カテゴリ:旅の記録( 29 )

萩の寺へ

どうなってるんでしょう?!

暑さ寒さも彼岸まで・・・って、お彼岸になってから夏に戻ってるしぃ~(・・;)

お隣の小学校からは運動会の練習をする子供たちの元気な声が聞こえています。
明日が本番です。
わたしも体調が良いので甥っ子の応援に行こうかと思ってます。
ベランダからも見えるんだけどね^m^

で、秋晴れのもと、昨日は萩の寺として有名な滋賀の名刹長浜の「神照寺」へ行ってきました。

いつものママ友三人で出かけましたよ。

1人が最近車を買い替えたので新車で名神から北陸道へ長浜で降りるとすぐにお寺はありました。
名神も普段の平日より少ないかも・・・ガラガラでしたよ。

そして、既に駐車場にもたくさんの萩が・・・
あっ!!
ちょっと遅かったかな・・・(・。・;
満開を少し過ぎてちょっとガッカリかも~(-_-;)

お寺の参道は両側にびっしり萩が・・・やはり満開を過ぎ枯れ始めています。
連休は人も多いし、名神は大渋滞だしと連休明けを設定したのですが、今年は咲くのが早かったようです。

でもまぁ~萩は可愛い花をたくさんつけています。
確かに「萩の寺」と言われるだけのことはあります。

f0116278_19112267.jpg
f0116278_19114144.jpg
f0116278_1912355.jpg


萩の花を始めて見ると言う友人は「えっ?!こんなちっちゃい花なん?!」って・・・^^;

おいおい!
どんな花を想像してたんや?

そして、お寺の本堂は田舎の小さいものでしたが・・・
国宝の花籠をはじめ、たくさんの素晴しい仏様にお会いすることが出来ました。

そうなんですよね。
湖東から湖北にかけては歴史の転換期の要所であったため、難を逃れた仏様がえっ?!っというような小さなお堂に保管されてたりします。

わたしが今回是非お会いしたいと思っていたのもそのひとつ。
「見返り不動さま」と言われる「木造不動明王立像」です。
元小谷城主浅井長政が織田信長に攻められたときにこのお寺に寄進され守ったとされるもので、今にも走り出しそうなお姿のお不動様なんです。

わたしの守り仏様は不動明王なので、こだわって会いに行くことが多いのですが、このような姿のお不動様はとても珍しいと思います。

47,5センチとそれほど大きくないにその迫力にはびっくり!!
友人共々しばらく立ちすくんでおりました。

その後は、お腹がグーグー言い出したので
めちゃめちゃ久しぶり・・・7~8年ぶりやねぇって言いながら黒壁スクエアをブラブラ・・・
でも、連休明けを選択したのはここでも間違いで、お休みのお店が多くて、欲しかったお饅頭屋さんはお休み。
食事処もお休みが多くてガッカリでした。

でも、せっかくやし、お腹もめちゃ減りやしガッツリ食べようと、近江牛専門店の毛利志満でステーキ膳を頂きましたヽ(^o^)丿
ま、ランチなんでこんなもんやね^^;と、言いながら
美味しいお肉屋さん談義に花を咲かせながら、写真を撮るのも忘れて食べてしまいました^^;
めちゃお腹減っていたからね・・・^^;

ホントに久しぶりのお出掛けでした。
滋賀に住んでいても湖東や湖北にはほとんど行くことがないのでちょっとした旅行気分で楽しい一日が過ごせました。
気のおけない友人との楽しい時間は何よりの薬ですね。
道中ずっと喋り続けたのはもちろん・・・ようネタが尽きないもんやわと大笑い。

リフレッシュできて、また月曜日から始まる投薬頑張れそうです(^_-)-☆
[PR]

by coo-sora | 2009-09-25 19:45 | 旅の記録

アルペンルート後編

さてさて、翌日のご来光は・・・
天気が良く見に行く時は、4時20分にモーニングコールがあります。
無い場合はそのまま眠ってくださいとのことで・・・
でも、いつもより超早く寝たわたしたちは熟睡も出来ず、モーニングコールはまだかまだかとまちましたが・・・とうとう無しでした。
それから約2時間熟睡して目覚め、カーテンを開けると・・・眩しい~~~~(~_~;)
そして、真っ白・白・しろ・・・・・・・
全く何も見えません(・・;)
凄い霧なのです。
視界ゼロを始めて経験しました。
ホントに目前に白い壁があるみたいです。
エェ~~~~~~~ッ!?
この霧は晴れるのかしら?
これじゃぁ、また雪の大谷はお預けかい?!(-_-;)

で、いろいろ考えて霧が晴れるのを待つのは時間がもったいないので、先ずは山の反対側の黒部ダムへ先に行くことにしました。
朝食をしっかり食べて・・・何で旅行先だと朝からお腹が空いていっぱい食べられるのか不思議だわなぁ~んて言いながらお腹いっぱいになると出発です。

室堂からは立山トンネルトロりーバスに乗ります。
形はバスで走りは電車というエコカーです。
f0116278_1712659.jpg

立山の直下を反対側の大観峰(標高2316m)までトンネルでぶち抜いた感じで・・・
思わずハリウッド俳優のあのCMを思い出して笑ってしまいました。
約10分間、これまた運転手さんの腕に感心しながら到着したのは「大観峰」
室堂とは立山を挟んで反対側
黒部湖を見下ろす景色は絶景です。
f0116278_17191321.jpg


f0116278_17194255.jpg

大観峰からはロープウェイで「黒部平」まで降ります。
このロープウェイは景観保護のため支柱が1本の無いのです。(~_~;)
しかも急勾配だし・・・
でも、景色が最高なんで高い所が苦手な人も大丈夫ですよ。
因みに高い所大好き人間のわたしは超ご機嫌でした。(^_-)-☆
f0116278_17251863.jpg


f0116278_17254464.jpg


f0116278_17271588.jpg


黒部平(標高1826m)からは黒部湖(1455m)まで前線地下式というケーブルカーで降ります。
f0116278_17425848.jpg

そしてようやく「黒部ダム」に到着です。
立山・黒部は環境保存のため、自家用車は立ち入り禁止で様々な乗り物を乗り継ぎます。
どれもが工夫されていて楽しむことが出来ました。

f0116278_17352748.jpg


そして、いよいよ「黒部ダム」がわたしちの目前に広がります。
f0116278_17381084.jpg

ダムの放水期間は6月26日~10月15日で、残念・・・放水も見たかったなぁ~
f0116278_1739132.jpg

下流は渓谷が続き、雪解け水が青くキレイでした。
f0116278_17412518.jpg

ダムとアルプスの山々は凛とそこにたたずみ、人間が創造した巨大な建造物と自然が融合した不思議な景色でした。
これが黒部ダムなんだぁ・・・凄いなぁ~の連発。
言葉は出てきません。
f0116278_17434447.jpg

