カテゴリ:旅の記録( 29 )

お~~い!富士山!!

一日目
10日の朝、従姉のお迎えから旅は始まりました。
年一度の従姉妹会の旅行です。
9月にキャンセルしたフランス旅行の代わりかな。
で、車で行くので叔母も誘って4人で行ってきました。
叔母はこの2年以上叔父の看病で毎日病院通いをしてましたので
少しでも息抜きができればと・・・
叔父の看病はお嫁さんにお願いして久しぶりのお出掛けとなりました。
叔母は母の3歳下の妹になり、8人兄妹の下から2番目で、昨日で75歳になりました。
母は54歳で亡くなっているので、わたしの中の母は若いままですから
久しぶりに会った叔母の老けた感じがちょっと不思議な感じでした。

わたしも旅行は昨年のフィンランド以来ですから1年8ヶ月ぶりです。
なんとか体調の調整も間に合い、薬をいっぱい持参しての出発になりました。

お天気は予報通りの曇り。
明日は一日雨の予報だけれど、それもまた楽しみましょうといざ出発~~~

新名神高速道路の草津田上ICから東名高速道路御殿場ICまではひたすら高速道路を走ります。
新名神が出きて早くなりましたね~
懐かしい掛川(静岡県)も過ぎ
お昼ご飯は昨日アップした富士川SAで「桜えびかき揚げとそばのセット」をいただきました。
かき揚げが大きくて1個半でギブアップ(・。・;大満足~満腹~ヽ(^o^)丿

でも~~~空はどんどん暗くなっていく感じです~~(・・;)

「お~~い、富士山どこや~~~!!」

御殿場からは箱根方面へ・・・
芦ノ湖に到着~~~~~
ん~~~~~~~(-_-;)
富士山は全く姿なく・・・紅葉もイマイチかぁ~
雨も降ってきそうだけれど・・・

でもわたしちはめげませんわよ~
お船に乗りましたよ~
f0116278_16225975.jpg

雨降ってきた~~~
デッキは寒いし~~~~
小学生は賑やかやし~~~
紅葉も霞んで見えへんし~~~(>_<)

それでもめげませんよ~
せっかく着たんだもの
ロープウェイで大涌谷へ行きましたよ。
だって長生きするためにあの黒い玉子食べなきゃね(^_-)-☆
f0116278_16285486.jpg
f0116278_16291523.jpg

雨も降ってるし、暗くなってきたし、ロープウェイの最終便の時間もあるし・・・
玉子はシャッター閉まる寸前、てか半閉まりのところで滑り込み購入~~(^_-)-☆
帰りのロープウェイは真っ暗でした^^;

その後は真直ぐナビを頼りにホテルへ・・・
だけどホテルはまだ新しいのでナビはアバウトで途中で案内終了~~^^;
危うく通り過ぎるところを、さすがお姉さまが発見!!
1泊目はエクシブ箱根離宮に宿泊
お寿司のコースをカウンターのコーナーでいただきました。
でもお寿司が出てくるころには既にお腹いっぱい(・・;)
それでもご飯の量をほんの少しにしてもらって全ていただきましたよ(*^^)v
板前さんもちゃんと食べるスピードに合わせてにこやかに相手をしてくださって
こんなにたくさんのお魚を食べたのは久しぶり~~
写真を撮ることもなく、ひたすら美味しいお料理をいただきました。
男性ではちょっと少ないかもしれませんがわたしには多いくらいの量でした。

そしてお腹が落ち着いたところでお風呂へ・・・
念願の温泉です~~露天風呂にゆっくりつかりました。
至福のひと時です~~~

ホントはね、本当に来られると思ってなかったです。
何かっていうと体調が悪くなったりするし・・・
この夏の状況なら絶対叶ってなかったなぁ・・・
そんなことも想いながら、感慨深い露天風呂となりました。

二日目
やっぱり雨・雨・雨・・・
f0116278_1715525.jpg

ゆっくり朝食をいただいて遅めのチェックアウト
箱根ガラスの森美術館へ
ヴェネチアン・グラス専門の美術館でとても見応えがありました。
f0116278_1722207.jpg
f0116278_1722368.jpg
f0116278_17225579.jpg
f0116278_17233083.jpg
f0116278_17234912.jpg


雨はどんどん酷くなり・・・
紅葉を楽しむどころか雨でけむって見えません(・・;)
なので雨の中、他へまわることは止めて
「HAKONE SWEETS」のパンフに載っていた
近くのホテル大箱根で「つぼ焼きケーキ」をいただきました。
f0116278_1736225.jpg

フワフワホカホカのケーキにトロ~リソースをかけていただきます。

待っても雨は止む様子はなく、山中湖へ向けて出発しました。
ナビの通り・・・富士スピードウェイの横から三国峠を越えて・・・
晴れていたら最高の紅葉ポイントでしたが・・・
当然富士山もない・・・
あまりのクネクネ道に叔母が車酔いになり・・・
残念なドライブになりましたが、箱根からの近道だったのか
峠を越えたらホテル(エクシブ山中湖)の門でした。
その頃には叔母もすっかり元気になり
早い時間に変更していた夕食は中華料理をいただきました。
朝食が遅かったのでランチは抜いたのですが
こちらもたくさんの種類のお料理が出てきてお腹いっぱいになりましたよ。
あっさり味の中華料理で、少しずついろんなお料理は家では食べられないのでたくさんの種類の食材が食べられるの嬉しいですね。
でも・・・
デザートの前に酷い咳が出て退席したのでちょっと心残りでしたが・・・^_^;

そうなんですよね~今回一番ネックになったのが咳です。
しかもむせるような咳です。
温度の変化やちょっと粉っぽいものを食べるとすぐにむせてえらいことになります。
従姉妹にも叔母にも迷惑やら心配をかけてしまって申し訳なかったです。
で、今日はすっかり咳は出ません^^;
何だかなぁ~~~(-_-;)

夜は昔話に花が咲き
叔母から懐かしい話をあれこれ聞き楽しい時間はあっという間に過ぎ慌ててベッドへ。。。

最終日
目を覚ますと外は真っ白(・・;)
やっと霧が晴れても富士山は半分は雲の中・・・
f0116278_20195641.jpg



お昼から晴れるという天気予報を信じて富士五湖めぐりに出発しました。
きっとどこかで雲が晴れると信じて・・・
山中湖→河口湖→西湖→精進湖→本栖湖
そして・・・
やっと・・・本栖湖を前に・・・
f0116278_2022528.jpg

f0116278_20114427.jpg
f0116278_2012313.jpg

4人とも大興奮(^^ゞ
不思議ですよね~
初めて見るわけでもないのに
3日間富士山富士山・・・と言い続けて・・・
久しぶりに逢った恋人みたいな・・・ヽ(^o^)丿
やっと雲が切れたときの感激は大きかったですね。
ほんのわずかな時間でしたが大満足な私たちでした。
最後は朝霧高原の道の駅でした。
その後はあっという間に黒い雲に覆われてしまいました。
でも大満足のわたしたちは帰路に着きました(*^^)v

今回の旅行、咳はよく出たけれどずっと平熱で過ごせ、痛みもなく
全行程850㌔を交替することなく従姉の運転で気を遣うことなく甘えたままで
助手席でゆっくりさせてもらえてこそでした。
ちょっとハプニングもあったけれどホントに楽しい想いをさせてもらいました。
従姉には本当に感謝感謝です。

そして最後に浜名湖SAで叔母にうな重をご馳走してもらって旅は終わりました。
叔母には母の分も伯母の分も長生きしてほしいです。
また一緒に行けるといいなぁ・・・
従姉妹たちにはホントに感謝でいっぱいです。

