<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

自慢話をひとつ

同年齢の友人はみな老眼鏡です。
でも、わたしはド・近眼です。
コンタクトを外すと世界に霧がかかります。
近年どんどん酷くなってる気がします。(~_~;)
なのに眼鏡はもってません。だから、眠る間際までコンタクトをはめています。
時々、そのまま眠ってしまうことも。( ´△`)
それって角膜に良くないのは分かってるのですが、元来ずぼらな性格なもんで・・・(^。^;)
今回初めて眼科で眼鏡の処方箋をかいてもらうことにしました。
「すると何というこでしょうかぁ~♪」
右も左も0.05でした。確か、0.3とかあったはず・・・
近視が進んでるんですΣ( ̄ロ ̄lll) 
う~~~~ん(o・。・o)
老眼よりいいかも・・・自慢出来るかも・・・
小さな文字が見えないと喚く友人たちを尻目に得意顔で
「ちょと見せて、読んであげるから」 なぁ~んてね。(⌒▽⌒)
(≧▼≦;) おばかなわたし。
本当は脳転移による視神経圧迫なんてことないよね・・・ちょっと心配です。
大丈夫大丈夫!
マーカー下がったもんo(*^▽^*)o
眼科に通っているのはもともと網膜が弱いから。
10年前に網膜剥離半歩手前でレーザーで押さえ込みましたから。
目の前に黒いゴミがぶら下がって、擦っても洗っても取れないので眼科へ。
と、こりゃアカン!穴があいてる!破けてしまうぞ!ってことで、すぐにレーザー治療が始まりました。でも、わたしの知識の中では、レーザー=焼ききるというイメージw(☆o◎)w
恐かったのなんのって!命がけ!心臓バクバク!
結局、両目とも悪く、五十数箇所ずつレーザーで押えました。
とにかく、自分では全く見えない場所だし、何がどうなっているのやら???
それでも目出度く手術は免れたのです。
それからは3.4ヶ月に1度は網膜検診に行ってます。
そうそう、レーザー治療ですが、軽く空気が当ったような衝撃がしただけでした。
痛くも痒くもなかったですよ。
10年後の今もしっかり張り付いていて、今の眼科の先生はその技術を絶賛されます。
(10年前治療をしてくださった先生はもう引退されています。)
・・・わたしって凄く医師に恵まれているかも・・・
今、文字にして気が付いたのですが。
眼科医も産婦人科医(子宮癌のときの)も、今の乳腺外科の先生も。
いい先生に巡り合えて救われている気がします。
これって凄くラッキーで凄く幸せなことですね。
改めて感謝です。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪
[PR]

