カテゴリ:想ひ( 80 )

便りが無いのは元気な証拠

お陰様で今回は比較的軽い副作用で済みました。
それでも身体はだるくて数日は何もせずにいましたが・・・^^;
吐き気がなっかたのはホント助かりました。

そして、ブログを始めて3年が経過しました。
転移して、これからずっとこの病と付き合っていくことを覚悟して、覚書にと始めたブログ。
今ではたくさんの方々に応援していただき、ボチボチですが今日まで続けてこられました。
この3年間には掛替えのない心友も出来ました。
ホントに皆様には感謝・感謝です。
ありがとうございます。m(__)m

そんなことを思いながらほっこりしていたら・・・

他に心配事が・・・
こういう時に起るんですよね。
なかなか穏やかな日を送らせてもらえない母です。。。

そうなんです。
うちの息子たちです。
普段は殆ど連絡してこない息子たち。

長男は結婚してからは、わたしに連絡するのはお嫁ちゃんの仕事にしてしまったようで、長男から電話があったことがありません。
あっ?!ありました。^^;
お嫁ちゃんの陣痛が始まったときかな(^^ゞ
でもそれっきりかしら。

二男は先月末から修行のために北海道へ旅立ったのですが、心配でメールしても返事が返ってきません(・・;)
忘れたころに何か用事やったん?って・・・(・・;)
慣れない所で頑張っていて余裕が無いのかな・・・
大学生のときもそうでしたがね。

ま、男の子ってこんなもんなんでしょうか?!
特に近年は、わたしの病状も安定してるので心配することも無いと思っていのか・・・
わたしも特に病状の説明は息子たちにしないのですがね。

そんなことで、「便りがないのは・・・」と、思って過ごしていました。

で、水曜日のお昼過ぎ、長男のお嫁ちゃんから電話があり、すぐ長男に換わると・・・珍しい・・・

もうそこで何か異変があったと親は分かります。

「あのなぁ、怪我したんや。耳が切れて、5,6センチかなぁ、十数針縫ったから。取り敢えず報告しとくわ。」
おいおい!!
頭は大丈夫なん?
耳の鼓膜は?
そんな言い方ではよう分からんやん!
見えないわたしは余計心配するやん(・・;)

頭も鼓膜も神経も大丈夫で、耳の外傷だけやからとのことで電話は切れるが・・・やっぱり心配やん(-_-;)

で、旦那に連絡してもう一度詳しく聞いてもらう。
心配しなくていいからと旦那からも連絡がありホッとする。(*^。^*)

だけど、たまに連絡があればこれやもんなぁ~
かといって、すぐに車で様子を見に行けるほどわたしも元気でなく・・・(-_-;)
ま、しっかり者のお嫁ちゃんに任せておこうかな・・・

そして、翌日の夜、10時過ぎのこと・・・
今度は二男から電話。。。
これまた珍しい・・・朝が早い仕事なのでいつもなら既に寝ている時間では・・・?
すると、やっぱり!!

「事故を起こした!!来たばっかりやのに!イヤになるわ!警察呼んだけど、車が動かないんや!!」そんなことをかなり興奮気味で話す二男。

ハハハハハハハハやっぱりやったわ~と、内心思うが・・・
相手は?本人は?怪我はないのかとにかく確認する。
相手は橋の欄干とか。
怪我は無いけど、車のエンジンはかかるけど酷くぶつけたらしく動かないと。

取り敢えずは警察を待って、保険会社のサービスセンターに連絡してレッカーで運んでもらうように伝える。
それから日が変わり1時ころにやっと戻ってきたと連絡あり。
レッカーの手配に時間がかかったそうだが、エンジンがかかって良かったこと。
暖房が入らなかったら何時間も待ってられないところでした。

寮から15分ほど離れたコンビニへ行こうとして橋の上でスリップしたらしいのだけれど・・・
(車で15分も走らないとコンビニが無い場所に彼は居ます)
この辺でも雪が降ったあとは橋が一番危険で凍ってることが多いから気を付けるのに・・・
あなたの居るところは北海道なのですよ。

でも、雪の経験が無いのできっと一度はやるんだろうと心配してたのですが・・・
早々と・・・(-_-;)