また明日からの治療に頑張れそうですヽ(^o^)丿
てか、また行けるように頑張らなきゃね(*^^)v
[PR]

by coo-sora | 2011-11-14 20:50 | 旅の記録

旅の始まりと終わり

f0116278_21295517.jpg

f0116278_21295561.jpg

金曜から2泊で箱根から富士五湖を巡ってきました。
写真は上り東名高速道路富士川SAの桜えびのかき揚げとそばのセット
朝霧高原の道の駅Pからの富士山

今夜は疲れたので旅のレポはまた後日にします。
咳は相変わらずですが、熱も痛みもなく楽しく過ごしてきましたよ(^^)v
[PR]

by coo-sora | 2011-11-12 21:29 | 旅の記録

あれは夢か幻か・・・⑦ オーロラツアー最終章です

今日は朝から冷たい雨・・・
またちょっと寒いですね(・_・;)
いつになったら本格的に暖かくなるのやら・・・

さて、今日でオーロラを求めてフィンランドへの旅行記は最後になります。
てか、やっと最終日をアップできてやれやれです。
だって、今日で帰国して調度1ヶ月なんです(・。・;

では、最終日・・・
3月22日(月)ヘルシンキ観光のあと夕方6時の飛行機にて帰国します。

先ずは、わたしが午前中ホテルで休んでる間に従姉妹たちが訪れた場所とは・・・
f0116278_1420542.jpg
f0116278_14212076.jpg
f0116278_14213733.jpg
f0116278_14215418.jpg

そうなんです。ご存知ですよねぇ~
映画「かもめ食堂」の舞台になったお店「かもめ食堂」ですよ~^m^
あの映画、何となくほんわか温かくて漂々としてわたしは好きです。
f0116278_14323933.jpg

従姉妹たちの撮影です。

お昼前にホテルを出発したわたしちは、先ずは腹ごしらえ・・・
トナカイの料理を食べに行きました。
先ずはサーモンのパイ包み
f0116278_14354495.jpg

大量のマッシュポテトの上にトナカイのお肉を煮込んだものとベリーソース
f0116278_14361897.jpg

お味は・・・(・。・;
残念ながら残してしまいました。
トナカイのお肉は臭いが。。。好き嫌いがあるでしょうね。
それにトナカイのお肉は殆ど味付けがしてない。
塩茹でって感じでした。

お腹がいっぱいになった所で急いで市内観光です。

ヘルシンキ大聖堂
f0116278_144211.jpg

お隣には大学があります
f0116278_14422927.jpg


この広場では冬に花火があるそうです。15分か20分くらいで終わるとのこと。
凍えてしまいますからね^m^
ん?夏は?白夜でしたね。

ウスペンキ寺院
f0116278_1444535.jpg
f0116278_14442546.jpg


国防省
f0116278_14451554.jpg

門に立つ兵隊さん・・・寒いだろうなぁ~
余分にたくさん持参した使い捨てカイロプレゼントしたいわぁー(*^^)v

氷に閉ざされた船
f0116278_144775.jpg

凍った海の上を歩いて渡ってる人も・・・めちゃ近道やね(^_-)-☆

マーケット広場
f0116278_14483161.jpg

夏には数十の露天商が並びとても賑やかなところですが・・・
冬なので観光客相手のお土産屋さんが7件しかやってませんでした。
夏、ベリーが山積みにされたマーケットに来てみたいなぁ~~~(^^♪

テンペリアウキオ教会
f0116278_1452747.jpg
f0116278_14523359.jpg
f0116278_14525813.jpg
f0116278_14532646.jpg

この教会は岩山をそのままくり抜いたもの。
凄く素敵でした~~
ここでパイプオルガンの音色を聞いてみたかったなぁ~

最後はシベリウス公園でシベリウスのモニュメントを見ました
f0116278_1456411.jpg
f0116278_1457422.jpg

ロシアからバスで観光に来ていました。
お隣ですもんね。

そんなこんなでヘルシンキ観光は終わりました。
そうそう、ヘルシンキ観光はヘルシンキ在住の日本人男性のガイドさんの案内でしたが・・・
まぁ、この人のダジャレ?ただの冗談なのか?
笑うに笑えない・・・(~_~;)
めちゃめちゃ下手なお喋りで・・・笑ってしまった。
タンペレを案内してくれたフィンランド人のガイドさんの方が上手な日本語だったよ^^;

それにしても都市計画により街の30%以上が緑地や公園というだけあって、整然とした街並みはとても美しく素敵な街でした。
北極圏の街も含めて夏にもう一度訪れたいと思わずにはいられません。
やっぱり生ベリーをいっぱい食べてみたい。
それに・・・ちょっとトラブルもあって珍しいベリーのジャムを買ったのですが・・・

そうなんです。
今も思い出すと口惜しい・・・<`ヘ´>

わたしたちは18時の飛行機で定刻通りヘルシンキのヴアンター空港をあとにしました。
本来は関空への直行便の予定でしたが、出発1週間前になってチケットが取れなかったので、名古屋空港への直行便か北○経由の関空かを選んでほしいと言われました。
わたしたちは名古屋から新幹線は邪魔臭いなぁと思い、急ぐわけでもないし北○経由を選びました。
それに1万円返金というのも嬉しかったしね(^_-)-☆

ところが、ところがです~~~~~(・_・;)
北○空港では大変手続きに時間がかかり・・・
空港内で乗り換えるだけなのに・・・何をそんなに調べる必要があるのか?
乗り換え客も20人ほどでしたでしょうか・・・
1時間半くらいしかないのにそんなにゆっくりしていて大丈夫?って思ったのはわたしたちの方なのに。。。
空港職員の態度はめちゃめちゃ横柄で命令口調です(・_・;)
わたしたちが遅れた訳でもなんでもないのに・・・
パスポートを穴があくほどゆっくり眺めていたのは誰だったのでしょうか?

しかも、手荷物検査で・・・
そうなんです。ジャムの瓶を没収されたのです。
ラベルを見ていた係りの女性、フィンランド語は読めるのかな?
てか、ジャムって生ものかぁ?
ん?瓶だからダメなのか?
説明も無いし。
中○語しか喋らないし(・_・;)
空港職員なんだからせめて英語で何故だめなのか説明してほしかったです。
従姉妹もジャムだと説明してくれましたが・・・
結局訳も分からないまま没収となりました。
理由がわかれば納得できたのに・・・
スモークサーモンは良くてどうしてジャムはダメ?

それにもうひとつ、これは全くわたしの不注意なんだけれど、アラビア社で買ったナイフ・ホーク・スプーンのセット。ムーミン柄で孫へのお土産でした。
ナイフのことすっかり忘れてました(~_~;)
ナイフは没収。
ま、これは仕方ないですね。
わたしの不注意でした。
でもヘルシンキの空港では通過したんですけどね。

ここで批判めいたことを言う気はありませんが、もう少し親切な対応をしてもえたら嬉しいですね。
飛行機の中でも客室乗務員の方に全く笑顔が無いのが気になりました。
美人な方ばかりなのですから、何もそんなに恐い顔せんでもぉ~~~って思ったのはわたしだけでしょうか。。。

旅の最後に疲れも手伝ってちょっと凹んだ出来事でした(-_-;)

そして、最後の最後。
関空について・・・スーツケースが積み残されたとの連絡(~_~;)
オイオイ!!
で、また時間を取られて宅配の手続きです。
これがまた大変で・・・うんざりしちゃいました。

定休日なんで関空まで迎えに来てくれた夫にこの話をすると・・・
名古屋空港でも良かったね。
第二名神を走れば関空と変わらなかったけど・・・と、言われ。。。
もっと早く言ってほしかったなぁ~
そうすれば直行便でジャム5種類とムーミンナイフを没収されることは無かったのに~~~
今思い出しても口惜しいです。

そうなんですよね。
なぜだか関空としか思わなかったわしたち・・・(・。・;
ひとつ賢くなりました。

あ~~~わたしのジャムたち~~~
因みにジャムはね、日本では珍しいクラウドベリーを含め、ビルベリー・グースベリー・ラズベリー・赤スグリの5種類です。
クラウドベリーは味見までして買ったのにぃ~~~~(/_;)

結構しつこい性格のあたしでした^_^;

