<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

最後は鰤 ぶり ブリッツ!

f0116278_1713789.jpg
何だと思いますか?戴き物です。全長95cm。10kgは軽く超えている鰤です。我家のキッチンを片付けて、何とかまな板の上に乗せました。まな板も出刃包丁も一緒に戴きました。プロが使用されるものだそうです。鱗を取るだけでも大変!
(;´▽`A``鱗はあちこち飛びまくり、顔にも頭にもキッチン中はもちろんクウのひげにも=*^-^*=その後は頭と胴を切り離して、さあ!開くぞう~約1時間の苦闘の末、ようやく切り身になりました∑(; ̄□ ̄Aメチャメチャ美味かったのは言うまでもなく
。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。脂がのって濃厚で、お刺身、塩焼き、照り焼きにしゃぶしゃぶに鰤大根・・・鰤料理のオンパレード、そでも我家だけでは食べきれず、妹や友人にもお裾分けしました。一番美味しいと思ったのはカマの部分の塩焼きで、たくさん食べられるのはしゃぶしゃぶ。お腹いっぱい鰤を食べて幸せな1年の終わりでした。来年も美味しいもの一杯食べられるように元気でいたいです。食い気だけか?(*⌒∇⌒*)そう、食べることが一番、食べられなくなったら終わりだもんね。昨年の暮れはまだ味覚が回復してなかったから(副作用で味が分からなくなりました)美味しいものを美味しいと感じられることはとても幸せだと実感してます。さあ、もうすぐ長男が久しぶりに帰ってきます。彼の大好きなローストビーフはすでに出来上がってます。転移していても普通の生活が出来ていることに感謝して新年を迎えたいです。\(^^\)(/^^)/
[PR]

by coo-sora | 2006-12-31 17:52 | 身体にいいこと

わたしって・・・素直じゃない!?

がん患者を励ますって難しいよね。同じ乳がん同士でも、それぞれ進行度が違うから迂闊な事は言えないでしょ。まして、大病したことが無い人、家族もみんな元気で看病の経験もない人に理解してもらうのは難しいよね。同情は真平御免とごく一部の人にしか伝えないで手術に挑んだ2年前と転移してカミングアウトした今と、どちらが良かったのかしら?
自分から言わなくても知った人の口から口へ広がって行くものだし、何処で誰がどう思おうと関係ない。癌と日々向き合って生きているのはまぎれも無くわたしなのだ。
でも、人の好意というものは厄介だ。友人がわたしに内緒で、年明け早々のわたしの誕生日に励ます会を開いてくれる計画を立てていました。でも、その事を他の友人(たぶんわたしがその事を喜ばないだろうと察した)から聞いたわたしは直接その友人に断ってしまったのです。当然、友人はがっかりしたことは言うまでも無く、わたしは、他人の好意が分からないへそ曲がりなヤツになったのです。乳がんになって性格まで変わってしまったのか?折角計画は進んでいたというのに・・・なぜ、「ありがとう」とみんなの好意を受け止められないのか?自問自答を繰り返す。そんな事やってると友達無くすぞ!意地を張ってる訳でもなく、思いやりが分からない訳じゃないつもり、ただ嫌なのです。何年ぶりとかに会った友人に頑張ってねとか励まされても返す言葉もありません。「貴女は絶対まだ死んだりしない!大丈夫だから頑張って!」とか言われてニコニコとかするの?もう、そんなことに疲れたのです。普通でいたい。自然に普段通りの生活が出来ればいいと思う。特別な会なんかでさらし者になるより、気の合う友人とたまに会って食事して、グダグダ子供や旦那の愚痴言って(^。^;)それでいいのです。
わたし間違ってますか?友人たちに悪いことしたかなぁ・・・あなたならどうしますか?自分の気持ちに正直に行動するって難しいね。時には人を傷付けることも覚悟しないとね。元気なときには湧くことのない感情がいろいろ湧いてきて自分でも驚くことがあります。
[PR]