ダム湖の向うは赤牛岳(2864m)
f0116278_17555581.jpg

ダムから立山を見上げる・・・
f0116278_17561763.jpg


感動の時間を過ごしたわたしたちは先と同じルートに戻りました。
室堂まで戻るとそこはまだ霧がすっきり晴れておらず・・・でも、今回の旅行の一番の目的であるわけですから、雨よりいいじゃないって、自分を慰めながらの「雪の大谷ウォーク」開始です。

f0116278_1892844.jpg


f0116278_1810595.jpg


f0116278_18103864.jpg


f0116278_1811293.jpg

ちょっと面白いでしょう?!
雪にもいろいろあるんですね~
f0116278_1811279.jpg


従姉妹3人、楽しい旅になりました。
f0116278_18124374.jpg

わたしの母は8人兄妹の下から3番目です。
とても仲のいい兄妹ですが、特に下の4人は女ばかりで特に仲良しでした。
一番下の叔母は東京在住で遠いのですが、あとの3人でよく出かけていたのを思い出しました。
前夜、3人でワインをあけながら、わたしたちって親と同じ事してるよね~
しかも、最近はそんな母親にそれぞれがとても似てきて役割分担まで母たちと同じだなぁ~って思い出して可笑しくなってしまいました。

さてさて、次回は何処へ行こうかと話ながらの帰路・・・立山駅からしばらく山道を行くと・・・
f0116278_18311027.jpg

カモシカでしょうか?
わたしたちを見送ってくれましたよ。

大自然に抱かれてパワーをいっぱい充電できたいい旅になりました。
今度はお花畑のきれいな夏か紅葉の秋にもう一度訪れたいと思いました。

余談ですが、中国からの観光客の多さに圧倒されました。
日本語より中国語の方が頻繁に飛び交い、まるでわたしたちが中国に旅行に来ているような錯覚に陥るような不思議な感じ。
ここはどこ~~~~?!(・・;)
でした。
[PR]

by coo-sora | 2009-04-26 18:27 | 旅の記録

念願のアルペンルートへ・・・前編

昨日、アルペンルートの七曲で高原バスが横転したとのニュースがあり驚きました。

先日、通ったばかりの道だったからです。

そうなんです。
長年の想いがようやく叶い、従姉妹たちと「立山・黒部アルペンルート」へ行ってきました。
先日、従姉がお見舞いにきてくれたときに、従姉妹会が昨年は出来なかったねという話になり、この時期だともうすぐ開通する立山に行きたいね・・・で、意見は一致。
急な話で他の従姉妹たちに声をかけましたが、結局3人で行くことになりました。

火曜日の朝7時30分に我家を出発。
今回はインターから一番遠い従姉が車で迎えにきてくれて草津・田上インターから名神高速に乗り、米原からは北陸道を立山まで走りました。
トイレ休憩1度で福井→石川→富山の立山インターを降りたのは調度3時間後でした。
道路はガラガラ、大雨の予報もはずれ、晴天とはいきませんが、そこそこ青空も見え快適なドライブになりました。
f0116278_1519096.jpg

高速から立山方向を臨む・・・
天気予報では火曜水曜と大雨・・・(-_-;)
でも、オバサン3人はそんなことでめげたりしません。
天気予報ははずれもあるからね(^_-)-☆

そして、先ず立山インターから向ったのは剱岳の麓に位置する「大岩日岩寺」です。
ここはテレビの仏像紹介の番組でやっていた所で、こちら方面に来たときには絶対寄ろうと思っていたお寺です。

わたしの守り仏である「不動明王」さまの「磨崖仏」(行基作)がご本尊様で、他には延命地蔵様や観音様のお堂が立ち並ぶ立派なお寺でした。
3メートル以上あるお不動様は圧巻という表現がいいのかは分かりませんが、下から見上げると迫ってくるように彫られていて、見る角度によってその表情は全く違いとても不思議な感覚を味わうことができました。
また是非もう一度お会いしたい仏様でした。

六本滝(1月の大寒に信者さんの滝うちの業があるそうですが・・・冷たいだろうなぁ~)
f0116278_15342669.jpg

三重塔

f0116278_15354815.jpg


旅のスタートにとても厳かな気持になったわたしたちは気持も新たに立山に向いました。

先ずは富山側のアルペンルートの入り口になる立山駅で車を置きます。
ここからは自家用車の乗り入れは禁止になります。
先ずは、立山駅(標高475m)から美女平(標高977m)まで、ケーブカー(7分)に乗ります。
最高勾配27度という傾斜にはびっくり~(・・;)

次は高原バスに乗り換えて約50分のドライブ。
で、ここなんですよね。
七曲という凄いカーブの道が続きます。
さすが、バスの運転手さんは腕がいいなぁと感心していたわたしたちなのですが・・・
事故があったと聞いて驚きました。

美女平を出発すると、すぐに残雪が目に飛び込んできます。

ブナの原生林をバスは行きます。
f0116278_167486.jpg

周囲は10m以上もある立山杉
f0116278_168090.jpg

称名滝
f0116278_1611692.jpg

そして頂上を臨むことも・・・
f0116278_16121983.jpg

富山湾を一望できます。
f0116278_16124222.jpg


そして、いよいよ大きな雪の壁が出現するとそこは「室堂」(標高2450m)
バスから眺める景色に気持を取られアッという間に室堂に到着しました。

室堂は黒部ダムへ行く拠点でもあり、わたしが長年恋焦がれた(ちょっとオーバーかな^^;)「雪の大谷」と言われる場所があります。
先ずはバスの中からの眺めです。
f0116278_16173468.jpg