ここで買ったお土産のお話。
上記のジャム以外はやっぱりスモークサーモンが一押しです。
お菓子はやっぱチョコレート類。
本場キシリトールのガム。
そしてチョコと売り場を二分していたグミです。
いろんな種類がいっぱい。量り売りもあります。
変な味のもあったけど美味しいです。
返りの飛行機で大きな缶入りグミを食べていたフィンランド人には驚きましたがね(・。・;
あとは・・・そうそうベリースープです。
葛湯みたいにとろーりとしてめちゃ美味でした。

食べ物以外は・・・
フィンランド一押しブランドのマリメッコ
アラビア社の陶器類
トナカイの角の小物
毛糸もの
ムーミングッズ

これくらいやったかなぁ~
もう思い出せません(・。・;

自由時間の多いツアーだったので地元のショッピングセンターでじっくり物色できたのが良かったです。
面白かったですよ。

国土は日本とほとんど変わらないのに人口は520万人。
ヘルシンキは95万人。
全人口の約5分の1ですね。
みなさんゆったりしていてとても親切です。
片言のわたしにも声をかければ丁寧に教えてくれます。
税金は高いもので22㌫も取られるそうですが、食品は安いです。
これで社会保障が万全であるのなら22㌫はおしくないかも・・・って思います。

そんなこんなでしたが、とにかく無事帰国できたことを喜びましょう。
最後にちょっとしたトラブルもあったけれど、夢に見たオーロラが見られたことが全て。
トラブルも今となってはいい勉強になったと理解しましょう。

そして、返り道。
今度は何処へ行くんや?イタリアか?と、言ったのは夫です。

う~~~ん。
イタリアかも・・・トルコもいいなぁって・・・ニョーヨークも行きたいし・・・って、わたしたち。

さてさて、何処に決まるでしょうか?!
また目標を作って頑張ろう!!

しかし、3月23日(火)13時半関空到着。土砂降りの雨。。。
寒いなぁ~~~と、ブツブツ・・・^_^;

おまけ!!
f0116278_1623830.jpg

f0116278_1634913.jpg

鍼の返り道に孫にお土産を届けました。
お土産はセーターと帽子。ムーミン柄のアラビア社のカップとお皿にあのスプーンセット。
帽子大好きの孫です。
帽子を被ってご機嫌の笑顔がこぼれますヽ(^o^)丿
最高の笑顔!!

おまけのおまけ!!
f0116278_164645.jpg

木馬に乗って得意げな顔。
この木馬は長男が産まれたときに、夫の職場の仲間からお祝いで頂いたものです。
甥っ子や姪っ子を巡り帰ってきたものを二男が磨きなおしました。

この日の孫のひとこと
「ばぁば だいすゅき!!」オーロラの感動を超えたかも・・・\(^o^)/
[PR]

by coo-sora | 2010-04-22 16:13 | 旅の記録

あれは夢か幻か・・・⑥

今日は暖かいですね。
ホッとしますねヽ(^o^)丿
腎盂炎には冷えが大敵だから暖かくなると嬉しいです。
お陰様ですっかり元気です!
あとはしっかり食べて体力を戻すだけです。

しかし、こういう時の体重が戻るのは早いですね。
ほとんど食べられない日が1週間続き4㌔も減ったのに、この数日体力つけなきゃと炭水化物を多めに摂ったら2㌔あっという間に戻りました(・・;)
まだ、胃の調子が思わしくないので油物は控えめ。
あと1日1、5ℓの水分は意識して摂るようにしてます。
やっと1日5~6回という平均的排尿回数を自力でクリアするようになりホッとですヽ(^o^)丿
今回、飲んでるのに尿は出ず脱水するという体験をしました。
なのに浮腫んでもない・・・?????
水は何処へ行ったのか?
熱があったので蒸発したのか?なぁんてね(>_<)

毎日当たり前のことが当たり前でなくなるってホント大変なことです。

でも、極寒の地へオーロラを見に行ったことへの後悔はありません。
ツケがまわったのだとしても、行かなかった方が良かったのかも・・・なんて想いもしない懲りない女です(*^^)v
それより、こうして今回の旅行記を書きながら次回は何処へ行こうと早くもインターネットで調べるわたしです。

では
3月21日(日)6日目(タンペレ観光)に突入です。
今日は朝食を済ますとバスにてタンペレ観光のスタートです。
f0116278_13594698.jpg

タンペレ市の建物はアールヌーボー様式の古いものが大変多くとても素敵な町並みです。
f0116278_1423086.jpg

従妹のIちゃん撮影です。
f0116278_1413681.jpg

タンペレはフィンランド3番目の都市。
昔は工業の街で工場がたくさんあったそうですが、今はほとんどが閉鎖。
しかし建物はそのまま他のことに使用されているそうです。
例えば、市の庁舎であったり、企業の事務所や店舗、はたまた住居としても活躍しているそうです。
日本じゃすぐに建替えちゃうのになぁ~
残る工場の煙突からの煙は水蒸気だそうです。
何かいいなぁ~~~

タンペレ大聖堂
f0116278_14161997.jpg
f0116278_1417234.jpg
f0116278_1417232.jpg
f0116278_14174233.jpg
f0116278_14182855.jpg
f0116278_14193515.jpg


氷河時代に形成された最も古い丘陵にあるピューニッキ展望台
f0116278_14312138.jpg
f0116278_14314370.jpg
f0116278_14322240.jpg

タンペレの街が一望できます。
展望台の名物は揚げたてドーナツです。
わたしたちはまだ朝食が消化できてなくてパスしましたが、美味しそうでした~
早く言ってくれれば朝食控えたのになぁ~^^;

そして、タンペレ市へ寄った一番の目的は・・・
f0116278_1438491.jpg

そう、ムーミンです。
この旅の3箇所目の目的であるタンペレ市立美術館ムーミン谷博物館へ行くことです。
トーベ・ヤンソンが寄贈した原画作品が2,000点もあり、また原作に忠実に再現された立体作品の展示もたくさんありとても楽しめました。
もともとムーミンはトロールですから黒色で恐いイメージだったそうです。
わたしがこよなく愛する日本の有名な映画の主役と同じですね。
ゆっくりじっくり観賞できました。
へぇ~~~って感動したり懐かしかったり・・・ヽ(^o^)丿
ショップもありお土産も買えました。
内部は撮影禁止でお伝え出来ないのがとても残念です(・。・;

ここでガイドの方とはお別れして、昼食のサーモン料理の有名店へ向いました。
幹線道路から雪原の中の細い道の先に現れたお店
f0116278_14513247.jpg

やっぱりサーモンは美味しい~ヽ(^o^)丿
f0116278_1452515.jpg

ここのジャガイモは珍しく原型のままでした。
でも、隣のテーブルのおじさんは丁寧に潰してましたね^^;
サラダもついてましたが、やっぱりじゃがいもと人参です。
この季節は特に多いのかなぁ~
ソースも美味しかったです。

ここからはバスでヘルシンキまで移動です。
約2時間ほどでしょうか。
バスは教会の写真にちらっと写りこんでる大型観光バスです。
乗客15名ヽ(^o^)丿ゆったりのんびり~~
このツアーでのバス移動はずっとラクチンで良かったことです。
ウトウトしていたらヘルシンキに到着です。

そうそう、フィンランドへ来て一番驚いたことはバスに乗っていて気付いたのです。
バスの横を追い抜いていく車・・・ト○タ・ト○タ・・・ニッサ○・・・ト○タ・ニッサ○・マ○ダ・ホ○ダ・・・
たまにボル○・・・ワーゲ○・・・アウ○ィー・・・・・しかも古い型だわ・・・で、やっぱりト○タ車です。
あれっ?フィンランドの国産車は?
(・_・;)車だけ見ていたら日本みたいです。
しかも数年前の日本かな?!
結構古い日本車が走っています。
不思議な景色です。

