<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

入院から退院までの経過

さて、今日は入院中の経過を書くことにします。

2005年1月11日 すでに検査で左乳房の上部と数個のリンパ節転移があるだろうとのこと。手術は乳房温存術であること、しかも乳腺内視鏡手術(乳輪周囲を切って、表面をテントのように持ち上げて中の悪いところだけくり抜くみたいな)であること。リンパ節は腋窩になるからほとんど傷は目立たないとの説明でした。と、言われても何せ初体験(お腹は切ったことありますが)自宅に帰ってインターネットで検索しまくりでした。
この日、検査技師の方が言ってくださった素敵な一言。
「あのね、神様は試練を乗り越えられる人にしか試練を与えないの、だからきっと乗り越えられるよ!」

1月17日 入院  CT検査(肺、肝臓等への転移は無い)

1月18日 手術前日、励ましに友人が訪ねてくれる。大好きなコーヒーをポットに入れて、1人はCDを10枚以上、1人は本を10冊以上持参で、手術の話は全くなし。気遣ってくれているのがよく伝わってきました。(^人^)
22:00から絶食。よく眠れるようにと睡眠薬が出る。

1月19日 手術  朝早く目覚める。やはり神経が興奮しているのか夜中に何度も目が覚める。朝までが長い。 
手術室へは点滴を押しながら自分で歩いていく、妹の精一杯の笑顔に見送られながら。長男には簡単な手術だから仕事を優先するようにと促し、次男は合宿自動車免許教習に行かせる。母はこれくらいのことでへこたれませんと強気なところを息子たちに見せて・・・。もちろん泣き顔も見せません。それでも長男は本心を気づいていて、苦笑い。次男は母を鉄の女だと思っているみたい。本当は泣き虫のわたしだけれど、息子たちの前では鉄の女を演じます。因みに父もわたしのことを鉄の女だと言う。それは、母が亡くなった時に涙を見せなかったから。事実、本当に泣いたのは数年経過してから、お墓の前で号泣しました。あんなに泣いたのは初めてかも。(;´▽`A``

1月20日 朝から普通食。鎮痛剤を服用のため痛みなし。

1月21日 便秘(入院してからでてない)

1月22日 点滴終了。下剤でほんの少し出る。
ヾ(@^▽^@)ノ 子宮がんの手術以来便秘にはかなり神経質になっているみたい。
1月25日 抗癌剤をすることを決める。
手術の結果、乳房の上部10㎝四方を取り除き、リンパ節転移が12個もあったことから、今後の転移の可能性大。アメリカのがんセンターのHPにアクセスして調べると、手術しただけだと
5年生存率17%、化学療法、ホルモン治療、放射線治療の全てをした場合でも48%と出る。それって、5年以内に死ぬ確率が5割か?5年以上生きられる確率が5割か?そんなこと言ってる場合じゃない。やるしかない!でも、副作用は?髪は抜けるの?わたしの唯一の自慢は髪。中学生のときから伸ばしている黒髪。抜けてしまうなんて・・・どれほど辛いのか想像も出来ない。でも、命と引き換えには出来ない・・・と、誰もが言う。だからと言って抗癌剤が効いて再発転移しない保障はどこにも無い。どうする?どうする?頭の中で堂々巡り。

1月27日 1回目の抗癌剤投与(タキソール)初めてなので5時間ほどかけてゆっくり落とす。
その日の日記から「点滴の1滴1滴が命の時間のように思える。生きたい、生きたい、生きたい・・・」夜、発熱、殆ど眠れず。点滴に吐き気止めが入っていたので吐き気はない。

1月28日 ホルモン治療開始(LH-RHアゴニスト製剤 お臍の下くらいにバキュンと注射)午後から顔がのぼせて赤くなる。

1月30日 ようやく抜糸 傷は乳輪の周囲なので殆ど目立たなくなるそうです。腋はえぐれた感じ。どちらも引きつって硬くてジーンと痛む。

2月7日  退院 ~\(^-^)/
ま、こんなところかな。
思い出しながら書いているとズーッと昔の出来事のようにおもえてくる。
その当時の日記を読み返すとかなり思いつめていたのだと苦笑いしている冷静な今のわたしがいます。当時より今のほうが進行しているのに変ですね。
[PR]