そう思っていたら、彼の上司曰く
内地から来た人が事故を起こすのは今の時期が多く、雪がもっと積もってしまうとかえって事故は減るということ。それにしても派手にぶつけたなぁ~と、言われたそうです。

やれやれです。(・・;)

いい経験になったでしょう。

だけど、たまに息子たちから連絡があったと思ったらこれです(・・;)
それにしても二人とも不幸中の幸いでしたね。
それだけで済んで良かったです。(*^^)v

やはり「便りがないのは元気な証拠」が、いいようです。

息子さんたち、今度はいい報告で電話くださいね。
母はいつも待ってますよ~^m^
[PR]

by coo-sora | 2009-11-22 18:32 | 想ひ

元気になるために・・・

まだ8月だというのに朝晩がまるで秋を想わすような涼風が吹き過ごしやすいですね。

今朝は身体も楽になり、シーツの洗濯をしました。
青空の下、風に揺れるシーツを見ながらほっこりしてるあたしです。ヽ(^o^)丿

今回(4クール)は、それまでと違って38度を超える熱が出ることもありませんでした。
相変わらず身体はだるくて、動きたくないというか、動けないというか、何をするでもなく一日中ごろごろしていましたが、高熱のしんどさを思えば天国ですね。

で、これって・・・?
やはり1ヶ月近い休薬で身体がリセットできたのでしょうか?
身体から薬が抜けたからなのかしら?
そう考えると血管痛のお陰かな?^^;

そんな訳で、ちょっと気合を入れれば外出も可能です。
で、木曜日の夜は、 「琵琶湖ピンクリボンフェスタ2009」 の運営委員会に参加しました。
今年はあけぼの滋賀の啓発担当ということで参加させていただきます。
今年は、10月18日(日)「イオンモール草津」で開催されます。
内容は、マンモ、エコーの無料検診やDrの講演などです。
ライトアップは例年通り大津プリンスホテルです。

家族は微熱もあるのに何も無理することはないと、出かけることに反対でしたが思い切って会場へ。

診察が終わって駆けつけられたDrや看護師さん、技師の方や行政の方・・・会場の担当者の方。
みなさんボランティアだというのに大変熱心に討議されています。
今年で4回目ということもあり少し慣れた感はありますが、会場ががらりと変わったので予測のできないこともありますからちょっと大変そうです。
そんな打ち合わせが約2時間、話を聞いてるだけでしたが、何ていうのか、社会の一員になれてるって感じかな?!
自宅に閉じこもっているとどんどん孤独感が増すけれど、こうして人の中にいると何故だか元気になれます。
やっぱり、外に出て人と関わることが必要です。ヽ(^o^)丿
絶対孤独は良くない。
そして、こんなあたしでもまだ役に立つことがあると思えることも大切だと感じました。
少しでもお手伝いが出来ることは嬉しいですね。

先日のくるま座相談会で久しぶりに出会ったMさん(以前にブログで紹介させていただいた方)が、こうして少しでも人の役に立つこと、出きてることで元気を貰っているのだと話しておられたのを思い出しました。
彼女は肺、脳、骨に転移し厳しい治療を続けながらもあけぼの滋賀の会報を担当され、再発患者のひまわりサロンをまとめられ、滋賀県がん患者連絡協議会にも出られています。
しんどい時もあるはずです。
でも、わたしのようにへたれません。
本来なら身体を労って何もしないでいてもいいはずです。
そんな彼女についつい甘えてしまうあたしですが・・・^^;

それで、最近読んだ本、小倉恒子医師の「乳がんの女医が贈る 乳がんが再発した人の明るい処方箋」に書かれていたことが改めて大切だなぁと思ったので書き写しておきます。

○過去をいつまでも悔やむことはしない。
○現在に不満を持たず、その日を積極的に生きる。
○遠い未来を心配して不安になるのはやめる。考えないことにする。
○自分のことより、同病の友の事を助けようと一生懸命になる。
 これだけできれば必ず、恐怖が逃げていく勇者になれるのです。