ヘルシンキでは楽しみにしていたアラビア社(陶器)へ行きました。
f0116278_15182038.jpg

広大な敷地です(Iちゃん撮影)
f0116278_15191440.jpg


博物館で古いアラビア社の製品を見た後はアウトレットショップでお買い物。
素人が見ても分からない絵付けの失敗した製品がお安く買えます。
もちろん正規の製品も買えます。
重くなかったら欲しいものはいっぱいあるんだけれど・・・
陶器製品だけでなくキッチン用品もたくさん揃っていました。
お買い物は孫へのお土産だけにしました。
そういえば、何処(ホテルやレストラン)のトイレの便器にもアラビア社のマークが付いてましたよ。
そうそう、便器で思い出したのが男性用便器の話。
ヘルシンキのホテルでベットが高くて驚いた話をしていたら、ツアーの男性から便器の位置が高くてギリギリだと・・・(・_・;)
ツアーに参加していた男性は二人とも小柄な方かな・・・^^;
ちょっと想像しちゃって・・・爆笑になりました(^^ゞ

確かにこちらの方は足が長い。
特に若い人は驚くほど腰の位置が高い。
しかも抜けるような白い肌にブロンドの髪が綺麗。
顔も実に美しく、スタイルバツグンです。
普通に街で行きかう若者に見とれてしまいます。
モデルのような女性ばかり、イケメンの男性もいっぱいです。
見ているだけで楽しいヽ(^o^)丿
オバサンの免疫はアップ・アップ・・・ですよ~~\(^o^)/

そして、バスは懐かしいオリンピックスタジアムの横を通りホテル「ラディソンBLUシーサイドホテル」に到着。
f0116278_15532144.jpg

(Iちゃん撮影)
部屋はこの旅行で1番広くいいお部屋でした。
シーサイド(ヒエタ湾に面してる)だから海が見えるねって言いながら窓のカーテンを開けました。
えっ?!
この部屋からは海は見えないの?
なぁ~~んや、がっかりやなぁ~~と^^;
でも・・・
ん?
あれって?船?
気が付いたのはIちゃん。
f0116278_1555348.jpg

湾は凍ってるみたいです。
船は氷の上?!ですね(・_・;)

で、この後は明日のお昼まで自由時間です。
わたしは疲れが溜まってとうとう動けなくなってしまいました。
ヘルシンキでは日曜日はどのお店もレストランも夕方5時~6時頃に閉まってしまいます。
日曜日は家庭で団欒を楽しむ曜日なんですね(^^♪
ショッピングセンターもヘルシンキ駅構内にあるスーパーだけだとのこと。
早速、従姉妹ふたりはトラムに乗ってヘルシンキの街の散策へお出掛け。
わたしは彼女たちの留守の間ぐっすり眠りました。

翌朝もホテルを出るまでお出掛けをやめてホテルでゆっくりしました。
もちろん元気いっぱいのオバサンふたりはトラムでお出掛け~
見たかった場所の写真はばっちり撮ってきてくれましたよヽ(^o^)丿

お陰で元気を取り戻し午後からのヘルシンキ観光を楽しみむことが出来ました。
この旅行でひとつ自分に言い聞かせていたのが、自分の身体と相談しながら動くってこと。
旅行に来て予定していたことが出来ないのは残念です。
でも、みんなより体力が低下していることは自分が一番自覚しているはず。
我慢も旅行を楽しく終わらせるには必要ですよね。
しかしここまで無事来られただけでも幸せです。
わたしの中ではオーロラが見られたことが全てですから\(^o^)/
万が一のために持参した薬は何も使わなくて済んだんだもの。

そんなことで今日はお仕舞い。
最終日のレポは明日かな(^^ゞ
[PR]

by coo-sora | 2010-04-21 16:22 | 旅の記録

あれは夢か幻か・・・⑤ 

また間が空いてしまいました(~_~;)

RINRINNちゃん・メアリーアンちゃん・ihatovちゃん・himiちゃんには何度もコメントを戴いてるのにほったらかしになってしまってごめんねぇ~m(__)m
きっと心配してもらってるよね(・・;)
やっとパソコンに向えるようになりました。
いつもありがとうm(__)m

先週1週間、月曜から木曜までは通院。
抗生物質もこれだけ入れたらもう大丈夫だろうってことと、タキソテールでしんどかったのでI先生も通院が可哀想と思われたみたいです。
金土日はとにかく大人しく寝ていました。
お陰様で腎盂炎は良くなったみたいです。
もう、発熱も痛みも無くなり食欲もでてきましたから大丈夫だと思います。
ただ、食欲が全く無くなり食べられなかったので体力が極端に落ちてしまって・・・
この年になると体力を戻すのに時間がかかりますね^^;
それに薬漬けで胃が悲鳴をあげました(~_~;)

ホントに久々に酷い1週間でした。
通院にて毎日点滴3時間は結構きつかったです。
特に月曜はタキソテールもしたので水曜木曜はほんましんどかったです~(-_-;)
点滴の内容はリンゲル1リットル+利尿剤+抗生物質+鎮痛剤です。
今回は鎮痛剤が合わずにハプニングがあったりしてまいりました(@_@;)
どうやらわたしの身体は鎮痛剤がよく効くのか?!
初めての鎮痛剤は慎重にしないといけないようです。

さてさてフィンランド旅行記が間の抜けた感じですが、一応私自身の記録であるわけですから最後までアップしておきます。
飽きた方はスルーしてください。

だけど、わたしたちってホントにラッキーでしたね\(^o^)/
アイスランドの火山噴火が1ヶ月早かったら行けていませんでした(・・;)
行けても帰れなかったし、火山灰でオーロラどころでなかったですね。
テレビで大混乱の様子を見るにつけ感謝せずにはいられません。

3月20日(土)5日目、ロバニエミの朝は雪が舞っていました。
今日はサンタクロースエキスプレス(夜行寝台列車)でタンペレへ移動する日ですが、夕方6時までは自由行動です。
わたしたちは12時のチェックアウトまで部屋で荷物の整理をしてゆっくり過ごしました。
寝台列車はスーツケースを開けることが出来ないので1泊分の荷物を分けて乗車しなければなりません。
12時に荷物をホテルに預け、博物館に出かけました。
雪が降る中をぶらぶら歩いても15分くらいです。
小さな町なので歩いて端から端まで行けます(^_-)-☆
でも町の中心には大型ショッピングセンターもあり素敵な町ですよ。

博物館前の住宅は・・・
f0116278_18201038.jpg

ベランダの外側がガラス張りです。

北極圏センター・ラップランド博物館
f0116278_18222014.jpg

ここではラップランドの生活や動物のことが詳しく分かります。
オーロラシアターもあります。
カフェのケーキも美味しかったです~(^^♪

帰りはナイフ工場に寄りました。
この地方はナイフが特産のようです。
お土産にもたくさん売っています。
猟生活には必需品だったのですよね。

雪がよく降ってきました。
サラサラの雪です。
サーリセルカで気が付いたのですが、降り積もった雪を固めようと思ってもサラサラと手からこぼれます。
これじゃぁ、雪合戦はできないねって・・・^m^
そして今回の旅行で初めての雪が降る日の今日・・・
わぁ~~~可愛い~~~\(^o^)/
f0116278_1834888.jpg
f0116278_18344353.jpg

雪の結晶がはっきり分かるでしょう~従姉の撮影です。

ロバニエミ最後の訪問先は・・・
f0116278_1837025.jpg

えっ?????
何でマクドナルド?って、思うでしょう?
実はここは、世界最北端のマクドナルドなんですよ。
日本でもめったに行かないマクドナルドなんですが・・・
記念に入ってみました。
中は日本と殆ど変わらず、ここも若い人がいっぱい集まっています。
注文したのはこれ。
f0116278_18403365.jpg

ニューヨークなんとかって言うやつ・・^^;
値段は日本より高いです。セットで1,000円くらいします。
味は美味しかったです。
特にパテが美味しかったです。
久しぶりに食べたけど、これが美味しいのか?ここが美味しいのか?