by coo-sora | 2006-12-27 17:49 | 想ひ

今年最後の診察に行きました。

今日は4週に1度のゾメタの日です。しかしそれにしてもですねぇ、近頃のクリニックの混み具合は凄いです。どんどん増えていく患者さん。今日なんかお昼になってもまだいっぱい!!先生が有名になったせいかしら?検査を受ける人が増えたせいかしら?でも、ちょっとお疲れが見える先生の方が心配になります。最後までお付き合い願いたいのですから、身体を大切にと心配する身勝手なわたし・・・(;´▽`A`` 「クリスマスにゾメタをプレゼントって言うのもナンだけど、、ま、いい薬だしね。」と、苦笑いの先生でした。f0116278_18423837.jpg
で、今日はクリスマスなんですが、何だか昨日のイヴでクリスマスも終わったみたいな気がするのはわたしだけでしょうか?今年のイヴは京都の御池にある新風館(中庭)でのクリスマスライブに行ってきました。出演はキッサコ(喫茶去)という京都発のイケメン3人組です。今はCDデビューを果たし、横浜に本拠地を移しています。彼らとは結成前の大学生だったころからの知り合いで、母親のような気持ちでずっと応援しています。3人ともが、声も良くイケメンでお茶目です。。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))
彼らの曲はそうだなぁ・・・昭和の良き時代というか、60年代70年代くらいのちょっとセピア色した感じで、聞いているとホッコリ(癒され和む感じ)します。「ハイム」という曲がデビュー曲で、今は「ラムネ」という5曲入ったCDが売り出し中です。どの曲も凄く素敵です。是非是非一度聞いてあげてください。(@⌒ο⌒@)写真が小さくて彼らの顔がハッキリ見えないのが残念です。
でも、屋外でメチャ寒。一部二部の合間に友人と食べたラーメンが最高でした。黒ゴマが一杯の濃厚な味で、スープをおかずに白ご飯が食べられそうだったよ。
[PR]

by coo-sora | 2006-12-25 19:14 | 心にいいこと

お誕生日おめでとう!!coo!!

そうなんです!今日はcooのお誕生日なんです。巷ではクリスマスイヴとかで賑やかな今日、我家のcooは2歳になったのです。
f0116278_1146177.jpg

当の本人?は、気持ち良さそうにお昼寝中です。我家に来てから1年10ヶ月。ずっと、私の側でわたしを癒し続けてくれたcoo。ありがとう!!
約束したよね、二人で長生きしようねって。あなたの為にもわたしは頑張って治療して元気でいるからね。≦(∩ェ∩)≧...
[PR]

by coo-sora | 2006-12-24 11:55 | coo(=^・^=)

今一番の悩みは・・・仕事

仕事大好き人間のわたし。でも、昨年9月、それまでやっていた仕事を辞めました。知人との共同経営だったのですが、病気療養中のわたしを追い落とすための策略がめぐらされ・・・彼女と彼女の夫にとってわたしの乳癌は渡りに船だったのです。経緯はともかくとして本格復帰を目の前にして、わたしは無職になりました。
そんなとき、手伝って欲しいと誘ってくれたのは15年来の親友です。新しい事業を起こすからと言う事でした。いつ再発転移するか分からない身体、治療を続けながらどれだけのことが出来るのか、左腕も痺れているし・・・でも嵩む医療費を考えると遊んでいるなんて出来ません。何もそんなに急いで仕事しなくてもと大半の友人に止められました。でも、やれるところまでやってみよう!誘ってくれた友人も全てを理解した上のことなのですからと、甘えることにしました。
あれから1年。新規事業は大変ながらも少し方向性も見え、何とか動き出しています。でも、ここに来て友人との気持ちのすれ違いが起きているように感じているのはわたしだけでしょうか?友達同士の甘えも手伝ってか、病気のわたしを気遣って言ってくれている事でさえ素直に取れないわたしがいます。もっと、素直に理解すればいいものを、言葉の裏を勘ぐって憤りを感じたりするのです。彼女が何気なく言った言葉に傷付いてしまうのです。転移してからは余計そうです。いったい残りの時間はどれだけあるの?5年以上頑張っている人も沢山いますよね。でも、普通に仕事はいつまで出来るのでしょうか?そんな事考えると仕事だけで終わってもいいの?他にやりたいことはないの?このままでいいの?納得のいく行き方をしたい!妙に焦ってしまいます。残りの人生をどう生きるのか?まだ残りなんて思うのは早いのか?いろんな乳癌患者のブログを参考にと読み漁る毎日です。自分が考えていた以上に我儘で弱虫のわたしがいます。しこり発見から2年。毎日の生活に流されることなく、しっかり自分の足で立たなければ。他人の言動にクヨクヨしてないで腹を括って生きなければと、思うほどに焦ってしまう今日このごろです。f0116278_19181067.jpg