そして、わたしたちが今夜宿泊するホテル「ホテル立山」です。
日本で一番高い所にあるホテルです。
まだ半分以上は雪の中ですが、室堂ターミナルと直結しているのでとても便利です。
f0116278_16214228.jpg

ホテルからの眺めは・・・
ホテルの前は
f0116278_16231777.jpg


f0116278_16234079.jpg


f0116278_1624173.jpg


ここで、1日目は終了。
このあとは流石に天気予報通り大雨となりました。
わたしちはゆっくりお湯につかり、フレンチをいただき、翌日のご来光に備えて早寝をしたのでした。
「どうか、雨が上って快晴になりますように・・・」
[PR]

by coo-sora | 2009-04-26 16:27 | 旅の記録

伊勢神宮参拝日帰り旅行

火曜日は前回大雨で延期になっていた伊勢神宮へ行ってきました。

ママ友4人の珍道中です^^;
4人のうちわたしを含む3人は韓国へ2回、四国などにも一緒に旅行したことがあり、もう1人はいつも何か用事が出来て行けず、今回初参加になりました。
でも、日帰り旅行ですが・・・^^;

4人で動くときは決まって運転手をする人は決まっていて、わたしは助手席でナビのサポートとなります。
なぜナビにサポートが必要かって?
だって、オバサンは文明の利器をあまり信用しないのです・・・(^^ゞ

インターに一番近いわたしが最後に乗り込みいざ出発です。
草津・田上インターから今回は新名神を利用します。
新名神から伊勢道へ入り伊勢西インターで降りると5分くらいで外宮に着きます。
なんと、わたしの自宅から1時間半で到着です。
以前は国道1号線から鈴鹿峠を越えたので2時間半以上掛かったものでした。
オバサン4人はもちろん口を閉じる間もなく喋り通しです^^;

「え~~~っ!もうちゃんと着いたのぉ~!!」

お伊勢参りは外宮からと言われますので、わたしたちも先ずは外宮へお参りしました。
外宮には「豊受大神」をおまつりしています。
衣食住の守り神とされていますので、この不況の世の中、衣食住に困ることがないようにとしっかり手を合わせてきましたよ。(^_-)-☆
f0116278_17322184.jpg


そして、また車に乗って、15分ほど走ると内宮に到着します。
運良く一番近い駐車場に止めることができました。
平日だというのに駐車場はいっぱいなんです。

「世の中暇な人が多いんやなぁ~」って
「おいおい、わたしらもそうやんかぁ~」って大笑いです。(・・;)

そして、参道に入り一番に出迎えてくれたのがこれです~\(^o^)/
f0116278_1738166.jpg
f0116278_17383287.jpg

まさか伊勢神宮でお花見ができるなんて~

ホントは来週くらいに来ると五十鈴川沿いの桜も見られたようです。
ほんのり枝が桜色に見えませんか?
f0116278_1825563.jpg

伊勢神宮といえば昔は滋賀県の小学校の修学旅行の場所でした。
今は広島のようです。
だから、1人以外は修学旅行以来やわぁ~と懐かしさがいっぱい蘇ります。
もう数十年昔のはなしです。
「え~っ!?わたしらそんなに生きてるのぉ~っ!?」

そして、数十年前と変わらずここにあるのは・・・
f0116278_17532087.jpg
f0116278_17533573.jpg
f0116278_17535281.jpg


ihatovちゃん、やっぱりハグハグせずにはいられなっかたわ~^m^
凄くパワーを感じました。
そして、心が浄化していくのが感じられる・・・
さすがのお喋りオバサンたちもしばし静寂に・・・

「天照大神」をおまつりする内宮は2000年の時を越えてわたしたちに語りかけてくるものがあります。
来られて良かったね。。。

そして、お参りが終わったらやっぱりここでしょう!!
食べてきましたよん。
伊勢うどんです。
おじゃこと梅をまぶしたご飯とセットで800円でした。
f0116278_17592095.jpg


お腹がいっぱいになったらおかげ横丁を散策です。
参道の横にあり40件以上のお店が軒を並べています。
そしてもちろん
f0116278_181180.jpg

お土産も買いましたが、お店で出来たてをいただきました。
3つで280円です。

あちこちで試食をしたり立ち食いをしたり、まだ食べるの?!って、言いながらも美味しいものをいっぱいいただきました。
わたしのお薦めはおからドーナツかな。(^_-)-☆

で、そんなとき
「おばちゃ~ん!」と声をかけられたのです。
二男の親友でした。
可愛い彼女といっしょに見慣れた笑顔を満面に
「やっぱりおばちゃんやったわ~」と。
すぐさま二男に電話すると
「何でデートが伊勢神宮なんやぁ~?」と、びっくりするやら笑うやら。
どうも伊勢神宮というと年配の人が行くイメージが強いみたいですが、けっこう若いグループやカップルも多かったです。

その後はせっかくここまで来たのだからと鳥羽のお魚センターに寄ってお買い物を楽しんで、二見の夫婦岩まで足を延ばしました。
f0116278_1861266.jpg
f0116278_1862784.jpg


娘を4人も持つ友人は縁結びのお守りを買っていましたよ~^m^
ご利益があるといいねぇ~~

折りしもこの日はWBCの決勝戦があったのです。
もちろんわたしたちは携帯片手に応援しましたよ。

世の中便利になったもんやねぇ~(^_-)-☆

そんなこんなでわたしたちは伊勢路を後にしたのですが、帰りも疲れることを知らないオバサン軍団は喋り続けるのでありました。(~_~;)
[PR]

by coo-sora | 2009-03-26 18:21 | 旅の記録

横浜から鎌倉へ

そろそろ更新しなきゃと気になりながらどんどん日が過ぎる・・・
気が付けば今週で10月もおしまい。(~_~;)