そして、いよいよ出発の時間です。
駅はホテルからはバスで10分もかかりません。
添乗員さんがわたしたちが乗る車両のすぐ近くに止めてもらいますからと説明。
すぐ近くって?????
(・。・;
ありゃ~~~~?ホームはどこ?
バスはホントに線路のすぐ側に止まり、線路をひとつまたいで・・・て言うか、雪が積もってるのでそのままスーツケースを引っ張って列車に乗り込みます。
なんかこういうのって雰囲気あっていいなぁ~ヽ(^o^)丿

サンタクロースエキスプレスは最近車両が新しくなってサンタの絵がなくなったそうです。
白い車体に赤のラインが映えます。
f0116278_1913199.jpg
f0116278_1925785.jpg

部屋は二人部屋でめちゃ狭いです(・・;)
f0116278_1943689.jpg

列車が動きだして15分くらいで車掌さんが改札に来ます。
f0116278_1963051.jpg

後はタンペレまで眠るだけです。
外は雪原と赤松の森・・・・・・・・・・・・・・・・・
わたしたちは朝が早いので早々と寝ることにしました。
列車の揺れも気にならず結構ぐっすり眠りましたよ^m^
目が覚めたら・・・そこはやっぱり雪原と森・・・・・・・・・
景色変わってないし~~~(・・;)
それでもタンペレの駅に近づくと建物が見えてきてちょっとホッとします。

到着しました。タンペレの次がヘルシンキです。
f0116278_19135466.jpg
f0116278_19143584.jpg


まだ朝の7時前です。
ここからは近くのホテルへバスで向かい、ロビーで朝食の時間を待ちます。
朝食後はバスでタンペレ観光です。
ガイドには日本に10年住んでいたというフィンランド人男性のガイドさんが案内してくれました。
とても上手な日本語で分かりやすく、素敵な方でしたよ(^_-)-☆

タンペレ観光の様子はまた後日ということで・・・今日はここまでです。
[PR]

by coo-sora | 2010-04-19 19:22 | 旅の記録

あれは夢か幻か・・・④

きょうはタキソテールの点滴に行ってきました。
しかし、腎盂炎が長引いていて昨夜も38、6度の熱がでて腰痛も酷い。
全く治っていません。
明日から毎日4、5日、抗生物質の点滴に通うことになりました。
ちと邪魔臭いけど慢性化しては大変なんで徹底的に治します。
今夜は点滴の鎮痛剤がとても効いて楽です。

それに、きょうはCTも受けました。
今回ほど骨以外の転移を心配したことはありませんでした。
でも、まだ骨以外への転移の所見は無しということで、ホッとしました。
また治療頑張ろう!!

そんことで、今日は4日目のお話です。

この日は朝からバスでロバニエミへ移動です。
バスで約2時間くらいでしょうか・・・
f0116278_21571742.jpg

f0116278_21591973.jpg
f0116278_2242310.jpg

どこまで走っても延々と同じような景色が続きます。
山はありません。平坦な北欧赤松も森が広がり・・・平野も川も湖も真っ白
凍ったあとに雪が積もりず~~~~~っと雪原が広がります。
始めて目にした景色にただ感動、厭きることはありません。

最初の寄り道地は・・・ここ
f0116278_22363868.jpg

トナカイ牧場です。
ご飯の時間のようです
f0116278_2238925.jpg
f0116278_22383958.jpg


トナカイさんと遊んだあとの昼食はサーメ人のテント「コタ」で焚き火を囲んでソーセーゾとベリージュースを頂きました。
f0116278_22451810.jpg

昔のコタはトナカイの皮のみで作られています。
f0116278_22475116.jpg
f0116278_22483432.jpg

今は観光客用にこんな感じです。
サーメ人の女性がサービスしてくれます。
めちゃめちゃ美味しかったよ~~
特にコーヒー。
火に置かれたヤカンに粉をどんどん入れるのでどれだけ濃いコーヒーかとギョッとしたけど、これが実に美味しく一緒にいただいたシナモンクッキーも絶品でした。
ホットベリージュースも最高でしたよ\(^o^)/
f0116278_22524374.jpg

f0116278_22534023.jpg

焚き火で焼いたパンとウィンナーは格別ですヽ(^o^)丿

そして次はわたしたちの第二の目的である場所
サンタクロース村です(^^♪
f0116278_22592071.jpg

こちらはサンタクロースのオフィスがある建物です。
f0116278_22595881.jpg

ショッピングアーケードもあり、そこで見つけたものは・・・北極圏の印
北極圏の一番南に位置しますから、ここで「北極圏通過証明書」が頂けます。
こちらは郵便局
f0116278_236815.jpg
f0116278_2371812.jpg

ポストが二つあります。
赤いポストの方に投函するとサンタの可愛い消印でクリスマスに届くようになっています。
わたしはこれとは別にサンタクロースからの手紙をオーダーしました。
そして一番のお楽しみは当然これでしょう!?
f0116278_23135986.jpg

サンタクロースです~~~
サンタクロースの部屋で一緒に写真を撮ってお喋りもいっぱいできましたよ\(^o^)/
ただし・・・
めちゃめちゃ日本語の上手なサンタさんです。
日本には何回も言ってます。
昨年は大阪に行きましたよ~って・・・
確か、昨年フィンランドからの観光大使としてやってきたサンタクロースのニュースをやってましたね。
このサンタさんだったんですねぇ^m^
・・・サンタクロースが全世界を回るのは当然なんだけど・・・(・。・;
ちょっと突っ込みを入れたいあたしでしたが・・・(^^ゞ

サンタクロース村で遊んだあとはロバニエミに向います。
今夜が最後のオーロラ観賞チャンスです。

ロバニエミの街はサーリセルカよりぐっと都会的ですが・・・
f0116278_23292631.jpg

ホテル前の道です。「スカンディック ホテル ロバニエミ」です。
雪が降っています。
空は雲ってます。
もう一度オーロラハンティングツアーお予約をしていたのですが、あいにくの雪でオーロラは見られないということでツアーは無くなりました。
そうなんです。
こういう日があってあたり前なんです。
わたしたちはもうすっかり満足してましたから、仕方ないね・・・くらいで、その夜はラップランド料理の人気№1のレストランに出かけました。
途中の道で見つけたのは
f0116278_2337317.jpg

日本でもまだ行ってなかったんだけれど・・・(^^ゞ
f0116278_23391526.jpg


そして、レストランは満員で入れない様子・・・
あと1時間したら来て欲しいと言われました。
でもわたしたちは腹ペコなんでそんなに待てません。
それじゃ他の店に行くからと断ると・・・
ちょっと待ってほしいと言われて・・・戻ってきた女性は席を作るから入ってくださいだって。
え~~~?????
どうすのかと思えば、二人席にイスを追加してここにどうぞだって(・・;)
ま、いいっか、せっかくだもんね。
そして、メニューはちゃんと日本語ページがあります。心配なし。
コースは多くて食べられそうにないので、悩んだあげく前菜2品メイン2品をチョイス。
デザートは後から考えるってことでベリーワインを薦められて注文しました。
f0116278_011297.jpg

スモークサーモンです・・・これは言うことなし、さすがの味です。
f0116278_013597.jpg

ボルチーニダケのスープ・・・絶品です。毎日食べたい~~香りも味も抜群!!
f0116278_015046.jpg

サーモンのソティー・・・やっぱりマッシュポテトが多いよ~サーモンの切り身もでっかい!!
でも文句なしに美味しい。
f0116278_03153.jpg

クチコマスのソティー・・・白身の蛋白な味です。
サーモンもマスもそれ自体は薄味でソースがとても美味しいです。

それにしても、フィンランドの人の食事量は凄いです。
わたしたちはこれだけの量を3人で四苦八苦しました。
なのに、周りのテーブルでは・・・
運ばれる料理を見てビックリです。
どのお皿も3人前くらい乗ってる。
しかもコースで食べてるんだから驚く。
デザートの量もビックリ~~(@_@;)
わたしたちは見ているだけでお腹がいっぱいになりそうだった。

そうこうしているうちに予約席のお客も揃い、お店は大賑わいとなった。
みなさん実に明るい。
とっても和やかでいい感じ・・・だけど、言葉が全く分からないと、そのうち騒音のように感じるものだ(苦笑)
そんなことで、コーヒーだけいただいて100ユーロを置いて店を出ました。

同じ道をゆっくりホテルへ・・・
ひとつ凄い事に気付いた。
信号がほとんどない街。
道路は結構広いし、車も少なくない。
道路は真っ白だけれどみなさん雪道は慣れたものなんでしょうね。
で、気付いたことは、
道路を渡りたくて歩道の縁に立つと・・・必ず先頭の車が止まってくれる。
しかも割りに手前で止まってくれる。
最初は路上駐車かな・・・と、思ったくらいです。
でも、必ずすぐに止まることに気付いた。
すげぇ~~~感動!!
日本ではありえないよね。
最近はこんな所までと思うところまで信号機がある日本。
なんかめちゃめちゃ嬉しかったなぁ~\(^o^)/
何て素敵な街なんだろう!!