cooはいつもわたしの胸の谷間(もう無かった(/≧◇≦\)に座り込んで眠ります。そのうち肩を枕代わりにスヤスヤ。cooの寝顔を見ている時、小さな幸せ感じます。
\(o⌒∇⌒o)/
[PR]

by coo-sora | 2006-12-22 19:30 | 想ひ

神経性頭痛は・・・

土曜からの頭痛(_ _,)ゞ と背中の痛み。ありゃぁ~(-_-;)白血球が低いので風邪対策は万全のつもりだったのにぃ~どうも体調が良くない
(* ̄□ ̄*; 朝が起きれない、10時11時・・・イカンイカン寒いけど起きなければ・・・今日は大掃除をする予定なのだ!けど、結局ズルズルとベットから起き上がれず。日曜日も全く同じ。友達が来るというので何とか起き上がるが、、、まるでナマケモノ状態(><)こんなことは最近珍しい。やっぱり風邪引いたかなぁ・・・。背中が痛くて寝てるのもしんどいし、頭痛はするし。ちょっと最近調子良かったから頑張りすぎたのかしら!?月曜も仕事休んで一日中ゴロゴロ(‥;)身体が重くて動けんよ~~~
で、今日は鍼治療の日。とにかく症状を全部話す。鼻水も寒気もないから風邪とは違うねと、背中全体に手を当てて(行くと必ずされます)「あっ、これこれここに出てるよ」と言いながらある一箇所を押されて悲鳴を上げたわたし~(>_<。)ゝ 「また、何に神経を使ってるんや?この病気は神経使いすぎてストレスたくさん溜めたのが原因なのに、また余計なことに神経使ってるやろ?ダメダメ楽に生きなきゃ!これは神経の使いすぎ。だからここが痛くなるんやで」と、背中に1本の鍼を20分間刺して治療は終わりました。さあ、それからが大変です。眠くて眠くてヽ(´◇`)ノ 通常、治療の後は30分くらいは休憩室のリクライニングシートで仮眠を取ってから帰宅するシステムなのです(中には鼾かいて眠っている人も)が、今日は帰り道も(-_\)(/_-)(-_-)゜゜゜眠くて眠くて、でもそれを過ぎたらだんだん頭痛も和らぎ今はすっかり治ったです。
~\(^-^)/とにかく凄いよ!!鎮痛剤を飲まなくても痛みがスッと取れてしまうのですから。「これはすぐ治してあげるからね」との先生の言葉通りでした。今や鍼治療はわたしの駆け込み寺です。
o(*^▽^*)o~♪
何に神経を使っているかは、また今度ね。
[PR]

