずっと我慢してるの?止めたいと思ってるの?」「わたしは何も分かってないと思う」「お母さんもお父さんもどんな気持ちで死んでいったのか・・・」「お姉ちゃんの気持ちも何も分かってないように思う」そんな内容のメールが届き、かなり落ち込んでいるのが分かりました。
彼女は次は自分が癌になると凄く恐がっていますし、何とかわたしを力付けようと毎日心砕いてくれていますから。
当のわたしは「そうかぁ・・・ヒロミツさんはそんなふに想って最後を送られたんだ・・・」と、何故かとても冷静に受け止めていました。
たぶん本の半分以上がヒロミツさんの若い頃のお話だったこともあったと思いますが、以前はこういう種類の本を読むと泣いて泣いて・・・ボロボロになってたんですけれど・・・。最近は強くなったのか、わたしはわたしって思えるようになったのか・・・。
そうなんですよね。
ガン患者とひとくちに言ってもホントにそれぞれなんです。種類も進行状況もひとりひとり違う。
当然同じ乳癌でも人によって効く薬も副作用も違うから参考にはなるけど、人が悪くなったから自分もと落ち込むこともない。事実、わたしよりステージの悪い人でも転移せずにいるのですから、生存率が悪いからと悲観的になる必要はないのです・・・ということが、2年半経過してようやく分かってきたことです。
今、思い出しました。
まだ放射線治療を受けていたころのことです。
待合室で・・・あなたも乳癌ですか?と声をかけられたことがありました。
彼女は、
「わたし乳癌で、抗癌剤で髪の毛が抜けて顔もシミだらけ、爪も真っ黒になってるのに!どうして、あなたは髪が抜けてないの?!わたしはカツラなのに!!」と、凄い剣幕で捲くし立てたかと思うとワッーと、泣き出してしまわれたのです。
その頃のわたしはまだタキソールの量が少なく、髪は元のロングのままでしたから。
(その後タキソールを増やしたので抜けてしまいましたが。)
でも、よく話を聞けば彼女の方がわたしよりずいぶん早期だったのです。
乳癌は癌というだけで死の恐怖でまいってしまうのに、オッパイは無くなるは、髪は抜けるはシミだらけ、爪は黒ずみ汗はダラダラ・・・もう女として終わってしまったように思えてきます。
わたしの人生はもう終わりだって・・・。
ホルモン治療していると副作用としてうつ状態にもなりますから、余計たちが悪いですよね。
でもね、それまでみたいに頑張ることも、人に気遣うことも、他人を気にすることも止めて、「わたしはわたし!」って、思いたいです。
まだまだ凹んだり落ち込んだりジェットコースターだけれど・・・わたしらしく生きて行きたい。
鈴木ヒロミツさんのような最期は送れないかもしれないけれど、わたしはわたし。
あなたはあなた!
そしてわたしは、わたしらしさを模索中です。

改めて、「鈴木ヒロミツさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。」
[PR]

by coo-sora | 2007-05-18 00:13 | 想ひ

今朝ウォーキングに出たときのことです。
アッ!!鳴いてる!!
見上げると・・・o(*^▽^*)o~♪
f0116278_14135678.jpg

餌を貰えるのは1羽だけ・・・
じゅんばんこだよ~

f0116278_14141241.jpg

親鳥が離れるのはほんの一瞬。
数秒で餌を運んできます。
f0116278_14142625.jpg

鳴き続けるひな鳥たち。
黄色い口ばしが可愛いね。
親鳥は休みなしです。何度も何度も・・・
生きてるって感じです。命の息吹みたなもの感じますよね。

f0116278_14143971.jpg

さてさてウォーキングに出発!
ご近所のお花畑です。

おまけ・・・この画像は昨日の夕焼け。
f0116278_14145483.jpg
f0116278_14151348.jpg

[PR]

by coo-sora | 2007-05-16 14:34 | 心にいいこと

気分転換!!