by coo-sora | 2007-02-23 14:43 | 身体にいいこと

乳がんの専門書

f0116278_17124068.jpg
先日他のブログで見つけて購入しました。
日本乳癌学会から出ている「乳がん診療ガイドラインの解説 2006年版」です。
質問形式になっていてとても分かり易かったです。
初めて乳がんについて読んだ本は「乳がん全書」 (聖マリアンナ医科大学外科学教授、福田護著)
とにかく乳がんが何物なのかサッパリ分かっていなかった当時のわたしには、乳がんのことを勉強するにはぴったりでした。主治医の先生もいい本を選択したねと言ってました。
今回のガイドラインの解説は治療をしていくうえで注意することなどが改めて具体的に理解できました。
治療を始めたばかりで不安でいっぱいの方にはお薦めです。
現実をつき付けられることもありますが、自分の治療が何のために、どれくらい有効性があるのか知るのも次に備えて必要だと思うのです。
わたしはこの2年間にたくさんの関連本を読みあさり、ネット検索したり・・・「そんなに何でも知ってしまうと余計恐くなったり落ち込んだりしない?」と、心配してくれる知人もいます。
確かにそういうこともありました。転移、再発した乳がんに完治は無いとか・・・でも、骨や肺に転移していても5年10年と生きて頑張っている人がたくさんいることもネットで知りました。
だから、諦めないで少しでも普通の生活が出来るように治療を続ける。その治療も年々開発されて薬は良くなってるってこと。過分に期待もせず、「癌」だというだけでびびったりもしない。
前を向いて生きていくためにも知らないより知っているほうが良いと思うのです。
(*'')(*,,)(''*)(,,*)
昨日のこと・・・
鍼の先生と腫瘍マーカーが下がったことを喜び合っていたら、ちょうど待合室に居合わせた年配の女性から声をかけられました。
「失礼ですが、何のご病気なんですか?」
わたしは、その女性に手術したこと転移したこと、今は良くなっていることなどを話しました。
するとその女性は・・・肝臓がんであと3ヶ月だと、この1月に宣告されたことを話してくれました。
そして、「悲しくて悲しくてね・・・でも、わたしも諦めずに頑張りますね。貴女ももっと元気になってくださいね。一緒に頑張りましょう!」と・・・自分に言い聞かすように、ニコッと握りこぶしを見せて帰っていかれました。
あと3ヶ月・・・という言葉がわたしの耳に残りました。
わたしは父に余命3ヶ月の宣告は出来ませんでした。だけど、彼女はちゃんと自分のことを知っていて、1人で鍼治療に来ています。この1ヶ月間どれほどの葛藤があったのかわたしには想像も出来ませんが・・・彼女の後ろ姿が大きく見え、自分が子供のように思えました。
たぶん明日も会うと思います。笑顔であいさつが出来ればいいなぁ・・・。
[PR]

by coo-sora | 2007-02-14 18:22 | 乳がん

玉葱と水仙

f0116278_142541.jpg
淡路島から玉葱が届きました。
ダンボール箱を開けると、玉葱の上に水仙が・・・。
o(*^▽^*)o~♪
手に取ると萎れていて、可哀想な状況に。
慌てて水あげをして花瓶にいけました。
見る見る水仙は元気を取り戻し甘い香りを放ち始めました。
そうなんです、先日行ったの水仙郷を思い出しました。
なんていい香なんでしょうか~\(^-^)/
ちょっぴり幸せ気分に浸りました。
もちろんcooもヒクヒク鼻を動かして匂いを嗅いでます。
血液がサラサラになるからと気遣って玉葱を送ってくれた知人に感謝。
玉葱に水仙を入れてくれた人にも感謝です。
♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪
何か美味しい玉葱料理はありませんか?
[PR]

by coo-sora | 2007-02-13 14:28 | 心にいいこと

腫瘍マーカー下がったぁ~~!!

~\(^-^)/~\(^-^)/~\(^-^)/
メチャメチャ嬉しい!!
こんな日が来るとは思ってませんでした。
ほぼ正常値に戻りました。
骨転移が見つかってから半年です。
ゾメタ、ゼローダ、フェマーラと鍼。
転移した乳癌の完治は無いこと知ってます。
イタチごっこというか、もぐら叩きというか・・・
また、すぐに上がるかもしれません。
その覚悟も出来てます。
でも、今日は素直に喜びましょう!!
\(o⌒∇⌒o)/
主治医の先生、ありがとう!!
鍼の先生、ありがとう!!
そして、わたしを支えてくれている人たち
ホントにありがとう!!
とにかく、数値が下がっている間に体力をつけて、次の決戦に備えなければ!!
こちらが体力が付けば、あちらも・・・かな。
そんなことはその時にまた考えることにして、
今日はお祝いです。
。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))