焦るよ~~~∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

で、取り敢えず、写真だけでもアップしてお茶を濁すことに・・・(-_-;)
すんまそ~~~~んΣ( ̄ε ̄;|||・・・

先ずは今月の初め横浜へ行ってきました。
himiちゃんに逢うためです。
まりべるちゃんとふたりで・・・亡くなったKちゃんの魂も一緒にねヽ(^o^)丿
このお話はまた後日にして・・・とっても長くなるから^^;

で、わたしとまりべるちゃんは10月7日の朝、京都駅から新幹線で新横浜に向かいました。
横浜駅で初めて逢う、himiちゃんとまりべるちゃんの涙のシーン・・・
何度想像したことでしょう。^m^
二人に既に何度か逢ってるわたしの今回の1番の楽しみだったんだよね。(^_-)-☆

そして、ランチの予約がしてある中華街へ向いました。
f0116278_22461385.jpg
f0116278_22463173.jpg

himiちゃんお薦めの杏仁豆腐です(*^。^*)
美味しかったよ~ん。

お腹いっぱいになったところで横浜観光へ・・・
横浜初体験のまりべるちゃんにとにかく一番横浜らしいところへ・・・
そりゃ、山下公園、赤レンガ倉庫、ランドマークに・・・って、とにかく歩くことにしました。
f0116278_22551224.jpg

氷川丸
f0116278_22562020.jpg

これぞ横浜という風景をバックにhimiちゃんとまりべるちゃんは氷川丸撮影中ヽ(^o^)丿
f0116278_22565934.jpg

赤レンガ倉庫・・・お店がいっぱいあって楽しいですよ。
この中のカフェでちょっと休憩。
けっこう歩きましたよ。(^^ゞ
でも、お口は疲れないのですかねぇ~
とにかくずっと喋ってたよね^^;
だって溜まってたもんね。
himiちゃんとまりべるちゃんは1年分です。
わたしたちが出逢った昨年の初夏からこの日まで、何度逢いたいって願ったことか。
外に出たらすっかり日暮れに・・・
f0116278_23103172.jpg

まだまだ時間は足りないけど、そろそろお別れの時間です。
わたしとまりべるちゃんは予約のしてあるホテルへ、himiちゃんは自宅へ、横浜駅で再会を固く誓い合って別れました。
涙を拭きながら改札に入るhimiちゃんを見送って・・・
「きっときっとまた元気で逢おうね!!」

そして、ここからはまりべるちゃんとの珍道中が始まったのです。
今回、まりべるちゃんのお嬢さんのご好意でわたしたちは観音崎のホテルに無料で宿泊できました。
それで、まりべるちゃんと相談して二日間の鎌倉の旅を計画したのです。
転移治療中のわたしたちののんびり旅です。
ここからは写真だけです。
時間が無いのでご勘弁を・・・^^;

先ずは、二日目の朝。
雨・・・どっちが雨女や???
f0116278_2322538.jpg

でも、出かけるころには小雨になって、一路北鎌倉へ向いました。

建長寺・・・龍の天井絵が良かったです。
f0116278_23255927.jpg

鶴岡八幡宮
f0116278_23272538.jpg

お昼は八幡宮前の「一茶庵」で三食蕎麦をいただきました。
写真は・・・食べちゃたぁ~(-_-;)
杉本寺・・・鎌倉最古のお寺。今回一番感激したお寺です。
f0116278_23314496.jpg
f0116278_2332247.jpg

苔むす階段は立ち入り禁止。
鎌倉幕府が開かれる500年も前のお寺だとか・・・
小さな本堂に12の仏様がいらっしゃいます。
ちょっと凄いです。
この小さなお堂に・・・運慶作の仏像だけでも4体です。
そして、なんと落ち着けるお寺か・・・空気がいいのです。
報国寺・・・竹林で有名なお寺
f0116278_2335531.jpg


ここまでは北鎌倉駅からバスで簡単に回れました。
最後は鎌倉駅に戻り、小町通りをぶらぶら・・・
あっという間におみやげでいっぱいに・・・(・・;)
本日はここで終了。
予約した大磯の旅館へ、大船からJRで先に進みました。
この日の旅館はシーズンオフということもありどうやらわたしたちだけみたいでした(・・;)
でも、とにかく食いしん坊のわたしは料理が美味しいと評判のこちらにしました。
大磯の「大内館」 やっぱ評判どおりお刺身は分厚くてプリプリして美味しかったです。
f0116278_234588.jpg

お風呂はちょっと狭いけど(・・;)二人なんでゆったり~ヽ(^o^)丿

そして最終日。
晴れました!!海が眩しいくらい・・・
この日は、藤沢から江ノ電に乗りました。
これもこの旅の目的です。
わたしも横浜までは仕事で何度も来ていましたが鎌倉は初めてです。
テレビで見る憧れの江ノ電です!!
民家の間を屋根スレスレに走るんですね。
びっくりです。
路面を走っていたかと思うと民家の間から行き成り海岸沿いへ・・・
修学旅行の学生さんたちから
「オ~~~~~ッ」と、どよめきが・・・
目の前がパーッと明るく広がります。

先ず、極楽寺で下車。
f0116278_0231.jpg

駅のすぐ側に極楽寺はあります。
f0116278_23531796.jpg

そこから少し歩くと成就院です。お寺の階段から海と鎌倉が一望できます。
f0116278_23544625.jpg

ここからはぶらぶら歩いて長谷寺へ向いました。
星の井
f0116278_034090.jpg

長谷寺・・・境内には四季折々に美しい花が咲きます。
見っけ!!黄色い彼岸花。
f0116278_051974.jpg

鎌倉を見下ろせる展望台もあります。
f0116278_065130.jpg

そして、長谷寺からまたぶらぶら歩くこと5分
来たぞぉ~~~~!!
そうです。
鎌倉と言えば、この方に会わずして帰れませんよね(^_-)-☆
f0116278_09426.jpg