by coo-sora | 2006-12-19 16:12 | 身体にいいこと

やってきた副作用

今日は最初の治療での副作用について話します。
《ホルモン治療》
タモキシフェン(毎日1錠) LH-RHアゴニスト製剤(4週に1回注射)
1月28日にスタートして、いきなりその日のうちに顔が真っ赤にのぼせて微熱(37度)発汗。それからはほぼ毎日、1日に何度もホットフラッシュ(のぼせ・発汗)が起きました。発汗は冬なのに頭から顔からズックリです。汗が吹き出るという体験を始めてしました。これは、骨転移で薬を変更するまで毎日続きました。夏でもないのに汗びっしょりというのはちょっと恥ずかしい時も・・・ありです。一番困ったのはメイク中に汗でメイクが崩れてしまい悲しい思いをしましたよ。
(; ̄ー ̄川 (; ̄ー ̄川 (; ̄ー ̄川  あとは、太りました。代謝が低いからすぐ太るので結構食事はセーブしないといけないみたいです。
《放射線治療》25回+5回
抗癌剤投与と重なった日は患部が真っ赤にほてる。
28回目くらいで皮膚の薄い部分がジュクジュクして皮がめくれる。
《抗癌剤治療》
タキソール(2週に1回を12回)
7回目から1.5倍量に増える。
白血球2200まで下がる。身体がだるくて動けない日がある。調子がよくて出かけると次の日は1日中起きられなかったり。何もする気が起こらなかったり。7回目から増えたのは4月に検査した骨シンチで微妙な影が写ったから念のために。それで、それからが大変でした。それまで、何とか抜けなかった髪も団体で抜け始め、発熱する日が増え、3ヶ月近く平熱には戻りませんでした。平熱が低かった(35.6度)わたしは、37.5度を過ぎると結構しんどくて、それにホットフラッシュがプラスして、5月6月7月は何度もう嫌イヤいや!!と、思ったことでしょうか。そのころは精神状態も悪く、人生悲観してこんなにしんどい思いして、家族には迷惑かけるし、もう一人前の人間として何も出来ないのでは・・・とか。死んだほうがましかも・・・なんてことも考えたかな。それにね、やっぱり髪は女の命なのです。顔に増える黒い染みも気になりますが、ボロボロになった爪はマニュキアで誤魔化せるけど、髪の毛はただもう悲しくて悲しくて、髪を洗うのが恐く、朝1番にすることは枕に付いた髪を拾うこと。わたしの唯一の自慢だったストレートの長い髪、抜けるのを覚悟である程度は短くしてはいたもののショックはかなりのものでした。。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。それでも幸せなことに百歳くらいのお婆ちゃんくらいの感じで止まりました。百歳くらいの・・・って、想像できますか?スカスカで地肌丸見え、前髪はそこそこあるけど後ろはスカスカで、合わせ鏡で見ると別人でした。とうとうカツラのお世話になることになったのは、タキソールが終わり、久しぶりに平熱に戻った8月3日でした。夏の一番暑いときにカツラだなんてと思う人もあるかもね。でも、帽子を被り続けるのも変だし、とにかく普通におしゃれして外出したいという思いで一杯になったから、ならばケチケチしないで専門店でいいものを作ろうと思い、医療カツラで有名なお店へ出かけました。(このお話はまたね)そのお店で聞いた事・・・抜け方はホントに個人差がありいろいろで、生えるとき一番遅いのは後頭部だそうです。確かにある程度元に戻るのに最後まで掛かったのは後頭部でした。今はようやく生え揃った感じですが、ゾメタやフェマーラが効かなくなったらもう一度タキソールをやるとのことですから、今のうちにいろいろ髪型変えて楽しまなくちゃね!(⌒~⌒)
[PR]

by coo-sora | 2006-12-14 18:22 | 乳がん

腫瘍マーカー下がった!!