・・・と、いうところで4日目はお仕舞い。
明日はいよいよサンタクロースエキスプレスに乗ります。
[PR]

by coo-sora | 2010-04-13 00:30 | 旅の記録

あれは夢か幻か・・・③

オーロラを求めてサーリセルカに来て3日目です。
オーロラの出るまではたっぷり時間があります。
オプションにはトナカイそり・スノーモービル・クロスカントリーなどいろいろあるのですが、それほど興味をそそられるものは無いし、わたしたちが選んだのは・・・

f0116278_13473628.jpg
f0116278_13481016.jpg


スキー場です。
頂上までスキーバスで行きます。

で、あたしたちがしたことは・・・
f0116278_13551752.jpg

f0116278_13504136.jpg
f0116278_13512721.jpg

ソリです~~(^_-)-☆
頂上から1、2キロのコースを一気に滑ります。
途中少しなだら所もありますが、急斜面では足でブレーキをかけないと恐い(>_<)
ギャア~~~~~~~ッ!!と叫びながら・・・
ブレーキかけるのですが、踵で削れた雪をまるかぶりで目の前は真っ白(・。・;
寒いからフェイスマスクは何処へ行くのも持参するのですがサングラスをホテルに忘れてきたわたしは最悪(~_~;)
コンタクトをしているのですが、コンタクトに雪がついて真っ白~~
必死で瞬きをして雪を融かす。
ギョエ~~~~~ッて感じだけれど、これがめっちゃ面白い\(^o^)/
昨日の犬ぞりで大丈夫だったんだからとちょいと強気のあたし。
オバサン3人が子供に戻った時間です。

一番下まで滑り降りたわたしたちはもう一度滑りたいけどバスは行ってしまったとこ。
スキーのコースにはリフトもあったけど、こちらはバスでまた頂上をめざす。

すると従姉。
「よし!歩いて登るよ!!」
うそぉ~~~~~~(-_-;)
途中で歩いて登ってる人には会ったけど・・・^^;
従姉はどんどん歩きだす。
わたしは途中まではついて行ったのですが、やっぱり無理です~
真中くらいで待ってるからと座り込んでしまった。
だけど従姉妹二人は頂上まで登って滑ってきましたよ。
どんだけ体力あるねん?!

ここでちょっと従姉妹の紹介です。
従姉(Hちゃん)は4年前に子宮頸癌の手術をして後遺症も残ってるのに、今年はスキーの指導者資格に挑戦するなどめちゃめちゃ行動力がある。尊敬しちゃうよ。
いつもとても前向きで、しっかり者できっちりした性格なんでとても頼りになるお姉さん。
亡くなった伯母にそっくり~(^_-)-☆

従妹(Iちゃん)は、シングルで3人の娘を育ててきた苦労人。
明るくてほんわかしてるのに、決断は早くとても男前な性格。
元旦那の仕事でイタリアに住んでいたことがあり、英語より先にイタリア語が出てしまうおちゃめなところも。
そのお陰でとても心強い。
彼女も叔母そっくり~(^_-)-☆

今回の旅行はこの二人とでなければ実現しなかったと思う。
余計なことは言わず、重い荷物を持ってくれたりしっかりサポートしてくれて、体調も気遣ってくれる。
わたしに負担がかからないよう考えてくれてるのがとてもありがたかった。

ふと、母と伯母たちのこととかぶる。
母が卵巣がんになり余命が短いと分かったとき、姉であるHちゃんの母親と妹であるIちゃんの母親が二人してよく母をあちこち連れ出してくれていた。
母たちは8人兄妹の真中から下3人ですが、兄妹とても仲が良かったと思う。
伯母たちにはホント感謝している。
そして今・・・ホントはわたしが返さなくてはならないのに、またわたしが世話になっている^^;
従姉妹にはホント感謝です。

そうそう、なぜスキー場へ行ったかと言うと・・・
f0116278_152215.jpg

このでっかいドーナツのことを添乗員さんに聞いたからだったかしら?
山頂の山小屋の名物らしい。
3人で食べて十分でした^^;

ソリを楽しんだあとは、昨日のスーパーへ買い物へ。
夜ごはんはスーパーで適当に買ってホテルの部屋で食べることにしました。
レストランで食べると量は半端なく多いし、結構高いんです。
なのに、スーパーの食材は日本よりかなりお安いんです。

ホテル前の大通りです。
f0116278_15294174.jpg

途中で見つけた小さなお店のメニューです。
黄色いメニューの左下の1枚は日本語でしたよ。
f0116278_1530053.jpg

ここで焼きたてのフランクフルトを買いました。
でもホテルまで5分くらいかなぁ~すっかり冷めていました。
当たり前だよね。
f0116278_15344850.jpg

何度かわかりますかぁ?
昼間でもこの温度です。
夜は-17度くらいだったでしょうか。
オーロラが見えるころはもっと寒いかも・・・

そんな土地ですから・・・
f0116278_15373716.jpg

ワンちゃんも防寒着を着てます(^_-)-☆
めちゃめちゃ可愛い~
f0116278_15384728.jpg

車は・・・ちょっと理由は分かりませんがコンセントに繋がれてます。
エコカーかな?バッテリーの充電か?
そうなんです、デジカメや携帯は寒いからバッテリーがすぐに減ってしまうのですよ。

で、今夜のメインメニューはこれ!
f0116278_1543302.jpg

めっちゃ美味しいスモークサーモンです。
スーパーで量り売りしてました。
大きな切り身でしょう。
値段も安い。
お土産はこれだね(^_-)-☆

ちょっと面白くて撮ってみました。
ホテル本館ロビーのトイレのドアですよ。
f0116278_1545627.jpg

f0116278_15453270.jpg


そして、3日目の夜。
わたしたちは町にあるもう1箇所のオーロラ観測ポイントへ向いました。
が・・・
ちょっと迷子に・・・(~_~;)
グル~~~~~~っと、町を回って結局初日と同じポイントへ。
でも、最後の最後にオーロラ現る!!
ほんの数分だったけど、ちゃんと姿を見せてくれました。
ス~~~~ッと現れて、形を変え、色を変え消えていきました。

3日続けて見られたんですよ。
どんだけ強運なんか!?
2月のツアーで来たひとは一度も見られなかったと、後から添乗員さんに聞きました。

わたしの夢は300%叶ったことになります。

行っても見られるとは限らないと散々言われたけど・・・

頑張ってたらご褒美はあるんですね。\(^o^)/

満足度も充実感も、こんなに満たされたことが今まであったのか?と、思うほど幸せな時間でした。

そして、翌日はいよいよ次の目的地に移動です・・・
[PR]

by coo-sora | 2010-04-10 15:59 | 旅の記録

あれは夢か幻か・・・②

さてさて、フィンランド旅行記2日目です。
最初の3連泊したオーロラリゾートの町、サーリセルカは北緯68度に位置します。
もちろん北極圏内です。
主なホテルは6件くらいの小さな町。
徒歩で十分町中が歩けます。
写真は3連泊したサーリセルカのホテルTUNTURIです。
というか、ホテルの本館は別で広い敷地内に数棟分かれて宿泊棟が建っています。
この写真はわたしたちが泊った棟です。
レストランは本館なので朝から一旦戸外に出なくてはいけないのがちょっと不便でした。
f0116278_19342189.jpg