そして、大仏の中に入って見上げると・・・
f0116278_0122594.jpg

スゲェ~~~~~~

青空の下、大仏様に出会えただけで御利益ありそうって感じてしまいますね。

そうそう、早速ありましたよ~^m^
帰り道で出会ったお寿司屋さん!
ガイドブックにも一応載ってはいたけれど・・・店構えが・・・^^;
大丈夫かぁ?!
でも、そう、観光客向けでない簡素な店の作りは味と反比例かも・・・
そういう店の方が美味しいとも言うよね。
ちょっと勇気を出して・・・入る?・・・「うん」
ジャーン!!
f0116278_0182938.jpg

鎌倉へ行かれる方には絶対お薦めです。
由比ガ浜駅のそばの「小花寿司」さんです。
生しらすめちゃ美味でした~~!!
しらすの時期は過ぎてると思っていたので感激でした。

おまけ・・・テレビでも紹介されたそうです。
大仏さんの門前のお店です。
あじさいソフトです。紫は紅芋で緑は抹茶です。
あっさりです。
f0116278_023469.jpg

ここで、今回の旅行はおしまいです。
ずっと、喋り続けてたのか?って。
聞くだけ野暮ってやつですよ~(-_-;)

まりべるちゃん遅くなりましたがやっとアップできました。
いつの日か、himiちゃんと3人で絶対ぶらり旅したいね(^_-)-☆
えっ?!お喋りばかりで前に進めないって?
かもね・・・(^^ゞ
それまで元気でいなけりゃね!!
では、このへんで・・・

アッ!!そうそう、
映画好きのあなたへ・・・
「わが教え子、ヒトラー」なかなか面白かったですよ。
もしもこのお話が実話なら・・・ヒトラーの行為も納得出来るのか?????
ユダヤ人監督というのだから驚いた。
ようやく昨日余裕が出きて行ってきました。お薦めです。
[PR]

by coo-sora | 2008-10-27 00:38 | 旅の記録

静岡旅行・・・2・3日目

さてさて、遅くなりましたが2日目以降を・・・

2日目は千頭から普通電車に乗って新金谷まで戻り、車に乗り換え一路富士山へ。
この旅の目的のひとつでもある富士山を間近で見よう!!を達成に。
しかし・・・東名を走れど走れど・・・
富士で降りてからも・・・富士山は何処だ?
そうなんです。
曇ってる。雲だかガスだか全く見えないΣ('□'*('□'*('□'*('□'*)ガビーン!!
とにかく来たことだけでも実感したいと五合目までドライブ・・・
甥っ子「なぁ、富士山はぁ???」
あたし「ここだよ」
甥っ子「えっ?!無いよ(・。・;」
あたし「そりゃそうや、今車で走ってる道路が富士山の上なんやから」
って、ちょっと変な説明・・・(・・;)
お盆休み中は五合目まで行くのも途中の駐車場からバスでピストンで、道路規制。
駐車場に着いたものの・・・
やっぱり富士山は深いガスで全く頂上を仰ぐこともできず・・・
ここは何処?????の状態。
あ~~~~~ガックリ・・・Σ(_(工)_;)

そこで、サファリパークに行くことにする。
雲が切れたら何処にいてても富士山が見えるはずだもんね。

富士サファリパークは初めてです。
道路からいきなりゲートで料金をはらって、次の高い金網のゲートを入るとそこには・・・

f0116278_17412152.jpg

ライオンが車道わきでゆったり~~
f0116278_174248.jpg

メスライオンはゆっくり車の前を横断中
f0116278_174349.jpg

トラのお散歩(*^_^*)
f0116278_17434253.jpg

園内の車に乗ると金網ごしにエサをあげることも出来るようです。
園内は猛獣区や草食動物、山岳動物などに分かれていて、ゆっくり動物を観察することができました。
そして、全ての行程が終わると駐車場に車を置き、ふれあいの森やネコ・イヌハウス、売店などに行けるようになっています。
f0116278_17481246.jpg

ワラビーにこわごわ触れてる甥っ子です。
わたしの一番のお気に入りはこの子・・・
f0116278_1750086.jpg

なんとも~~~~思わず顔が緩みませんか?

サファリパークで遊んだ後は、今日のお宿へ河口湖を目指して・・・
予約したのは河口湖畔の富士山が綺麗に見えるホテル・・・
予約した時に確かめたのです。
お部屋から富士山は見えますか?
ホテル「はい。当ホテルは全てのお部屋から正面に富士山が見えるようになっております。曇りでなければですけれど・・・。」
最後の言葉がずっと気になっていたのです。(^_^;)
やっぱり・・・(-_-;)
富士山がない。
よし!!明日に期待しよう。
目覚めたときに富士山が見えたら素敵だね。きっと・・・
晩御飯も美味しかったし
f0116278_17562778.jpg

食べきれないくらいのお料理とワインに酔いしれ・・・
屋上露天風呂も最高の眺め・・・

でも、翌朝、曇り・・・ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
どうよ!!
こんなことってありかよ!!
誰や!?日頃の行いの悪いヤツは?
わたしたちの人生ってこんなもんかいなぁ~~~(~_~;)
ブチブチ言いながら甥っ子が楽しめる場所へ行くことに。
近くにあったクラフトパークに入ってみる。
トンボ玉、そば打ち、サンドブラスト、絵付けなどの体験が出来る。
わたしたちが選んだのは
甥っ子はボトルアート
わたしたちは銀粘土アクセサリーで意見一致。
で、予約をして待ち時間を利用して「久保田一竹」美術館へ。
幻の辻が花を再現した彼の作品を一度は見たいとずっと願っていたのだけれど・・・
忘れていました。(~_~;)
今回、河口湖周辺の地図を見ていて見つけたんです。
それで、どうしても行きたいと申し出て妹たちにも付き合ってもらいました。
わたしたちを出迎えてくれたのは
f0116278_1811638.jpg

なんとも趣のある門でしょう。
そして、中庭には舞台が・・・
f0116278_1812425.jpg

展示会場がお見せできないのが残念です。
「こんな着物着てみたいなぁ~~~」
「こんな柱、初めて見たよ~~~」
作品の迫力は言うまでもなく、展示会場も見事な建物でした。
しばし見とれてしまったわたしたち・・・
見られて幸せでした。