理想論で終わらず少しずつでも実行したいです。
[PR]

by coo-sora | 2009-08-24 12:41 | 想ひ

穏やかです

お隣の小学校に子供たちの元気な声が戻りました。

そうなんです。
新型インフルエンザの感染予防のためにわが街の学校は休校になっておりました。

1週間が経過し、患者数が増えることもなく無事再開されました。

やれやれです。

先日どうしても京都に用事があり出かけたのですが、JRはガラガラ(・・;)
そして、京都駅も。。。
平日の昼間とはいえ
わたしの知ってる限り、こんなに閑散とした京都駅は初めてでした。
しっかりマスクをして出かけたのですが必要ないくらい人が少ない、(-_-;)

京都駅からはタクシーでさっと行ってさっと帰ってきたのですが・・・
タクシーの運転手さんもこんなに人が少ない京都駅は初めてだと。
そして、観光客がなく商売あがったりだと愚痴る愚痴る・・・

何だか凄く気の毒だった。(~_~;)

早く観光客で賑わう京都に戻ってほしいと願います。

今、調度昼休みのようです。
運動場に子供たちの元気な声が響いています。

ホッとしますね。

気持ちいい風と子供たちの声・・・穏やかです。
こういう時間が大好きです。

明日はまた治療日です。
昨夜は下痢であまり眠れなかったので今からお昼ねタイム。。。zzzzzzzzzzz
体調整えてまた頑張らニャ~~~~(=^・^=)


(覚書)
ナベルビン1回目の副作用
微熱(37度台前半)6日間。熱のわりには足がふらつき力が入らない。
身体がだるくて動く気がしない。
下痢2日間
食欲なくムカムカが続く。
舌が荒れて痛い(4日目くらいから)
喉も痛いがこれは風邪ではと主治医に言われる。
火曜の朝から手の指先(10本とも)が痺れれてる。
排尿時痛(5日目6日目)回数も減る。
[PR]

by coo-sora | 2009-05-27 13:47 | 想ひ

ちょっと寂しいかも・・・

長い春休みが終わります。
約2ヶ月です。
二男の春休みです。
今日は二男のことを少し書きます。

二男は大学4年生です。
関東の大学へ行ってます。
そして、予定通りこの度留年となりました。(・・;)

もっとも入学するときから既に卒業された先輩から4年で卒業は無理だと聞いていましたから覚悟していましたが・・・
でも、また学費は必要なわけだし、寮を出て新たにマンションを借りたので要らぬ出費だったわけです。

彼は大学にスポーツ推薦で入りました。
どうせ入るなら強い大学をと前年の優勝校に入学したのですが。。。
それは彼の想像以上に厳しいものだったようです。

寮では先輩との同室をはじめ、言葉使い、挨拶・・・しくじるとかなり厳しい罰もあったようです。
今でこそ笑って言えるけど、
下級生のころは何度も逃げ出すこと死んだら楽になるか・・・まで考えたそうです。

でも、泣き言は聞いた事はありません。
でも、1年生の夏休みに帰省したときに丸坊主になっていたり、凄く痩せていたので心配はしたのですが。
で、当然のように1年、2年はあまり学校へは行けてないようでした。

そんな彼も4年生になり昨年の夏に1年ぶりに帰ってきたときは驚くほど逞しくなっていました。
そして、その時に留年の話が出ました。

今まで先輩の中では卒業せず中退する人が多かったそうですが、卒業したいので行かせてほしいと父親に頭を下げていました。
彼の部ではアルバイトが禁止されていましたので、部は4年で卒業ですから今度はアルバイトをしっかりして生活費は自分で稼ぐので授業料を出してほしいとのこと。
きちんと頭を下げる息子に快諾の夫。

そんなこんなで彼はせめて春休みの間は父親の仕事を手伝いたいと帰っていました。
夫は専門職で自営業です。
長男も同業者です。
でも、しばらくは他人の釜の飯を食べる必要があるだろうと、修行のためより専門性の高い同業他社へ預けました。
で、二男もそろそろ進路を悩み、父の元で考えたかったようです。