\(≧∇≦)/
下がりましたよ。この春からジリジリ上がり続けた腫瘍マーカー(CA15-3)です。骨転移が見つかってから全ての薬を変更して1ヶ月で上昇はストップし、2ヶ月で大幅に下がりました。
主治医もわたしも、薬が効いて上昇が止まればそれで良し!と思ってましたから、下がったことはめちゃめちゃ嬉しいです。しかも大幅ダウンです。それで思うのですが、このダウンには週3回~2回の鍼治療もいい結果をもたらせていると思うのです。骨転移による痛みはスッカリ取れ、ぐっすり眠れるようになり(それまでは夜中に何度も目が覚めて、睡眠薬の助けも必要でした)食欲も増えました。口の悪い友人は、「どこががん患者なんか!?わたしより元気やん!!」と(⌒-⌒)そりゃそうですよね、東京へ行ったかと思えば今度は兵庫県へ蟹食べに・・・ですから。とにかく勝手なもので痛みが無くなると病気の重さも違って感じます。眠れると精神状態も良くなるしね。免疫力も凄くアップしてるみたいに思えます。で、この状態はいつまで続くのかという不安はありますが、今は考えないことにします。1時間でも1日でもたくさん楽しい時間を過したいからね。f0116278_1528569.jpg
(このツリーは日曜に行った大阪のリッツカールトンのです。全てが赤と白のブリザードフラワーで出来ていて見事です。ホテルの雰囲気にピッタリです。)

それで鍼ですが、毎回1本刺されるだけなのが凄いです。今までも他の治療院で何度か鍼治療はしましたが、殆どの場合がハリネズミ状態(-。-;)でしたから。最初の数回は2本で後はずっと1本、この治療方法が先生の特徴みたいです。それに初回は2時間もの問診があり、西洋医学の医師も勉強に来られているみたいで、わたしの病状も相談してくださってるみたいです。そんなわけで、癒し系の先生の笑顔も手伝って(先生は60代)いつも患者さんは山盛りです。
o(*^▽^*)o~♪わたしの場合は薬(ゾメタ・ゼローダ・フェマーラ)と鍼が上手く相互作用してマーカーのダウンに繋がったのではと思います。西洋医学と東洋医学のお二人の先生に感謝感謝です。この間に体力づくりに励み、次の段階に備えたいです。
[PR]

by coo-sora | 2006-12-12 16:07 | 乳がん

放射線治療~我家に猫が来たまで

2005年2月25日 医大へ放射線治療計画に行く。
医大は8年前に子宮がんの手術をした病院だし、今も定期健診に通っているから慣れた所・・・のつもりが(-。-;)長~い廊下の先を別棟へ・・・めちゃ分厚い鉄?の扉があってその向こうにまた扉があって待合室。その向こうは幾つかの部屋に分かれていて、何故かパステルカラーの扉と廊下。患者の心を和ますためなのかしら?と思いながら恐る恐る中へ。部屋の中央には大きな機械とベット。
Σ(; ̄□ ̄A ドキドキがピーク!!逃げ出したくなるけど・・・上半身裸でベットの上へ。それからはわたしの身体はキャンバス状態。写真を見ながら測りながら何やら描いてる様子。ドキドキするやらくすぐったいやら(>▽<;; 「はい、終わりましたよ。放射線は月曜から始めますからお風呂に入って消さないようにね」と、言われて終了。
 さて、わたしの場合すでに抗癌剤治療もホルモン治療もスタートしているのに放射線治療も同時に進行することになったのは、「何故同時進行してはいけないのかきちんとしたデーターが出てないので、せっかく上手く鎖骨下のリンパ節転移まで取れたのだから、1日も早く放射線治療をやっておきたい。」と、言う医師の言葉に「ま、いいっか、もし酷い副作用が出てきたらその時に止めればいいのだから・・・。」と同意せてスタートになりました。また、個人病院ですから当然放射線治療施設はなく自宅に近い総合病院へ行くことになったわけです。
2月28日 放射線治療のスタート
エッ!!これだけなの?!っていうのが感想です。ほんの数分で終わり、痛くも痒くも無く、簡単に終わってしまったからです。それから、計30回の治療が月曜から金曜まで毎日続きました。そんなある日気付いたのです。当たり前の事ですが、放射線科の待合室にいるのはがん患者ばかり・・・頭に毛糸の帽子やターバンの人。カツラの人。車椅子の人。ベットに寝たままの人・・・何だか自分の行く末を見ているようでどんどん気持ちが落ち込んでいきます。
( ̄□||||!!
そんなわたしの心を癒してくれる家族が増えたのは3月1日です。
f0116278_16285618.jpg妹からのプレゼントです。ペットショップへ見に行くと、なんとわたしと同じ誕生日のアメショー(じっとしたまま動かないめちゃオトナシ子)と、めちゃヤンチャそうなクリスマスイヴ生まれのロシアンブルーがいて、わたしとしては同じ誕生日ということで気になったのですが、やんちゃな方が強くて病気とかしないかもよという妹のアドバイスでロシアンブルーに決定しました。っていうか、動物好きの妹(犬を2匹飼っています)と違って、猫なんかに癒されたりするのかしら?手が掛かるだけじゃない?それでも散歩行かなくてもいいしなぁ~ってことで猫に決めたわけです。で、買ったはいいけれど名前を考えるのが大変で、いろいろ迷った挙句、連想ゲームで、ロシアンブルー⇒ブルー⇒空⇒クウとなりました。~\(^-^)/アッ!脱線してるし、、、この子のお話はまた後日に。
そうなんです、全ての治療を同時進行した結果ですが、それほどの副作用は無かったような、ひとつひとつの治療の特徴的な副作用はしっかり出てましたが、果たして別々にやっていたら何も出なかったとは言えない様に思いました。ただ、タキソールの点滴を朝からやってそのまま医大で放射線を受けた時は胸が真っ赤になりました。それで、終了間近には腋の下や乳首、乳輪など皮膚の薄い箇所はジクジクして爛れたようになりました。それは塗り薬を2週間も続ければ治り、カサカサになって皮がめくれてキレイに治るのに1ヶ月ほどでした。たぶん軽いヤケド状態だったのでしょうか?今はとてもキレイですよ。そんなことで、毎日通う労力が一番大変だったように思います。
難しいことは分かりませんが、放射線治療は恐くありませんよっていうのがわたしの結論です。
次回は副作用についてお話します。
[PR]