さてさて、時間となったのでクラフトパークへ。
小さな銀粘土と格闘すること90分。
出来ましたよ~ん\(^o^)/
世界にひとつだけのあたしのピアスです~~ぅ(^^ゞ
f0116278_1817249.jpg


ここで、既にお昼もまわり、わたしたちはお蕎麦とほうとうを頂いて、最後の目的地。
御殿場のアウトレッドへ出発です。

アウトレッドはさすがにお盆休み、大混み状態。
ここは何処?っていうくらいの人・人・・・
あ~~~疲れた(-_-;)
ま、それでもアウトレッド大好き妹のお供で一周して、買い物もしてようやく帰路へ。
東名豊田から行きと同じく伊勢湾岸道へ・・・
わぁ~~~綺麗!!
f0116278_18225118.jpg

わたしたちの旅の最後を飾ってくれたのは苅谷のハイウェイオアシスの観覧車でした。

結局、三日間中、富士山には出会うことの出来なかった旅でした。
残念やったね。
だけど、リベンジの立派な口実が出来ましたよ。(^_-)-☆

ゆっくり楽しい旅行でした。
でも、疲れたぁ~~~~~(~_~;)
[PR]

by coo-sora | 2008-08-20 18:26 | 旅の記録

静岡旅行・・・1日目

久しぶりの旅行です。
夏休みですから、当然、甥っ子と妹と。
今年は以前から是非甥っ子に乗せてあげたいと思っていたSLに乗りに静岡へ。
そして、妹の要望で富士山を見に・・・?!登りに・・・?!

出発は10日、日曜日の7時15分出発。
大井川鉄道、金谷発のSLに乗るために早めの行動です。
そして、今回は初めて新名神から伊勢湾岸道を走りました。
名神の草津インターを7時20分ころ乗り豊田で東名に合流。
袋井から掛川バイパスを走り、新金谷駅に着いたのは3時間後でした。
もちろん30分の休憩もしましたよ。
でも早い!!感激です。道路は広いし、空いてるし。\(^o^)/
いつも混雑する一宮から名古屋をまわらないので、30分以上は短縮です。
f0116278_16451724.jpg

長島スパーランドのジェットコースターを横に見ながら名古屋港をまたぐ道路は景色もいいし最高のドライブです。

途中、掛川バイパスからは新婚時代に住んでいた村が見えるはず・・・
どんなふうに変わってるのかなぁ~~
ん?!(・・;)   ありゃぁ~~(*^_^*)
昔のまんまじゃん!!
「なぁ、ばあば、こんな田舎に住んでたん?何にも無いやん。」って、甥っ子。
「ほんまやなぁ~・・・でも、懐かしいなぁ~お茶畑ばっかり・・・」
お茶刈りの時期には機械の音がうるさいくらいやったもんなぁ~
そんな昔を思い出しながらトンネルを抜けると金谷です。

で、わたしたちは駐車場のある新金谷駅に車を預け、そこからはいよいよSLです。
f0116278_171739.jpg

ホームに入ってくるSLの汽笛に心ワクワクです。
生汽笛の音は甥っ子もわたしたちも顔を見合わせて感動!!
f0116278_171215.jpg

確か「武士の一分」の最後の決闘シーンの撮影はこのあたりの川原・・・
f0116278_172436.jpg

お茶所、川根のお茶畑
f0116278_1743048.jpg

私たちが乗ったのは先頭車両の7号車でしたので、後ろはこんなふに・・・
煙モコモコ分かりますか?
で、何が面白かったかって、車掌さんです。
f0116278_178920.jpg

各車両をまわってリクエストに応じてハーモニカを吹いてくれるんですよ。
これがまたお上手で、拍手喝采です。(^_-)-☆
f0116278_1794377.jpg

はい、ご苦労様でした。ありがとう!
思わずそんな声を掛けたくなる機関車です。
終点の千頭駅です。
f0116278_1710374.jpg

新金谷駅から約70分。
大井川の広大な景色、お茶畑を眺めながら
お弁当を食べながら汽笛の音に何度も感動してゆったり旅です。
f0116278_17513115.jpg

以前にもお話しましたが、わたしは掛川に住んでましたので、SLが走ってるのは見たことはあったのですが、乗るのは初めてです。
本当は家山の桜が満開の時期に来たかったのですが、甥っ子の休みの予定もあるしね。
そして、ホントは千頭からアプトラインに乗りたかったのですが、妹の反対で真直ぐ今夜泊まる予定の「寸又峡温泉」へ向かうことにしました。
寸又峡温泉は千頭からバスで約40分の山道です。
山の中をどんどん上がっていきます。
で、着いたのはホントにもうこの先は無いじゃんっていうドン詰まり(・・;)
ここでは、時々テレビでも紹介される「翠紅苑」に泊まりました。
f0116278_1720497.jpg

お料理も三菜やヤマメに鹿肉と山の幸が満載
ごく一部ですが・・・
f0116278_17224065.jpg


そして、一番紹介したかったのがここ。
大間ダムに架かる「夢の吊り橋」です。
旅館から往復90分の散歩コース。
途中から雨が降り出したのですが、明朝行く気合が出るか不安だし。
体調も考えて絶対今日中に見ておきたいというわたしの希望で歩く歩く
だけど、妹たちはダムに到着したところで断念。
そこからは急な坂道と階段です。
じゃ、ひとりで行ってくるよ。
携帯もあるから大丈夫!!
心配する妹と甥っ子を置いて下る。
「先に帰ってていいよ~~~~」と、わたし。

でも、降りながらちょっと不安に・・・帰りは登りだよね。(~_~;)
でもでも引き返すは悔しいからね。
時間は5時。雨も降ってるし薄暗いし・・・

そして、目の前に現れたのは・・・
f0116278_17302095.jpg

恐々・・・渡ってみる・・・てか、持つとこ無いやん(-_-;)
ゆれるしぃ~~~~恐い~~~!!ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
f0116278_17304055.jpg

