2013年 03月 17日 ( 2 )

16年…ありがとうm(__)m

気がついたら知らず知らずのうちに16年が経過…いえいえ、ずっと毎年毎年意識しながら16年が経過しました。
子宮頸がんで子宮と卵巣の摘出手術をした3月から16年です。
そして、その8年後、乳がんを患いました。
がん患者、いわゆるサバイバーになって16年が経過したわけです。
てか、その頃はまだサバイバーなんてお洒落な言葉は無かったけれど。
小学生10歳だった次男は26歳に。
長男は29歳で、パパです。
母からするとまだまだ頼りないけれど、とても思いやりのある優しい人に育ちました。
16年間もがん患者の家族であったわけですから、本当は結構頼れる逞しい息子なんですよ(*^_^*)
まぁ、ここだけの話しですよ。
だって木から降りてこなくなりそうだしね(>_<)
いっぱい我慢させ、いっぱい心配かけ、辛い想いもさせたと思います。
他のお子さんたちより少しは泣いた数が多かったかもしれません。
でも、いつの時も、お母さんの身体が一番やから、お母さんがやりたいようにするのが良いからと我慢して言ってくれるふたりでした。
わたしが病気で出来なかったことがいっぱいあったけれど、だからと言って文句言ったことはありませんよね。
無理しなくていいで…って、先に必ず言うふたりです。
いつもお兄ちゃんが弟を説得してたね。
次男の反抗期にはその持っていきようのない力は壁に向けられ穴が空いてしまった。
壁はさぞ痛かっただろう(>_<)
今では我が家のシンボル(≧▼≦)
でもお兄ちゃんは我慢してくれてたよね。

そして、
ふたりとも女性には優しいよね(*^_^*)
長男のお嫁ちゃんは照れもせず、長男が優しくてとっても幸せだと言ってくれるし…
次男も彼女には優しそうですよ(≧▼≦)
あっ!だけど最近は女の影がない(;^_^A
余談でした(>_<)

とにかくふたりには感謝感謝です。
本当にありがとうm(__)m
母は貴方たちふたりがいたから頑張ってこられたんだよ。
母が少しでも母らしくいられるのは貴方たちの存在です。
先日も妹に少し話しました。
ふたりを生めたことは当り前のことではないのです。
健康な母が健康な子供を産む。
ごく当り前に感じることが多い日本。
だけど当り前じゃなく辛い悲しい想いをしている女性も多いはず。
壊れた風船はどれだけ多いのか。
簡単に子どもは産まれ育つ訳じゃない。
凄い確率でわたしはふたりの母になれた。
これは凄く素晴らしことで誰もが簡単に成し得ることではないのです。
わたしの血を分けた分身がふたりもいるのです。
そしてまた増えていく。
なんていう素晴らしいことなのか、それだけでもわたしがこの世に産まれ生を成した意味があると信じたい。
病気ばかりで家族に迷惑をかけている母だけれど、もし貴方たちふたりがこの世に生まれて良かったなぁと感じてくれる時があったら、わたしはそれで十分幸せ。
生きる意味なんか無かったんじゃないのか、こんなに辛いなら生まれてこなけりゃ良かったのになんてネガティブなことを考えもした。
今もこんな生活の中では行動が制限されるけど、わたしは貴方たちふたりが奇跡のようにわたしを選んでくれたこと、わたしは感謝するほかありません。わたしはとても幸せ者です。
わたしがこの世に生まれてきた使命は貴方たちふたりをこの世に生まれ解き放つこと。
そうして、瞬く間にわたしたちの家族にはあとふたりが増えました。
K子ちゃんにR。
そして予定ではもっと増えるよね。
次男が結婚すれば…
その後は甥…
どんな女性と一緒になるのか楽しみだなぁ〜(*^_^*)お兄ちゃんのお嫁さんみたいにちと天然だけれど心優しい人が良いよ(≧▼≦)
それから泣き虫の妹とやんちゃな甥。

甥は今は反抗期で大変やけれど、ゆく道が見えてきたら治まるはず。
迷うことがいっぱいあるんだよね。
信じて見守るのは難しいですね(;_;)
大人には忍耐が必要ですね。
でもたった8人の家族です。
長男と次男は年の離れた弟のつもりやから、何かあったら僕らが出動するから。と、言ってくれます。
だった8人だものね
思いやりをもって仲良しこよしでいてほしい。
そして新しい命と出会うときは、大切に大切に、迎えてあげて欲しいと切に願います。
特にわたしが逝ったあとはみんなで仲良しこよしであってほしいのです。
兄貴たち、頼みまっせ。
母の一番の望みです。

さて、そして肝心要の夫のことはこれからね(*^_^*)追々ね。

今日はともかく16年間支えてくれたふたりにありがとうm(__)m
そして最期まで世話になるわね=^・ω・^=
宜しくお願いしますね(´ψψ`)
[PR]

by coo-sora | 2013-03-17 07:52 | 乳がん

ありがとう

じゅんさん、お富士ちゃん、ihatovちゃん、ありがとうございますm(__)m

今日はKちゃん(長男のお嫁さん)が夜ご飯を作ってきてくれて、掃除もしてくれた。
副作用中だからとても助かる。
わたしは孫とトランプをしていた。
新しいルールのトランプを4歳の子に教えてもらった。
そして孫のパフォーマンスに大笑いをした。
ほんの束の間だけれど楽しんだ。
笑った(´ψψ`)
孫が居てくれるお陰だ。
R、ありがとう。
あなたが居るか居ないかでわたしの残りの人生は大きく違ったと思う。
こんな時でも笑える。
ばぁばは幸せだ(*´∀`*)
そしてやっぱり思った。
まりべるちゃんはもうお孫さんと笑い合うことはできないのか…と。
確か下のお嬢さんにも男の子さんが産まれてめちゃめちゃ喜んでいたよね。
病気されたときは自分のことをおいて心配してた。
まりべるちゃん、絶対ランドセルは一緒に買いに行って見るんだって約束したよね。
まだ一年早いんだよ。
負けたらあかんよ!
まりべるちゃん、孫と楽しむのはこれからなんだよ!負けないで!
お願いだから、また孫自慢しょうよ!
[PR]

by coo-sora | 2013-03-17 01:46 | 乳がん