夫もわたしも家業を継ぐのはいつでも出来るのだから、先ずは他で成長してほしいと願ってます。
卒業したら父と一緒にと考えていた二男の想いはありがたいことですが、親はより息子の成長を願います。
そんな話を幾度と繰り返し、
得意先を見学したり、先輩たちの話をきいたり、兄の職場にまで見学に行ってました。
そして、ようやくこの水曜日、4年間揺れ動いていた気持ちが定まったようです。
腹を括ったわとの発言。

彼の決定した道はまだまだ修行があったり狭き門の専門学校に再度入ったりと、本職につくまでに数年かかります。
でも、きっと彼のことですからやり遂げてくれるだろうと・・・
大変だったこの4年間が無駄にならぬよう・・・と、願うばかりです。

今日、彼は車に食料品を満載にして戻って行きました。
学校はまだ先ですが、それまでにアルバイトを探したいからと早めに戻りました。

この4年間、部活のために数日しか帰省出来なかったのに今回は2ヶ月です。
最初は嬉しくてたまらなかったわたしも、毎日の食事の世話や洗濯に少し疲れ気味・・・^^;
そりゃそうです。
この4年間、夫とcooとの生活はとても楽だったのです。
わたしが乳がんの手術をした同じ年の2月に二男が、4月から長男が出ていきましたから我が家の食事量は一気に半分以下に洗濯物の量だって半分以下に減っていました。
夫も毎日帰宅しませんし。
それに病気を理由にかなり手を抜いていましたから・・・^^;
ところが二男が居るとその様子は激変するのです。
息子が帰ってくると増えるおかずの種類に夫も嬉しそうです。
それに好物をと思って、質も量も増えます。
我が家のエンゲルケースは倍以上に跳ね上がっていると思います。

で、やれやれです~(~_~;)

スーパーの駐車場で彼を見送りました。

初めての夏休みに帰ってきたときは、駅まで送って息子が車を降りたあと、泣けてどうしょうもなかったけれど、今日はちょっとホッとしてるわたしがいます。
勝手なものですね。^m^

だけど、やっぱりちょっと寂しいかも・・・
[PR]

by coo-sora | 2009-03-27 18:19 | 想ひ

13年目に想う・・・

子宮頸がんの手術から12年が経過し、13年目を迎えました。
お蔭さまで・・・と、言いたいところですが、ただ今乳がんと格闘中の身です^^;

先日もオフ会でどちらが辛いのか?っていう話題になりました。

わたしの場合は乳がんは転移してしまっているので当然今が一番辛いのかもしれません。
だけど、思い起こすに・・・子宮を全摘したあとの喪失感は今でも忘れることが出来ません。
既に子供が二人いたにもかかわらず、もう女では無くなったような気がして悲しかった。
そのことを思うと若くして子宮をなくされた女性の悲しみは計り知れないのではないか。。。

そして、乳がんもまた乳房という女性のシンボルを失う訳ですから辛くないわけがない。
神様はどうして女にばかりこのような辛い仕打ちをなさるのか・・・
わたしはふたつの女性特有のがんを経験していても自分自身を卑下したりはしないが、苦しんでる若い女性たちに何の助言もしてあげられないのが情けないなぁ・・・
経験はあまり役にたってない。
また、これほどがんが多様化してるというか、ひとりひとりが違い過ぎて自分の経験はあてはまらないというか。

^^;・・・何が言いたいのか分からなくなってきたぁ~(・・;)

とにかく12年が経過してもあまり成長していない自分に愕然としている。
二回も経験してたら人間としてもう少し成長していてもよさそうなのに・・・

そう、情けない話だけれど、昨夜は落ち込んで友人にグチグチ言ってしまった。(-_-;)
治療も成果が出なくて気持ちが少し焦り気味なのか・・・
友人もうんざりしたろうに・・・付き合ってくれた。
励ますでもなく、優しい言葉を言ってくれるわけでもなく・・・ただわたしの気持ちが落ち着くまで付き合ってくれていた。

そうなんだよなぁ~成長のないわたしはこうしたオトナの友人に支えられて今日まで辛い日々を乗り越えてきたのだった。
きっとこれからもそうなんだよね。
友人も我慢強いというか・・・
いつかまとめて感謝の気持を返さなくては・・・
それには少しでも長生きすることなんだろうなぁ。