朝食はこんな感じ・・・ちょっと食べすぎかぁ?(^^ゞ
f0116278_20355646.jpg

料理はとてもシンプルです。
イワシやマスのマリネがとっても美味しいです。
ヨーグトの上には生ベリーやジャム満載ヽ(^o^)丿
何と言ってもこれが一番嬉しい。ベリー類は本場だし大好物だもん。
f0116278_20363796.jpg

ただし、生ベリーは解凍したものみたいです。
そりゃそうだ、今は季節外れだよね。
今は深い雪の下なんですよね。
でもジャムがめちゃめちゃ美味しい~~~\(^o^)/

朝食の後は、オプションで申し込んでいた「犬ぞり体験」に出発です。
先ずは、オプションに含まれているレンタル防寒着に着替えます。
帽子から靴下も靴も何もかもです。

場所は町からバスで15分くらい。
木立の間に犬小屋がいっぱい・・・
f0116278_20442281.jpg

最初にそりの操縦方法の説明があります。
でも説明は英語やし・・・(-_-;)単語が所々分かるだけ・・・(・・;)
もっともフィンランド語も全く分からないけどね^m^
インストラクターのお兄さんは別としてもフィンランドの英語教育は日本以上で大抵は英語で通じます。
が、あたし(~_~;)英語もめっちゃ苦手やし~従妹に頼りぱなしでした。

そんな訳ですから、従妹の説明で、そりの後ろのレバーを思い切り両足で踏むとブレーキになり、左右の体重移動で方向が変わるということだけ教えてもらいました。
とてもシンプルでしょう。
でもこれが結構大変で、しっかり踏みしめないと犬たちはどんどん前に行きます。
二人一組で一人がそりの前のトナカイの毛皮に座り、相方が後ろで立って操縦します。
先ずは従妹が操縦します。
わたしは前に座って、何とか写真を撮りますが結構早くて上手く撮れません。
てか、しっかりつかまってないと振り落とされそうです。
f0116278_20445663.jpg
f0116278_20461355.jpg

1時間くらいのコースでしょうか、5頭のハスキー犬がそりを引きます。
半分走ったところで交替です。
インストラクターのお兄さんがスノーモービルで伴走しながら上手だよ~って褒めてくれます。
たぶんね(^_-)-☆
で、想像以上のスピードと迫力でした。
凸凹は思い切り跳ねるので思わず「キャァーーーーーーッ!!」って叫び声も。
一瞬、骨は大丈夫かぁ??????
あ~~~~これで終わりかとも・・・・・(~_~;)
でね、犬さんたちはそりがストップすると雪に頭からダイブ!!
湯気があがっています。
めちゃめちゃ気持良さそうです。
楽しかったです~~~~\(^o^)/

でも、前に座ってるときは風がまともでめちゃめちゃ寒いです。
身体が冷えたところでお兄さんから犬ぞりのお話を聞きながら温かい飲み物を頂きました。
f0116278_2145637.jpg


その後は、食事にお出掛け・・・
目的地はスーパーマーケットです。
スーパーの中で食事が出来るってことで行ってみました。
スーパーの看板です。
日本語・・・
f0116278_2116371.jpg

料理はお惣菜コーナーでお店の人に注文してお皿に乗せてもらって、後からまとめてお金を払います。
あまり種類はありません。
じゃぁ~~~~ん!!
f0116278_2116359.jpg

サーモンとポテトのなんとか・・・^^;
f0116278_21164995.jpg

ポークのミートボール
f0116278_2117866.jpg

ポークカツ
見て驚きませんか?
どのお皿にもベリーソースとマッシュポテト。
しかもマッシュポテト多すぎやし~~(・・;)
誰が食べるんやぁ???
それに微妙な味と量の多さで残してしまいました。

お腹がいっぱいになったところでスーパーの中で夜食の物色です。
地元の方の食生活が分かって面白いですね。

さてさて、夜はオーロラが見られる確立を上げるために「オーロラハンティング」に申込ました。
これはバスでオーロラを求めて移動するものです。
町中はホテルや街灯で結構明るいので真っ暗な場所の方が見られる確率も高いからです。
22時に出発。
運転手さんは女性で、オーロラを探しながら真っ白の道路をがんがん走っていきます。
オーロラが見えるとバスを止めて外に出て観察します。
オーロラは数分から数十分で消えてしまうので、消えたら移動です。
参加していたのは日本人だけでした。
この町にオーロラを見に来るのは日本人が大変多いらしいです。

そして、わたしたち・・・バスが止まること十数回・・・
ばっちり見られましたよ。
虹のように弧を描いたもの、ゆらめいたもの・・・首が痛くなるほどただじっと空を仰ぎます。
消えたり現れたり、あっという間に形を変えるので目をこらして見てないと見逃してしまいます。
でもね、真っ暗にはならないんですよ。
それは満天の星空だからです。
まるでボタン雪が降ってくるみたいに大きな星が空一面です。
こちらも感動です。
星とオーロラの競演です\(^o^)/
最高でしたよ。
で、最後の方には薄くしか見えないと寒いからとさっさとバスに戻ったりして、めちゃめちゃ贅沢なこともしてましたよ(・・;)
ぐるぐる回ること2時間強でしたか、最初は60ユーロは少し高いと思ったけれど値打ちありましたね。

ホントに運が良いとしか言いようがありません。
「わたしたちって一生分の運を使ってしまったかも・・・」なんて言ったりして^^;
大満足の二日目でした(^_-)-☆
[PR]

by coo-sora | 2010-04-09 21:55 | 旅の記録

あれは夢か幻か・・・①

何処へ行っても桜が満開ですね。
今日は医大へ婦人科の1年検診に行き、帰りに桜満開コースをドライブしてきました。
腎盂炎の方はちょっと慢性化してるかも・・・らしく、相変らず腰が痛かったり微熱だったりしますので、まだ家でおとなしくしてます。
今年はお花見行けず仕舞いかも・・・(/_;)

でも、これもそれもいつの頃からか夢に見ていた事を実現したのですから仕方ありません。

ただ、ここで綺麗な写真をお見せ出来ないのが残念です。
わたしの安物のデジカメでは全く写りませんでした。(-_-;)
で、従姉がかなり頑張って撮影した写真をアップしますね。

ジャァ~~~~~~ン!!
f0116278_1650920.jpg
f0116278_16502954.jpg
f0116278_16505029.jpg


何だか分かりますか?
オーロラなんですよ。
テレビの映像のような写真は高級な高感度カメラでしか撮影できません。
それは最初から分かっていたのですが、写真に撮ることより、とにかく自分の目で本物を見たいとばかり思っていましたから^^;
でもね、あの感動は脳裏にしっかり留めてきましたからねヽ(^o^)丿

オーロラの存在を知ったのは何歳ころだったのかなぁ・・・
きっと本物を見るぞ!!
生きているうちに絶対見たいとずっと昔から想い続けてウン十年でしょうか(^^ゞ

昨年の11月です。
来年の2月には北海道へ流氷を見に行こうと計画をしていたので従姉と相談していたところ・・・
腫瘍マーカーが思うように下らないわたしは、再来年に予定していたオーロラ旅行を前倒したいと言ってみたところ、従姉妹は快諾\(^o^)/
よし!行こう!!って言ってくれて
それからは従姉が旅行社に行くのも防寒着の購入も全てお世話してくれて、わたしは「おんぶに抱っこ」ってやつ?!
とにかく体調を整えることに専念ってことで・・・^^;

主治医も大賛成で、チャッチャと英語の診断書も書いてくれました。
で、タキソテールは1回お休みして、もしもの溜めのお薬も余分に貰って準備は万端。
3月16日関空からフィンランドに向けて出発しました。

当日はあいにくの雨でしたが、隣駅まで夫に車で送ってもらい、そこからは関空特急はるかに乗って出発です。
従姉妹達とは大津駅で合流。
従妹とは立山へ行ってぶり・・・約1年かぁ?!