by coo-sora | 2006-12-09 17:23 | 乳がん

カニ 蟹 カニ

兵庫県の香住へ蟹を食べに行ってきたよ。
車で片道4時間の道のりです。転移している骨がまた痛み出したらという不安はあったけれど、今年行かねば来年は分からないぞ!って奮起しました。いつも香住から取り寄せているのだけれど、今年は毎年香住へ蟹を食べに行っていた父が7月に亡くなり(胃がん)その供養という理由をこじつけて行くことにしたのです。で、雪の心配もしながら父が残した四駆に乗り込んで出発しました。8年前に同じ頃行った時は大雪で、一面銀世界の中を、道路はアイスバーンていうのかしら?まるで遊園地の乗り物に揺られているみたいで、まだ生後半年の甥は大はしゃぎの挙句発熱したのでした。(-。-;)因みに今回は折角食べた蟹を気分が悪くなって戻してしまいどうも彼にとっては相性が悪いようです。そうそう蟹料理は、刺身、フライ、焼き、鍋とお腹一杯になり満足満足~\(^-^)/ でも、でも、ひとつ疑問が・・・頭の部分(ミソ)が出てこなかったのです(~_~;)昔は出たような気がするのだけれど・・・ミソは何処へ行ったのか???が、しかし誰も聞く勇気がなく、「ミソは出ませんでしたね」の一言が聞けなかった小心者家族なのでした。(>▽<;;   翌日は城之崎マリンワールドでイルカとアザラシのショーに感動でした。f0116278_1943054.jpg
中でも白雪姫をなぞったアシカのショーはなかなかのものでしたよ。おとなでも結構楽しめましたよ。o(*^▽^*)o~♪しばし病気のことを忘れたいい時間でした。写真は大水槽の中を泳ぐマンタです。水槽の上部は蓋がしてないので手が届きそうな所まで近づいてきますから、凄く間近に見ることが出来ますよ。山陰へ旅をした時はお薦めですよ。
[PR]

by coo-sora | 2006-12-06 19:56 | 心にいいこと