さてと・・・。
そろそろ世の中初夏の装いです。
わたしも・・・見上げる空は初夏!
f0116278_1712198.jpg

f0116278_172929.jpg


スキンも変更して気分一新です。
。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))
[PR]

by coo-sora | 2007-05-15 17:04 | 身体にいいこと

母の日はやっぱり・・・

「眉山」でしょう!って、何故か思い込んでしまって映画館へ。
公開二日目だし一杯かと思いきやガラガラ・・・(・・;)
えっ!どうして?
人気ないんだね・・・(^。^;)
でもわたしは今日は母を思い出して思い切り泣きたい気分だから。
母が亡くなって19年が過ぎました。あと4年で亡くなった母の年になります。
そう思うと若い死だったと。
いろんな想いを抱いたまま旅立ってしまった母の悔しさが心に今だ強く残ります。
わたしの目標は、とにかく母の歳を越すこと。
そんな事を思い、「メゾン・ド・ヒミコ」も「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心監督作品となれば、さだまさし原作の「眉山」をどう描くのかと期待もふくらむ。
ところが・・・。
非常にオーソドックスで、いい映画なんですが・・・。
ちょっとガッカリ。
スートーリーを忠実にさらっと再現しただけにとどまり、何か物足りない・・・。
涙もあまり出ませんでした。
温かいものはあるけれど想像出来る範囲のものでした。
もっと掘り下げることは出来なかったのかしら?
もう少し的を絞ったほうが良かったのでは・・・とか生意気にも思ってしまいました。

ただ、わたしも死ぬまで凛としていたいと思いました。映画の中のお母さん(宮本信子さんは実にかっこ良かった!)のように。死ぬその日まで泣き言ひとつ言わなかったわたしの母のように・・・。
そして是非、徳島へ阿波踊りを見に行きたいです。
[PR]

by coo-sora | 2007-05-14 16:38 | 映画を見て

母の喜び♪(*^・^)ノ ⌒☆(*^-^*)

今朝届いた次男からの母の日の贈り物。
f0116278_23461459.jpg

神奈川にいる大学3年の次男。運動部に所属しているので、アルバイトをする時間もないそうですから、毎月の仕送りでなんとかやりくりしている様子です。
だからこの花は彼のやりくりの成果でしょうか・・・。
野暮なことを考えるのは止めにして、彼の気持ちを素直に喜ぶことにしまよう。
母は単純に嬉しいのです!\(*T▽T*)/ワーイ♪
昨年は紫陽花とカーネーションの鉢でした。
カーネーションは枯れてしまったけれど紫陽花はスクスク育っています。
1年の時は、彼は先輩に気を使い、下っ端だから毎日ヘロヘロになっていたらしく、母の日はすっかり忘れていたと、後から聞きました。逃げて帰ろうかと思ったこともあったとか・・・。
そういえば、夏休みに帰って来た時も頭を丸刈りにしていてびっくりしました。
聞けば何かの罰則だそうです。他の罰とかもあるとか。
いつも多くを語らずグッと我慢する彼ですが、「俺が先輩になってもあんなふうにはならん」とポツリ。そんな彼も3年になりやっと楽しく過ごしているようで、時々掛かってくる電話の向こうでいつも笑い声が聞こえているのを聞いて母はホッとするのです。
何故か次男はいつまでも母のなかでは幼子のままなのです。見上げるようになった今でも頼りなく思えます。
そんな彼からの贈り物・・・しっかり水やりをして枯らさないように育てなければね。
ありがとうね!♪(*^・^)ノ ⌒☆(*^-^*)
夏休みに帰ってくるのを楽しみにしてますよ。

ところで、長男はどうしたんでしょうか?
こういう日にゴマすっておけばいいのにね。
小さい頃から要領の悪いヤツなんです。。(;´▽`A``
母は単純なのですよ。
[PR]

by coo-sora | 2007-05-14 00:25 | 想ひ