関空では添乗員さんや他のメンバーと合流。
ツアー客は全部で14名。
新婚さん二組、母娘、女友達ふたり二組と本格的にオーロラを撮影に来てた男性一人とわたしたち3人です。
みなさん礼儀正しくおとなしい方達でしたヽ(^o^)丿

で、関空(11:50発)からヘルシンキまでの直行便(フィンランド航空)で出発です。
オーロラは北極圏ですからヘルシンキで国内線に乗り換えイヴァロまで約1時間半ほど北へ向いました。
f0116278_18285832.jpg


イヴァロ空港からオーロラが見える町サーリセルカまではバスで15分程度。
ホテルに到着したのは現地時間の19時くらいだったかな。
時差は7時間ほどです。
ホテルに到着後はゆっくり休んでから、添乗員さんがオーロラ観測の絶好のポイントへ案内してくれて・・・
北の空を見上げただただ待つ・・・1時間・・・足先の感覚が・・・
オーロラは夜の10時以降にならないと現れないとのことですが、夜にもなると気温はどんどん下り・・・
近くの教会にいったん暖をとりに入り、持参したカイロを追加して貼り、再度挑戦・・・
「あっ!!!!!あれっ?????あれと違うの?????ほら、あそこ森の木のとこ・・・!!」って。
周囲は森ばかりなんですけどね(・・;)
わたしたち、とにかくちょっと興奮気味です。
初めて目にしたオーロラは白く雲のような霧のような・・・
じっと見ていると色が少しずつ緑色に・・・うす~~~い緑です。
で、あっという間に薄くなって消えてゆきます。

オーロラはほとんどが白ぽく見えて、濃い緑や青のような赤やオレンジの色つきなんてめったに無いんですって。
でも、白く見えるオーロラも撮影すると緑に写ります。
不思議ですねぇ~?
光のマジックですね(^^♪

見られた~~~という感動より興奮の方が大きかったかな・・・^^;
そして、またひたすら待つ・・・サムイ~~~~
時間は0時こだったかなぁ。
ホントはこれからの時間が見られる確立も高くなるそうですが。
だけど考えたら今日は24時間も起きていることになります。
もうクタクタ(~_~;)
身体も冷え切って(>_<)
明日へ希をたくしホテルへ戻りました。

そんなことで、わたしたちの7泊8日のオーロラツアーの初日は終わりました。

だけど・・・
わたしたち初日からオーロラ見ちゃったんです\(^o^)/
ほんの数分でしたが、これってめちゃめちゃラッキーでしょう?!

そして、わたしたちのラッキーはそれでは終わらず・・・
オーロラを堪能することとなったのです。
そのお話はまた明日・・・
まだ写真の整理も出きてないのでボチボチアップしますね(^^ゞ
[PR]

by coo-sora | 2010-04-08 18:43 | 旅の記録

紅葉がりへ~

秋晴れの今日は友人と永源寺、湖東三山を廻ってきました。

10時に草津の友人の家に集合のはずが・・・
1人が1時間近く遅れ11時近くになってようやく出発となりました。
今日は久しぶりに絶好調のわたしの運転ですぅ~(*^。^*)

一緒に行った二人の友人は心配してくれたけれど、こんなにいい天気、自分で運転したいじゃないですか!?

そんなこんなで出発です~~

先ずは一番最初に看板があった「百済寺」へ

きっとひまわりさんのお家はこの辺かしら?なんて言いながら・・・

平日というのに駐車場はほぼ満車状態で観光バスもたくさん
さすがに「日本紅葉百選」の古寺ですね。

前に来たのはもう10年以上昔のこと。
まだ若かったし(当然^^;)元気だったから・・・
坂道が結構きつい・・・(~_~;)
でも、紅葉の見事さに誘われて山門にたどり着く・・・
f0116278_23234094.jpg

参道にはミツマタの植生群が・・・
f0116278_2324518.jpg

一万円札の材料だよって道行くおじさんが教えてくてました。
f0116278_23243322.jpg

f0116278_23282986.jpg


で、この時点ですでにお昼はしっかりまわっていましたが、なにせ出発するのが遅かったので、こんにゃくの田楽と赤飯饅頭を買ってほおばりながら次へ・・・

次は永源寺(臨済宗大本山)です。
山門を入ると苔の緑に銀杏ともみじが映える素敵なお庭が広がります。
f0116278_23365761.jpg
f0116278_23372778.jpg
f0116278_23375742.jpg
f0116278_23381698.jpg


そして次は「金剛輪寺」へ・・・
でもその前に・・・
「あっ!!ここ、ここ。ここのお蕎麦美味しかったよ!」と、友人。
思わず駐車場に車を入れてしまったよ~(^^ゞ
もちろんお蕎麦食べましたよ。
もちろん写真撮るのも忘れて食べてしまったんです~(・・;)
だって、もうお腹はぺこぺこ^^;
「永源寺そば」山菜そばに舞茸の天ぷらがのっていて、もみじの天ぷらが小皿に。
美味しかったよ~

てか、もうあまり時間がないよ~~~急げ~~~!!
てなことで「金剛輪寺」へGO!!
あと二寺あるんですから。。。

ところが・・・ところがです。
大きな誤算が・・・
「金剛輪寺」への門を入り・・・あまりに綺麗なもみじに歓声をあげたのも束の間・・・
石段を登れど登れども・・・
体力がかなり落ちているのは百済寺で痛感してました。
でもここは百済寺どころではなく・・・
思わず下りてくる人にまだまだですか?って、聞いてみる。
「まだまだこれからですよ」って。。。(~_~;)
ウソやぁ~~~~
もう足が上らないしぃ・・・
息も絶え絶え、肩で息してるし・・・
ここの中で大丈夫か?!
上れるのか?!
そんな時、友人のひとりが「止めて引き返そうか?」て。。。
・・・(-_-;)
あたし「ここまで来て断念はしたくないよ!女が廃るってもんでしょう!!」言ってしまったよ(・・;)
こうなれば何がなんでも・・・

わたしよりう~~~ん年配の方にもどんどん抜かれます。
この人は若いのに何してんだ?ってきっと思われたんだろうなぁ~^^;

もう言葉も出ません。
ここまで足が弱ってるなんて・・・(・・;)

でも、休み休みゆっくりゆっくり・・・
やっとのことで到着でした。

待っていたのは真っ赤なもみじ。
「血染めのもみじ」と言われる真っ赤なもみじ・・・そしてあまりに可憐な桜。
やっぱり上ってきて良かった!!\(^o^)/

f0116278_042211.jpg
f0116278_044062.jpg
f0116278_045962.jpg
f0116278_051551.jpg
f0116278_053892.jpg
f0116278_055276.jpg
f0116278_061640.jpg
f0116278_063554.jpg


本日はここまで。
残念ながらもう5時前で暗くなってきました。
もう1箇所「西明寺」にも行きたかったのですが・・・
やはり朝の1時間がロスになりました。
後ろ髪引かれつつ帰路につきました。

それにしてもよく歩きました。
今年一番歩いたかも・・・
疲れたけど気持は軽くとても心地良いです。
やっぱりお出掛け大好き人間は外に出ないとダメですね(^_-)-☆

だけど、だけど、明日が恐い~~~~~っ!!^^;

そうそう、もう止めるって聞いてくれた友人は自分もしんどくて、わたしが止めるって言わないから仕方なく上ったんだって^^;
彼女はかなりふくよかな体型なんでね(笑)
[PR]

by coo-sora | 2009-11-27 00:10 | 旅の記録