ところで、わたしが通院している乳腺クリニックは日増しに患者さんが増えていくみたいです。
手術をした2年前は15分も待てば(完全予約制)診察してもらえたのだけれど、今は1時間以上は常です。待合室もいっぱいです。最近椅子の数が増えました。
今日も退院する患者さんが受付で話していたのですが・・・今日はこのままのぞみで帰ります。のぞみだと2時間ちょっとだから・・・って。
えっ!!
それって東京までの時間!?
確かにその女性は関東弁でした。
もう、びっくりでした。
最近かなり遠方からの患者さんが増えたと聞いてましたが。
たまたま近所でいい先生にめぐり合えたことが何よりの幸せだと思いました。
母が卵巣がんで苦しんでいた時は、わたし達姉妹はいい先生を捜すのに四苦八苦しましたから。もともと産婦人科医が卵巣がんを見つけられずに手遅れになってしまったものですから、
医者選びは直接命の長さに関わると痛感しました。
また、市立病院の医師の転勤で何度も主治医が変わったり、産婦人科から外科に行ったり内科に行ったりとまた、主治医は変わるし・・・。
腕の良し悪しはもちろんですが、信頼関係が築けるかも大切な要因です。
父の時は、地元では評価が低い総合病院でしたが、担当の外科の先生が最後まで諦めることなく手を尽くしてくれ、一方的な診察をすることもなく、実に根気よく父に付き合ってくれました。
わたし達は、途中でもっとしっかりした病院へ移ろうと薦めたこともありましたが、病院は大した事無いけど、その先生が良いからと最後まで外科医を信頼した父でした。
(⌒-⌒)それはそれで本人が満足していたからいいかと思うのです。
そんなわけで、わたしは沢山の医師と関わってきて、もしや乳癌かもと思ったとき、何よりもどの病院へ行くかが最重要課題となりました。
ですから、一発でいい医師とめぐり合えたことがどれほどラッキーなことか、今日、今、痛感し、深く感謝です。♪(*'-^)-☆
[PR]

by coo-sora | 2007-02-07 15:28 | 乳がん

「幸せのちから」 見たよ!

派手なアクションが印象深いウィル・スミスの主演。
どんな演技するのかしら?という興味と、やっぱりサクセスストーリーとか親子の情愛とかには弱いので(*^-^)
で、余計な映画評論は横に置いておいて、なんと言ってもウィル・スミスの息子ちゃんはメチャ可愛いかったよ。=*^-^*=
二人の演技も自然で凄く良かったです。特に息子ちゃんは素晴しい演技でした。
ストーリーてきにはちょっとネタばれで、地味な作りで、凄い感動は無かったけれど、じわっとくる温かさと切なさが微妙に良くて涙を誘うものがありました。(/_;)

映画の後は、始めて来たモザイクガーデン(神戸)をプラプラ歩いて・・・ふと、親子連れ(小さな男の子とお父さん)に目がいくわたしでした。
うちも息子二人ですが、長男は何でも相談はわたしで、次男は父親。正確も全く違う二人。長男は父親を反面教師だと言い、次男は尊敬していると言うし・・・何が違うのかしら?同じ様に育てたつもりなのに・・・みんなよく言うセリフだよね(^。^;)
だけどやはり母親の目から見ても、父親の生き様というのは息子の成長に大きく影響するということです。
ま、我家の場合は父親二人状態ですけれどね。(~_~;)
だからか・・・( ̄▽ ̄;)!!
そうそう、思い出しました。
子宮癌の全摘のときでした。
「これで、男に戻れて良かったね。」と笑った息子(当時中学1年生)。
「えっ!!どうして?????」
「だって、今までは偽りの姿で、本当は男だったから。お母さんはめちゃ男らしいもん。」って。Σ(・口・)たぶん精一杯の慰めだったのかしら・・・
だけど、結構的を得てるかもね。(-"-;A ...