by coo-sora | 2006-11-29 18:30 | 乳がん

今日はゾメタの点滴です

9月末に骨転移が見つかって以来、今日で3回目のゾメタ投与です。春以降ジリジリと上がりだした腫瘍マーカー(CA15-3) 7月末にCT、8月初めにマンモを受けましたが異常なし。「たまにこういう人もいるから・・・また下がるかもしれないしね。」と、もう少し様子を見ることになりました。しかし9月に入ってマーカーは上昇を続ける一方なので、9月14日RETを受けました。内心、残るは骨か頭と思っていましたので、かなり覚悟しての検査でした。やはり1週間後の診察で骨への転移が疑わしいと告げられました。で、この日から薬の変更となりました。抗癌剤はゼローダ300へ、ホルモン治療はフェーマーラ2.5mgへ。そして転移の場所を確定するために骨シンチを受けました。結果は、骨盤、右大腿骨の付け根、背骨に小さいのが7箇所と計9箇所の転移が見つかりました。
。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
覚悟もしていたけれど、まるで待ちに待ったものがようやく到着したような妙な安堵感は何なんでしょうか?ショックとホッとした気持ちが交合にというか、交差するようにというか・・・妙に落ち着いているわたしがいました。そして主治医の先生はニコッツと笑って「すごくいいタイミングでいい薬が出たんだよ!今までもあったんだけれど最近改良されて凄くパワーアップしてね、値段も安くなったし、きっといい結果が出るからやってみましょう。早速今日からね。」ってことで、ゾメタ(骨転移抑制剤)の開始となりました。ゾメタは点滴で20分くらいかな。
f0116278_18483970.jpg点滴が落ちるのを眺めながら、これからが長いのか、短いのか、わたしの骨はどうなるんだろう?次はどこに?そんなことばかり考えていました。
でも、いつか来る今日の日が恐くて恐くて想像しては落ち込んでメソメソしていた時より何故か気持ちが落ち着いたのは事実です。リンパ節転移の数からして、早いうちに転移再発は免れないだろうと思ってましたから。転移したからには完治はない。そう腹を括ると(これを居直るというのかしら)人は強くなれるのでしょうか。この日からわたしは自分のことでは泣かなくなりました。そうそう、泣くと我家の三男坊主(ロシアンブルーのオスCOO)はわたしの顔を手(前足)で触りにくるのです。慰めてくれてると思いたいのですが、どうやら涙に興味があるみたいです。o(*^▽^*)o
わたしの闘病生活を最初から見守っていてくれる可愛いヤツです。
[PR]

by coo-sora | 2006-11-27 19:14 | 乳がん

東京タワーに行ったよ。

今日は念願の東京タワーへ行きました。先日、テレビドラマで[東京タワー]を見て以来東京タワーに行きたくて。考えたらまだ一度も東京タワーには行ったことがないと気が付いて・・・。でも今日は土曜日で、しかも日没時に行ったものですから凄い行列、40分待ちでした。(いつもこうなのかしら?ドラマの影響もあって混んでるのかしら?とか思いながら最後尾に並びました。)で、若い人たちの中には行列を回避して階段を昇る人も・・・あと10年若ければ、いや、15年かな・・・とか思いながら、ちょっと羨ましいなあと横目で見ながらエレベーター待ち組みのわたし。(;´▽`A`` でも念願の東京タワーに昇れて幸せ!!~\(^-^)/ それにエレベーターから外が見られるなんて知りませんでした。高い所大好きなわたしは大満足。f0116278_17583012.jpg
望遠鏡で覗いたらオフィスの中がハッキリ見えてびっくり!東京プリンスホテルパークタワーのイルミネーションがステキでしたよ。
[PR]