アカン!雨で橋の板が滑るしぃ~(-_-;)傘さしてカメラ持ってて・・・
ここで落ちたらケガだけで済まないよなぁ~~~
f0116278_17305940.jpg

で、さすがの高い所好きのあたしも真ん中で断念。
クソ~~~ッ!!
晴れていたら向こうまで渡って展望台に登ったのになぁ・・・残念。
でも、絶対来たいって思っていた吊り橋。
リベンジするかな。今度は紅葉の時期がいいかしら(^_-)-☆
そんな計画を秘かに企てながら帰路へ。
旅館に着いて飲んだビールは最高でした。\(^o^)/

そんなこんなで1日目は終わり。
トロ~ンとした「美人の湯」と謳われるお湯はとっても気持ち良く。
足の疲れも癒され最高でしたよ。

さてさて、明日は富士山を目掛けて河口湖へ移動です。

続きはまた明日ね!(^^♪
[PR]

by coo-sora | 2008-08-15 17:43 | 旅の記録

九州旅行

少し時間が経過しましたが10日前の九州旅行の写真をアップします。

行程は熊本の黒川温泉から大分の湯布院温泉までです。

主婦4人(従姉妹会)です。

先ずは小雨降る中を車で従姉妹たちをひとりひとり拾いながら大阪伊丹空港へ。
そこから飛行機で熊本へ向かいました。

おんな4人。・・・オバハン4人寄ったら行きの車の中から大騒ぎです。
初めての従姉妹だけの旅行。
今までは親も一緒でしたが、今回からはわたしたちだけでのんびりと・・・。

熊本に着いたら先ずは腹ごしらえ。
入った店は「くま・しか・しし・きじ・かも・・・」の看板につられてです。
食べたのお店のおばさん推薦のしかときじの溶岩焼きとだご汁と高菜ごはん。
f0116278_1262379.jpg

お肉はあっさりと美味しかったです。
何より美味しかったのはだご汁についてきた大根のお漬物。
お店の女将さんに早速レシピを教えてもらいました。

お腹はいっぱいになったけれど外は雨
阿蘇山に登るのを止めて温泉に直行することに。
ゆっくりお風呂に入ろうと意見一致!
旅館は黒川温泉の一番奥に位置する「山河」です。
川のせせらぎを聞きながらの露天風呂はとても風流でした。
f0116278_1264394.jpg

露天風呂の側にはこんな素敵ないろりがありました。
f0116278_1270100.jpg

とても趣きがありしっとりと素敵な旅館でした。
おとなな感じ・・・だったよ。
素敵な人と二人で・・・がお薦めかしら。

二日目は先ずは「日本一の夢の吊橋」を渡りに九重へ。
f0116278_1354029.jpg

風が強く少し吹雪いて・・・ここは九州違うの!?
なんで雪やねん!!とブウブウ文句言いながら・・・
橋の真中で寒くて引き返そうかと思ったくらい・・・
頭からフードをすっぽり被って渡りました。
吊橋と言っても近代的ですからあまり恐くないです。
素敵だったのは橋から見える3本の滝。
f0116278_136795.jpg


とにかく寒くてまたもや予定変更で湯布院へ行ってしまうことに・・・
湯布院に着いたら先ずは念願の「泉」へ。
そば好きのわたしは絶対行ってみたいお店だったのです。
f0116278_1415950.jpg

わたしが食べたのは一押しの「鴨せいろ」
f0116278_1421596.jpg

満足・満腹!!
泉の前は「金鱗湖」です。
NHKの朝の連ドラ(風のハルカ)の舞台になったところだそうです。
わたしは見てませんので・・・従姉妹はここやぁと喜んでいました。
振り返ると由布岳が望めます。
f0116278_1445313.jpg
f0116278_1451168.jpg

泉のとなりは「シャガール美術館」見ごたえ十分です。
もう一箇所お薦めは「ステンドグラス美術館」
イタリア・イギリスなどの古いステンドグラスが沢山展示してあり見ごたえ十分です。
色ずかいや模様が細かくてとても感動しました。
撮影出来ないのが残念でした。(-_-;)
f0116278_1502414.jpg


さてさてこの後は湯布院の町でお買い物。
おみやげ物屋さんがずらりと並ぶメインの通りを1軒ずつ見て歩き・・・
おいおいそんなに試食してたら晩御飯食べられないぞぉ~~~(・_・;)

旅館は湯布院の町を見下ろせる高台にある「野蒜山荘」です。
趣きの違った家族風呂が3箇所。
平日で空いていたので入りたい放題ヽ(^o^)丿
でも、とにかく寒い!!
お湯の中に飛び込むわたしたち。
朝は部屋に付いてる露天風呂にゆっくりと・・・って、思ったのが間違い。
寒くて止め~~~内風呂に走って行ったわたし。
何と、寒いはず、由布岳に雪が・・・
f0116278_255917.jpg


そして、3日目にしてやっと晴天です。
最終日、高速で国宝臼杵の石仏へ。
湯布院から1時間ちょっと、感動の石仏との対面。
先ずは入り口すぐにある「願掛けお不動さん」から
f0116278_29786.jpg

阿弥陀三尊像
f0116278_292315.jpg

如来三尊像
f0116278_293821.jpg

大日如来像
f0116278_295473.jpg

これらは千年の年月を風雨に堪え今日に至るもので、そこにいるだけで心が落ち着きます。
ここには約60体の石仏が点在してます。
春には菜の花、夏にはハスが咲き誇るそうです。

これは、「化粧の井戸」
覗いていたら地元のおばあちゃんがその水で洗ったら綺麗になるよって教えてくれて・・・
こぞって顔を洗ったのは言うまでもありません。(^^ゞ
伝説によると顔に痣にあった玉津姫がこの井戸の水で綺麗になったとか・・・
f0116278_2101394.jpg