「こらっ!!オヤジ、しっかりしろよ!!」
[PR]

by coo-sora | 2007-02-05 16:41 | 心にいいこと

ゆき

目が覚めたら外は雪景色(((p(>◇<)q)))
今年2回目。°。°。°。°。。。°。°。°。°。
すぐそばの小学校の運動場から子供たちの歓声が聞こえてきます。
でも、雪は10時頃には屋根に薄っすら残すのみとなりました。
毎年2.3回は道路にも降り積もり立ち往生する自動車が見られ、自宅マンション前は国道1号線が走っているのですが、大渋滞となります。
でも、今年はスタッドレスに交換しないまま冬が終わりそうな気配です。
(*^m^*)
そういえば甥っ子(小学2年生)が、雪が無くてスキー教室が出来ないかも・・・(/ー ̄;)と、言ってました。
わたしのように傷を持つものは暖かい方が助かります。
今朝のように一気に気温が下がると手術した方の背中から肩腕は硬く重たく痺れた感じがします。温湿布を肩に張って、ホカホカを背中に入れて
(^。^;)イザ出陣!
でもね、ホントはね、雪の日の外出は止められているのです。
もしも転んで尻餅ついたら骨折する可能性が大だからです。
背骨に転移しているので、尻餅でグシャッとつぶれるらしい・・・
で、夕方また降っては大変なので、滑り止めの付いた靴を履いて出勤です!(=⌒▽⌒=)
車だから歩くのは少しなんだけれどね・・・。
でも、雪って、何だかウキウキしませんか?
[PR]

by coo-sora | 2007-02-02 16:22 | 想ひ

またまた 鍼の出番です!

週2回の鍼治療、車で片道50分。
それでも、悪夢の痛みから解放され快適な生活が送れているのですから文句はなし。
車の運転していても痛まなくなったしね。
ヽ(*^^*)ノ
今週は痒いのも治してもらいましたよ。
♪(#^ー゜)v
2.3ヶ月間隔で出る膝の湿疹。いつから始まったのか覚えてません。
もう何年も前から・・・
いつも決まって右足膝小僧から足首まで。
もう痒いのなんのって(ノд・。)1日中めちゃめちゃ痒い。眠りにつくころ身体が温まってくるともっと痒くなり、アルコールなんか飲んだらもう大変!!
ポリポリボリボリ血が出るまで掻いてしまうのです。
そんなことが2週間ほど続き、最後は皮がポロポロ捲れ落ちてお仕舞。(ノ_・、)
膝の皮膚の色も黒く変色してミニスカートは穿けませ~~ん(=^‥^A
それが、どの薬の影響か、前回(昨年11月)からどんどん悪化して、とうとう左足も・・・横腹も・・・。
それで今回日曜から痒いかゆいのが始まったので、この火曜日に鍼の先生に話すと・・・。
ニコッと笑うと、「明日には痒くないからね」って。
え~~っ!ホントかなぁ・・・確かにこの先生は喘息もアトピーも治すみたいだから、これで、痒みから開放されたら凄いよなぁ・・・。
お腹を触って「ほらほらここが熱くなってるよ」と、ちょうどお臍の右横ぐらい。次に背中も触って、ここ痛いと思うよと言われて押された場所(左下の腰あたり)に激痛☆ ̄(>。☆)で、もっと上の背中(背骨より右側)に鍼を1本。
鍼を1本か2本しか使わないのがこの先生のやり方。
お見事!!
痒みは水曜にはほとんど消え、痒み止めの薬は必要なし。
今日の鍼で膝の赤みも殆ど消えてきました。
ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ
何か凄いでしょ!
鍼のツボっていうの、よく分からないけれど、まるで魔法使いみたいです。
主治医の先生は、鍼は理に適っているから、効いているならおおいに活用しなさと言ってくれてます。(東洋医学を嫌がる医師も多いそうですね)
とにかく、痛みも痒みも無く、よく眠れて、食欲もあって、癌のヤツは身体の中にいっぱい住んでいるけれど、わたしは元気です!
\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/
でも、最近はちょっと食べすぎかも・・・
もっと悪くなったらまた強い抗癌剤で食べられなくなるから今のうちに・・・なぁんて言い訳しながらついつい・・・(^^;;
明日からダイエットだぁ~~~~!!
f0116278_19324211.jpg
毎朝、ここからバルコニーにやって来る小鳥を見るのが大好きでぇ~す。 
≦(∩ェ∩)≧...
[PR]

by coo-sora | 2007-02-01 19:39 | 乳がん