だけどわたしはいつになったら支える側になれるのか?!(・・;)
がん歴13年目。
そろそろきちんと目標を立てて生きていかなければ後悔しそうだ。

そういえば、今活躍しているイチローの言葉にこんなのがありました。

「手の届く目標を立て一つひとつクリアしていけば手が届かないと思っていた目標にも手が届くようになる」
[PR]

by coo-sora | 2009-03-24 01:30 | 想ひ

今日という日へ

今日は、乳がんの最終告知から丸4年が経過し5年目に突入する日です。
そして、わたしの誕生日です。
あの日からわたしの人生はまた修正を余儀無くされました。

4年が経過し、わたしの想いは変わったのだろうか?
初発の告知より転移告知の方が絶望感は大きく、初発のときはまだ希望も棄てず、仕事にもすぐに復帰するつもりだった。
でも、それも叶わず、術後1年目でわたしは新しい仕事を始めた。
ようやく身体も普通にもどり順調かと思えた半年後、転移の兆しが出る。
絶望感の中で、それでもわたしはまだまだと言い聞かせ自分を奮い立たせる。
新しい薬の効果を祈りながらも普通の日々を送れることを喜び、他への転移を恐れながら過ごす日々。
いつも喜びと悲しみは背中合わせ。
いいことがあると必ずといっていいほど辛いことが訪れる。
神様はいつまでわたしを試されるのか・・・そんなことを想いながら4年が過ぎた。

主治医曰く、とてもゆっくりのんびりのわたしのがんは、止ることはないけれどとてもラッキーな状態だと・・・。
腫瘍マーカーの数値が恨めしいが
それでもモノは想いよう。
早ければわたしはとっくにこの世にはいなかったかもしれない。
そう考えれば、今、この世にいるだけでももうけものなのだ。
タキソールがしんどいなど文句は言ってられない。
骨盤が痛いのも背骨が痛いのも生きてる証拠だ。
どれだけポジティブに考えられるかが勝負の分かれ目かぁ!?

とはいえ、恐いものは恐い!痛いものは痛い!
辛いときは辛いのだ!!
もう嫌だ!もう終わりにしたいと思うことがある。
それが本心。

でも、命ある限り生きるのが命与えられた者の使命であるなら、何があっても諦めず最後まで生き抜きたいと思う、これも本心。

まだまだ心は日々揺れる。
これがわたし。
強い人にはなれません。
ただこの4年間で少しは逞しくなったかも・・・

そして、少しは自分の身体にも心にも優しくなれ、明日のことはちゃんと考えられるようになり、
小さな幸せが愛おしく大きな支えになることを知りました。

今は生まれてきたことを不幸なんて思いません。
素直にわたしを生んでくれた両親に感謝です。

天国の父と母へ 「ありがとう」

だけど、まだそちらには行きたくないので迎えにこないでね(^_-)-☆
[PR]

by coo-sora | 2009-01-11 02:53 | 想ひ

゚・:*:・。♪☆彡^・∋★A Happy New Year★∈・^ミ☆♪。・:*:・゚

みなさまはいいお正月をお迎えでしょうか?!

うちは、2年ぶりに二男が暮れに帰省し、1日は長男一家も、妹と甥っ子も一緒に賑やかに過ごしました。
香住から直送してもらったカニで大いに盛り上がり、カニをさばくわたしは大変でしたが、どんどん積まれていくカニの殻と、息子たちの笑顔が何より幸せな時間でした。

二男も31日は家の掃除をしっかり手伝ってくれて、旦那より役に立ったかも・・・(^^ゞ
何よりも体調を悪くして植えられず置きっ放しになっていたカサブランカの球根を全部土を換えて植えてくれたのは嬉しかったです。

そして、初めて除夜の鐘をつきに三井寺に出かけました。
初めてのことで当日受付の場所を間違ったりでたくさん歩きましたが、無事224番で鐘をつくことが出来ました。
でも、正直、鐘は108人しかつけないのかと思っていましたから224番にはびっくりしました。
聞くと、招待された方が100名で、前日予約が100名だそうです。
で、わたしたちの後もまだ長蛇の列・・・・・驚きました。
私たちが終わったときは既に1時近かったですから・・・
焚き火の側で甘酒を頂きながら待つのですがさすがに2時間も待つと寒かったです。
だけど、きっと御利益がありますよね。

