カテゴリ:映画を見て( 23 )

ブラッド ダイアモンド

今日が最終日と知って映画館に滑り込みました。
感想は難しくて書けません。
ただただ悲しみが深く・・・深すぎると涙も出ない。
ホントに世界のこと何も知らないんだって、いつものことですが、今日も痛感しました。
時折流れる海外ニュースを目にしても、遠い国のこととしてしか捉える事が出来ません。
今現実のこととして感じることも難しい。
人の命が虫けらのように・・・という言葉が現実。
いったいどれ程の命が失われたのでしょうか・・・。
あまりにも幸せな国、日本にいて気付かないことが多く、どれほど今が幸せなのかも感じなくなっています。
不平不満ばかり、贅沢なこと言ってばかりで・・・
でも、それを知ったからといってわたしに何が出来るのでしょうか・・・。
まだ、20万人もの子供兵がいるそうです。
先進国の利益のためだけに犠牲になっている人々。
人間の驕った気持ちの結果なのでしょうか・・・。
先日観た「バベル」を思い出しました。
心が痛い映画でした。
映画が終わった後も、一緒に見に行った友人としばらく会話も出来ず、ただ黙って歩いていました。

そうそう、デカプリオが凄くいい役者さんになっていましたよ。
[PR]

by coo-sora | 2007-05-18 23:00 | 映画を見て

母の日はやっぱり・・・

「眉山」でしょう!って、何故か思い込んでしまって映画館へ。
公開二日目だし一杯かと思いきやガラガラ・・・(・・;)
えっ!どうして?
人気ないんだね・・・(^。^;)
でもわたしは今日は母を思い出して思い切り泣きたい気分だから。
母が亡くなって19年が過ぎました。あと4年で亡くなった母の年になります。
そう思うと若い死だったと。
いろんな想いを抱いたまま旅立ってしまった母の悔しさが心に今だ強く残ります。
わたしの目標は、とにかく母の歳を越すこと。
そんな事を思い、「メゾン・ド・ヒミコ」も「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心監督作品となれば、さだまさし原作の「眉山」をどう描くのかと期待もふくらむ。
ところが・・・。
非常にオーソドックスで、いい映画なんですが・・・。
ちょっとガッカリ。
スートーリーを忠実にさらっと再現しただけにとどまり、何か物足りない・・・。
涙もあまり出ませんでした。
温かいものはあるけれど想像出来る範囲のものでした。
もっと掘り下げることは出来なかったのかしら?
もう少し的を絞ったほうが良かったのでは・・・とか生意気にも思ってしまいました。

ただ、わたしも死ぬまで凛としていたいと思いました。映画の中のお母さん(宮本信子さんは実にかっこ良かった!)のように。死ぬその日まで泣き言ひとつ言わなかったわたしの母のように・・・。
そして是非、徳島へ阿波踊りを見に行きたいです。
[PR]

by coo-sora | 2007-05-14 16:38 | 映画を見て

バベル

世間ではゴールデンウィーク・・・でも我家の息子たちは帰ってこず。
長男は仕事。次男は合宿で小淵沢へ。
で、一人淋しいわたしは家の掃除に冬物の洗濯と片付けに読書。
読んだ本は、小倉恒子さんの「Will 眠りゆく前に」と「あなただってがんと一緒に生きられる」の2冊です。
彼女は耳鼻咽喉科の女医さんで、乳癌患者で、共感するところが沢山あります。
医師であっても実に人間臭いというか、いつも冷静沈着でなく、ジタバタされることもあり、医師でも怖かったり辛かったりするんだものわたしが辛くて当たり前、泣いて喚いたって当たり前だよねとか勝手に思ってます。今は骨、肺、肝臓と転移されていますが、それでもまだ医師として仕事をされていて一家を支えておられるのですから驚くとともに、ホント励みになりますよね。

そして、最終日の今日は映画「バベル」を見てきました。
雨降りということもあって映画館は人人人・・・
1時間半も前にはチケット売り切れ近い状態になるなど、先ずは、チケット買うまでハラハラでして、なんとか一番後ろの席を確保。
ヤフーの映画評なんかを読んでるとあまり良くないのでどうかな?って思いながら・・・。
先ずは、ストーリーうんぬんより菊地凛子さんの目が凄く印象的で、しばらくは脳裏から離れそうにありませんね。「届け心」というテーマの大きさからすると少しもの足りなく、モロッコの少年たちも、日本の親子もメキシコの親子ももう一歩踏み込んで描いてほしいと思いました。でも、これ以上深く描くといろいろと支障があるのでしょうか。21グラムと同じ監督だったんですね。確か21グラムは魂の重さ・・・とか。
「バベルの塔」は、人間の傲慢さを神が戒めた象徴であります。だから、世界中の言葉はバラバラになってしまったのですよね。両方とも大きなテーマですよね。
彼女の住む東京の高層マンションが現代のバベルの塔なのですよね。そう考えると、言葉が通じなくなっている現代の日本が納得ですね。

さてさて、ゴールデンウィークは終わりました。
今夜は珍しく二人の息子から電話がありました。
長男は月火と休みなので明日帰るからと・・・次男は元気かぁ?って。
おいおい、お二人さん母の日はまだだよ!
ヾ(@~▽~@)ノ
明日の夜は焼肉にしようかな。すき焼きか、しゃぶしゃぶか・・・な。
。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。
[PR]

by coo-sora | 2007-05-07 00:54 | 映画を見て