次に向ったのは「原尻の滝」
滝の入り口のお不動さんです。
f0116278_2265056.jpg

そして、またもや吊橋。
こちらは木で出来ていて・・・揺れ方が最高!!九重の吊橋より恐いかも・・・
f0116278_2295462.jpg

恐いと笑ってしまうという従妹はずっと笑ってました。(>_<)
f0116278_230925.jpg

そして、滝です。ミニナイアガラ・・・だそうです。
f0116278_2311828.jpg
f0116278_2313449.jpg


滝の後ろには川の中に鳥居が・・・
f0116278_231501.jpg

滝の側の蕎麦屋さんにあった水車
f0116278_232514.jpg


旅の最後は大分空港への途中の別府湾SAでちょっと休憩。
あれに見えるはサンフラワー。
修学旅行はあれに乗って帰ったなぁ。。。と、高校の思い出に浸る。。。
f0116278_2322055.jpg


そんなこんなで、レンタカーでわいわい喋りっぱなしのわたしたち4人。
1番の収穫は、化粧の井戸の横の山道を登ること、
最上寺の「最上菩薩尊」に出逢えたことでしょうか。

とても小さな仏様。ご住職のお話では
40年前に土の中から見つけられた仏様に子供たちが願うことを次々の叶えてくださったことからこのようにきちんと村の守り仏として祀られるようになったと。
そして、ホントにとても願いごとを聞いてきださるのでしっかりお願いして帰りなさいと。
最近では聞きつけた人が東京からもお参りに来られるそうです。

さてさて、わたしたち4人はそれぞれに大きな傷を持つ身です。
1人は子宮がん。
1人は離婚して3人の子供を育て上げ、
1人は子供が出来ない・・・そしてわたし。
今回の旅でもそれぞれの苦労話に花が?咲きました。(-_-;)
お願いすることもたくさんあります。
ご住職に教えられたとおりわたし達は長い時間手を合わせました。

「どうか来年もまたこうして元気で旅が出来ますように・・・」と。
[PR]

by coo-sora | 2007-12-24 01:33 | 旅の記録

旭山動物園

やっとアップする時間が出来ましたので紹介します。
写真だけですが、楽しんでください。
写真はフラッシュを使用しなければ自由に撮れます。
これらのほとんどは子供の特権を活かして一番前で見ることが出来た甥っ子が写したものです。
ですから、小学3年生の目線です。

先ずはアザラシから・・・
f0116278_0561729.jpg
f0116278_0563310.jpg


白くま・・・お昼ねの時間
f0116278_057318.jpg

食事の時間
f0116278_0582761.jpg
f0116278_0585278.jpg
f0116278_0592171.jpg


おサルのベィビー
f0116278_102390.jpg
f0116278_104188.jpg
f0116278_11064.jpg


f0116278_115541.jpg
f0116278_121576.jpg


黒ヒョウもちゃんとヒョウ柄でした!
f0116278_132891.jpg

f0116278_142024.jpg

よく見るとうちのcooとあまり変わらない寝顔かも・・・。
f0116278_18545.jpg


動物園から旭川空港は30分ほどです。
途中、旭川ラーメン村によって塩ラーメンを食べて飛行機に乗り込みました。
旭川発伊丹行きの最終便。
夕焼けがとてもキレイでしたよ。
f0116278_191552.jpg
f0116278_192995.jpg
f0116278_194388.jpg

[PR]

by coo-sora | 2007-09-13 01:17 | 旅の記録

北海道旅行①

行ってきました、北海道。
台風で延期になっていた北海道。
3日間とも快晴に恵まれ、楽しい旅行になりました。
千歳空港→札幌→富良野→美瑛→北竜→層雲峡→旭山動物園→旭川空港

1日目 伊丹空港から千歳空港へ
     千歳からはレンタカーで移動しました。
     先ずは札幌から

テレビ塔
f0116278_20133388.jpg

時計台
f0116278_2014981.jpg


このあとは中央卸売市場の場外市場でお昼ご飯
毛ガニ・タラバガニ・バイ貝など店頭の水槽から好みの大きさのカニを選んで料理してもらえます。
お腹がいっぱいになったところで富良野へ
6時予約の熱気球体験にぎりぎりセーフで富良野着
f0116278_20242353.jpg

ところがです。
6時の予約だし、ホテル前にバスが迎えにくるということなので安心していたら
何という事か!1時間半も待たされたよ!
結局早く現地に着いた人から。
それならそうと言ってくれればいいのに・・・
みんなまだ薄着だし、夜も7時を過ぎると寒くてじっとしていられません。
寒いの我慢できずに帰る人もいまいた。
妹も明日朝に変更しようと言ったけれど、
風が吹くと中止になってしまうから乗れるとは限らないのです。
でもわたしは絶対乗るぞって念じてた。
そして、とうとう夜間飛行となりました。
でも、富良野の優しい夜景と星空が近くてステキでしたよ。
f0116278_20244478.jpg


2日目 富良野のグラスフォレストで吹きガラスの体験をしました。
これは甥っ子の夏休みの宿題のひとつになりました。
f0116278_20342286.jpg


それからは懐かしいドラマ「北の国から」のロケ現場へ
やっぱり富良野といえばこれだよね。
f0116278_20355622.jpg
f0116278_2036194.jpg
f0116278_20363573.jpg
f0116278_20365072.jpg
f0116278_2037654.jpg


そして富良野から美瑛までのドライブ。
f0116278_20421092.jpg

ファーム富田のお花畑
f0116278_20431226.jpg

ファームかんののお花畑
f0116278_20432687.jpg


旭川から北竜まで約1時間。高速を降りると1本道が続きます。
f0116278_20433844.jpg

北竜 日本一のひまわり畑
夢にまで見たひまわり畑。感動でした。
すでに25日でイベントが終わっていたので人は少なく満喫できました。
f0116278_20461188.jpg

f0116278_20462430.jpg

わたしの身長より高いひまわり。
f0116278_20463945.jpg

無料の自転車で乗り放題
f0116278_20465382.jpg


一日の終わり・・・夕日を背に層雲峡へ
f0116278_2049855.jpg


旭山動物園のお話はまた次回に。
[PR]

by coo-sora | 2007-09-01 20:51 | 旅の記録