そんな年越しをして、今日はひとりで一日中寝てました。^^;
うちの男たちは2日から初仕事なのです。
二男は手伝うと言って父親と出勤。
長男も4時半起きだと言って泊らず帰っていきましたからまた静かな1日に戻ったわけです。
落ち着かなくてイライラしていたcooと寝てばかりの一日でした。


ちょっと嬉しかった二男の話・・・
帰省した夜のこと晩御飯を食べながら
息子 「なぁ、おせち料理は何を作るの?ボク、去年帰ってきてないし、ローストビーフ作ってほしいんやけど・・・」
私  「わかってるよ。もうちゃんと出きてるよ!!たくさん作ったよ。」
息子 「それで、それって余るかなぁ?ちょっとでいいから持って帰りたいんやけど」
私  「えっ?!なんで?しっかり食べていけばいいやん。第一、余らないと思うよ。お兄ちゃんも楽しみにしてるしなぁ~でも、またどうしてよ???」

息子 「・・・ちょっと食べさせてあげたくて」
私  「誰に?」
息子 「彼女・・・」
私  「またどうしてよ?」
息子 「彼女のお母さんは料理が下手であまり作らないんやて。買ったものばかりで育ったて。そやから母親と一緒に料理とか作ったことがないらしく彼女も料理下手やから一緒に食べるときはボクが作るか教えるねん。ボクのお母さんは料理が上手いし、正月のローストビーフはめちゃ上手いから残ったら持って帰るって言ったんや・・・」とのこと。
こりゃお年玉奮発しなきゃね・・・と、内心思いながら思わず笑顔がこぼれてしまったわたしです。

やはり持つべき者は子供かぁ?!
息子に褒められるのって何だかウキウキしちゃうよね。
彼女へ・・・って、いうのがちょっと引っかかる母ですが(^^ゞ
ちょっと複雑な年の瀬でした。(^_-)-☆

最後になってしまいましたが、
皆様、今年もどうぞ宜しくお付き合いくださいね!!
[PR]

by coo-sora | 2009-01-02 23:02 | 想ひ

あと3日ですが・・・

クリスマスも終わり、あと3日でお正月です。
ちょっと気ぜわしく心ばかりが焦りますが・・・そうだ!!
身体が一番!!
多少ホコリが積もっていても、換気扇が汚れていても・・・今年は目を瞑ろうっと(・・;)決心。
それでも、30日には二男も帰省するし、1日には長男一家も来ますから、彼らの好物だけは頑張っちゃおうかな(^_-)-☆
今夜はメニューを考えてます。
明日は仕事納めで、30日は買い物かな。
鍼も行っておきたいし・・・
ちょっとバタバタするけど、いつもの年に比べたらかなりのスローペースです。

何もしなくてもお正月は来るのに、じっとしていられないのは貧乏性なのかな?!
で、毎年ついつい頑張っちゃうんだけれど、年明けで5年目に突入するところまで来て、やっと無理して頑張り過ぎないって思えるようになりました。

今まで通り出来ないことが情け無くって自分を許せないこともあったけれど、諦めることも少し覚えました。人に頼ることも少し覚えました。
来年もまたいろいろあるんだろうなぁ~
でも、気負うことなくひとつひとつ乗り越えいきたいです。

そうそう、クリスマスは終わりましたが、友人から頂いたお料理を紹介します。

f0116278_2221663.jpg

韓国料理の「参鶏湯」です。
病気で休んでばかりのわたしを心配して友人(仕事の相方)が作ってくれました。
中には朝鮮人参やもち米、雑穀などが入っています。
友人は二束のわらじで、夜は韓国料理のお店をやっています。
栄養満点です。(^_-)-☆
疲労回復にはバツグンの効き目です。
韓国では夏バテ防止に夏に食べます。

f0116278_22212281.jpg

ドイツの伝統的なクリスマスケーキ「シュトレーン」です。
お料理の超得意な友人の手作りです。
わたしはドライフルーツがいっぱい入ったこのケーキが大好きで、覚えていた友人が作って届けてくれました。ブランディーの香りがとってもきいています。
めちゃめちゃ美味しかったです~~~\(^o^)/
友人に感謝感謝です。