by coo-sora | 2006-11-25 20:44 | 心にいいこと

乳がん発見から放射線治療まで

2004年12月   左胸上部にしこりを見つける。
2005年1月4日 乳腺外科へ検査に行く。マンモ・超音波・触診で80%以上の可能性で乳がんを告げられる。
1月11日  細胞検査の結果が出る。乳がん確定。
1月17日  入院。CT検査の結果、肺や肝臓への遠隔転移は無いと判断される。
1月19日  手術 (腫瘍2・5㎝で乳房温存術・リンパ節転移12箇所取る。)
1月27日  第1回目抗癌剤投与(タキソール) 以降、2週に1回を12回。
1月28日  ホルモン治療開始(閉経前なのでLH-RHアゴニスト製剤、4週に1回。タモキシフェンの服用)
2月7日   退院  (^-^)//""
2月10日  タキソール2回目。飲み薬フルツロンがプラスされる。
2月14日  ひどい便秘に苦しむ(生まれて初めての経験かも。下剤でもなかなか出ない。)
2月20日  ウォーキングを始める(10分歩いただけで息切れする。)
2月21日  ウォーキング10分も歩かないうちに足が痛くなる。歩き疲れた痛みとは違う感じ。
2月22日  痛いの我慢してウォーキングする。
2月23日  とうとうひどい腰痛になりマッサージを受ける。
2月25日  放射線科へ治療計画を立てに行く。
2月28日  放射線治療開始。25回+5回の予定で土日以外の毎日通院する。
以降、桜の満開を迎えた4月まで放射線治療は続きました。手術の結果や抗癌剤の副作用については次回にします。
[PR]

by coo-sora | 2006-11-24 19:19 | 乳がん

今日は母の命日です

朝から鍼へ行って、帰りにお墓参りをしました。
「お母さん、わたしは元気だよ。頑張ってるからね!まだへこたれませんよ。だから、まだまだそちらには行きませんからね!!」そんなことをブツブツお墓に向って独り言(^。^;)
母は19年前に卵巣がんで亡くなりました。発病したのはその4年前。卵巣が腫れているので取りましょうと局部麻酔で始まった手術は、お腹を開けてびっくりの状態で、急遽全身麻酔に切り替え、婦人科の先生から外科の先生に交代ということになり、すでに詰まっていた腸のバイパス手術へとなったのです。そして、術後、医師から告げられたことばは、「来年の桜を見るのは難しいでしょう。」でした。もちろん母には告知できず、悪かった子宮と卵巣を取ったとだけ話しました。そしてそれからはウソの上塗り。抗癌剤も丸山ワクチンも母には他の薬だと誤魔化しての治療が始まりました。激しい副作用と闘いながらも母は日増しに元気を取り戻し中2年間は普通の生活が出来ました。結局何が効いたのかは分かりません。23年前癌にいいと言われるもの全てを試したと思います。そして、母の卵巣がんはどうやらわたしの乳がんとなって体質的に受け継がれたようです。わたしは体質も性格も母似のようです。でも、全てパーフェクトにこなし、良妻賢母を絵に描いたような女性でしたから、わたしとは大違い。母を超えることは先ず不可能。でも、ひとつ超えられるもがあるとしたら、それは年齢です。母は54歳で亡くなってますから、あと5年は頑張らないと。だから、まだまだ、骨転移ぐらいでくたばってなんかいられません。\(*⌒0⌒)b  主治医曰く「骨転移ぐらいで死にはしません。」
なんて力強いお言葉でしょう・・・。
[PR]