で、おまけ・・・

f0116278_2234382.jpg

やぱり一番心が和む孫の笑顔です。
来年もこの子の笑顔にパワーを貰いながら頑張りたいです。
来年の今頃は「ばぁば」って呼んでくれてるのかなぁ~ヽ(^o^)丿
[PR]

by coo-sora | 2008-12-28 22:38 | 想ひ

大きな勘違い(・・;)

みなさまご無沙汰です~~ぅ(^^ゞ
久々の更新です。\(^o^)/

忙しかったのか?って・・・そうだと良かったのですが・・・^^;
実は寝込んでいたのです。

あれは11月14日の夕方のことです。
その日はいつものように仕事に・・・
パソコンに向っていてもどうも背中が痛い・・・
でもいつものことかと思い、夕方甥っ子を塾へ送り届けるが、その日に限って大渋滞^^;
いつもなら1時間で帰宅出来るのに、倍かかり、運転席に座っているのがだんだん苦痛になってきた・・・(・・;)
買い物も止めてきたくし、鎮痛剤を飲んで横になる。
そして、翌日の朝、身体はだるいし腰から背中全体が重く痛い。
ちょっといつもの背骨の痛みとは違うか?????
一日ゴロゴロと過ごすが痛みは増すばかり・・・でも土曜日だし・・・
取り敢えずロキソニンで凌ぐことにする。
日曜日。痛みは酷くなる一方・・・
夜は身の置き所も無く、どちらを向いても痛い。
ロキソニンを増やしてもあまり効き目なし・・・(~_~;)
痛みとの格闘。
朝までの長いこと・・・
それでも朝になると激痛がうそのように楽になった。
よしよし、これなら大丈夫かなと思いつつも仕事を休んでゆっくりすることに。
だって、いつもと違う痛み。
何かが起こりはじめている変な感じ。

最近の腫瘍マーカーの上がり具合。
ちょっと不気味だ。
ここ数ヶ月で一気に広がったのだろうか・・・不安が広がる。

で、月曜日の夜。
やたら暑い。
ストーブを消す。
旦那がえっ?寒くないの?と怪訝な顔。
・・・ひょっとして?
体温計を探す・・・体温計を使うのは初発の時にタキソールで微熱が続いた時以来かも。
ありゃ~~~~(~_~;) 39,3度
取り敢えずロキソニンかな。
でも、熱って?!
背中が痛くて高熱って??????
インフルエンザはちゃんとワクチンやりました。
風邪の症状は全くなし。
ノドも痛くない・・・何だ?????

で、思ったのはやっぱりガンのこと。
転移によって何処かで炎症が起きてるのか?
肺か?
どちらにしても12月1日にCTの予約が入れてあることだし、それまで我慢しようかな・・・
それにしても朝は熱も痛みも殆どないのに、午後から痛みだし熱が出てくるって何でだ?
疑問もいっぱいあったけど
何とかロキソニンと忍耐で凌げてるから我慢しよう。
どうせ検査しないと原因も分からないだろうしと考え、2週間も我慢してしまった。

そして、CTの結果。

くまなく画像を見てくれていた主治医・・・腎臓が腫れてるなぁ・・・
「えっ?!」って、わたし。
想像もしていなかった言葉。

「ほら、ここね。尿管も腎盂もかなり腫れてるでしょ?!」
よく見ると、左右の大きさが違うのが素人目でも分かった(・・;)

原因は、分からないけど、取り敢えず5日分の抗生物質を飲んで改善されなければ泌尿器科の専門医を紹介します、ということになりました。

そうそう、肝心のガンの進行は画像ではまだ見られず、腫瘍マーカーは上昇してるけれど、もうしばらく様子を見ることになりました。
これって喜んでいいのか?微妙な感じやなぁ~。

てっきり転移が広がっていると思い込んで我慢していたこの2週間の痛みは?
力が抜けてしまった(-_-;)
マーカーの上昇はとっても不安材料ではあるけど、黒とはっきりするまではクヨクヨ想うのは止めよう!!

そんなこんなで翌日。
乳がんになるまで診て頂いていた近所のDrに相談する。
腎臓がと言っても、原因があるわけだし、早く原因を見つけてもらった方がいいと言われる。
そうだよなぁ・・・すでに2週間経過してるわけだし。
原因は結石や子宮がん手術の癒着の悪化もあるらしい。
あとは細菌性の炎症・・・に、腎臓ガン・・・。

そりゃそうだ、原因を取り除かないとまた悪くなる可能性もある。
早速、主治医に連絡して、医大の泌尿器科を紹介してもらう。

医大の泌尿器科では
持参したCTと尿検査で細菌性の腎盂腎炎と判明。
熱が出る腎臓の病気はたいていが細菌性のものだそうだ。
で、もう一度、完全無菌の尿カップを渡され再検査をすることになりました。
あとは、主治医から出た抗生物質では量が少ないとかで薬の量が増え、1週間後に再診です。
「しかし、40度を越える熱が出たら入院ですからすぐ来てくださいね。」と、Dr。
40度越えたらって・・・どうやって来るんよ?(-_-;)

でも、お蔭様で金曜から熱も出なくなり、痛みも腎臓の真裏に当たる背中の鈍痛が残るのみとなりました。
そしてこうなると背骨の痛みもピンポイントで分かるようになり、そうそう、これこれ、この痛みだわって、妙に納得^^;

今回のことで深く反省しました。
病気はガンだけではないのです。
あそこが痛い、ここが不快だとかしんどいとか身体の異常は全てガンのせいにしてしまう傾向にあるわたし。
こんなことなら2週間も我慢することも無かったっていうか、我慢してる間に悪化もあったわけだし。(-_-;)

後から聞いた話ですが、透析をしている知人は腎臓に結核菌が入って腎臓の機能がダメになったとか。
そっか、そんなこともあるのだ。

がん患者だって他の病気になるという当たり前のことを忘れていたわたしでした。
病気らしい病気は子宮がんと乳がんって、風邪で熱も出さないわたしらしい失敗と言えば納得なのですが、今回のことはホントにいい教訓になりました。(^^ゞ

でも、でも、でもね。
悪い事ばかりではなかったですよ。
熱で法事に参加できないと知ったお嫁ちゃんが手作りの料理をたくさん運んでくれたんです。ヽ(^o^)丿
孫の顔見たら少しでも元気になれるかも・・・って、来ましたぁ~!!
片手に赤ん坊を抱き、片手には大荷物。
びっくりしたわたし。
息子は仕事だし、聞けば実家のお父さんに送ってもらったとか。
何てありがたいことでしょう。
その後も二回、息子の休みに来てくれました。ヽ(^o^)丿
こういう日が来ることなんて想像もしてなかったし。
改めて、いいお嫁さんに来て貰って良かったってねって、旦那と喜びあいました。

買い物に行ってきてあげようかって連絡をくれた友人たち。
心配してメールをくれた仲間。
ホントにありがとうね!!
心配してくれる人が居るって幸せやね。(*^^)v
感謝感謝です。
[PR]

by coo-sora | 2008-12-07 17:31 | 想ひ

甥っ子の帽子完成

出来ました!!
甥っ子の毛糸の黒白シマシマ帽子。
ボンボリのついてるやつ。
f0116278_1558759.jpg

昨日、届けました。
とっても喜んでくれましたよんヽ(^o^)丿
「ばぁば、すごいなぁ~早よ出来るんやなぁ~」って、お褒めの言葉も頂きました。^m^

その直後、妹から電話がありました。

「なんでわたしのはないのぉ~~~!!」
お嫁ちゃんのも赤ちゃんのも甥っ子のも作って、わたしのは無いのかって(・・;)
ベレー帽みたいのか、マフラー編んでよって(^^ゞ

「はいはい。」

今日は空手の試合に行ってます。
勝ってるといいなぁ~。
[PR]

by coo-sora | 2008-11-09 17:40 | 想ひ