by coo-sora | 2006-11-24 16:07 | 乳がん

検査結果お知らせの朝は

突然ですが、自己紹介を・・・
わたくしオバサンです。乳がんになって2年。
今日は乳がんの経過をお話します。
2004年12月上旬入浴中にしこりを見つける。
12月中旬 しこりに痛みが出る。見た目でも腫れてるのがわかる。
乳がん確実と自己判断。とにかく仕事をやっつけてしまって引継ぎが出来るようにと頑張り、家も片付ける。一応これでも主婦。息子二人の母だから。
無事、お正月を迎え、
2005年1月4日 ネットで検索して乳腺専門医院を探し検査に行く。
触診、マンモ、細胞診、超音波検査を受ける。
この時点でほぼ乳がんに間違いないだろうけれど・・・とにかく細胞検査の結果を待ってからと。
結果が出たら電話で連絡しますとのこと。
ガァーーーーーン!!Σ(|||▽||| )
ヤッパリ!!でも、でも、でも、何でわたしなん???
でも、でも、でも、また、わたし!!
そうなんです。癌患者になるのは2回目なんです。以前は8年前に子宮癌になったのです。
どうしてわたしばっかり!!わたしの人生何にもいいことないし・・・最低!!
何処をどうやって家まで帰ったのでしょうか。今から思うと恐いですが、自分で自動車を運転して帰ったことは間違いなし。(みなさん、検査に行くときは歩いて行きましょう!)
で、そこからが大変です。家族に何て伝えればいいのか?
誰に言って誰には言わずにいようとか・・・。
「とにかく細胞検査の結果が出ないとはっきりした診断は出来ないみたいよ。でも、たぶん乳がんかな?!」と、精一杯の笑顔を作って話す。
そして、電話がなったのは、なんと、わたしの誕生日の朝。
まだ誰からも「おめでとう」の言葉を聞く前にクリニックの先生からの言葉。
「やはり、悪性と・・・・・手術の相談をしたいので来院してください」
どうしてよりによって今日なの?何て惨い誕生日プレゼントなんだろう。
わたしが何を悪いことしたんだろう?これは神様の与えた罰なら、わたしは凄く悪いことをしたに違いない。いったい何をしてしまったのか・・・頭の中はそんなことがグルグル回り支離滅裂。
でも、もう涙は出ない。それまでに散々泣いたこともあるけれど、だんだん腹が立ってきた。神様はどれだけわたしを不幸にしたら気が済むのか!!
そんなことをずっと呟いていたような・・・。
次回は手術の経過を書きます。
[PR]

by coo-sora | 2006-11-21 18:10 | 乳がん

鍼治療に行ってます!

今日は鍼治療に行ってきました。
足や骨盤、背骨に骨転移が見つかったある日、とうとうやって来た痛烈な痛み。(><)
だるいし、痛いし、足は抜けそうな感じ・・・もうアカンかも。痛みがないときはこれくらいの転移はナンノソノって、まだ余裕があったのに。痛くなったとたん泣きべそ・・・(T。T)
絶望感と、こんなことぐらいでへこたれてしまっている自分も情けないし、落ち込むだけ落ち込んで鎮痛剤を飲んでなんとか気持ちを立て直そうとするのですが。
痛みがこれほど辛いとは思いませんでした。神経がまいってしまう。おまけに冷静な判断が出来なくなってしまう。痛みが起きるのは癌がどんどん成長しているからに間違いなく・・・。気持ちがどんどん暗くなるのは当たり前で、お先真っ暗って感じでした。
そんなわたしを救ってくれたのが鍼治療でした。凄い先生がいるからと紹介してもらって、駄目もとで行ってみました。(先生ごめんなさい) で、たった2回で鎮痛剤は必要なくなったのです。鍼灸院の先生曰く、わたしの身体が凄く鍼に反応しやすいのだそうですが、先生の腕も凄い!ただただ感謝です。今日で18回目、わたしは元気です!次回はもう少し詳しく書きます。
[PR]

by coo-sora | 2006-11-20 18:16 | 乳がん

お初です!

あれから2年の月日が過ぎました。
f0116278_17103666.jpgそうしてようやく何かの形で残しておきたという気持ちが沸々と湧いてきたのです。
で・・・パソコンの前に座ったしだいです。

転移こそしたけれど、わたしは元気です!!

泣いて喚いて怒って拗ねて・・・そして笑って・・・
そんなわたしの今日までと明日からを少しずつ記録していきます。

(写真の桜は二日前、岡山県の後楽園にて撮影)

あれは2年前の今頃、仕事の疲れはあるにしても、どうも体調が悪いのです。
夜もあまり熟睡できず、食欲もないし、下痢は続くし・・・
とにかく身体が資本とばかりに仕事をしてきましたから、こんなことぐらいじゃ休んではいられません。その頃のわたしはそこそこ重要なポストにいたものですから全てが仕事中心の生活でした。そして、異変に気付いたのは12月に入ってすぐのころでした。
ある夜、お風呂に入って身体を洗っている時に触ってしまったのです。
あれっ!!何これっ???
昨日までなかったよなぁ~何で今日あるの?
何じゃこりゃっ??全身から血の気が引くのを感じました。
心臓がドンドン早くなります。でも、打ち消したのです。
これはガンじゃない!ただの乳腺炎かオデキだよ、って・・・。
[PR]

by coo-sora | 2006-11-18 17:33 | 想ひ