2012年 11月 21日 ( 1 )

ケモ日とその前日

昨日はフルコースのケモ日でした。
最初の生食から始まり、副作用止め(吐き気止めやステロイド)タキソール、アバスチンにゾメタに生食に戻り終了。
慣れたもので約3時間で終了。
トラブルなくうとうとしている間に終わりました。

そして何よりも嬉しかったのは、あけぼの滋賀の再発患者会の仲間であるKさんに出会えて力をもらったこと。
彼女はとても心配してくれていた。
でも患者会に参加できる体力もなく、自分のことしか考えられてなかったわたしだったのに、彼女は会えて嬉しいと何度も涙を流してくれた。
他の仲間とも大変心配してくれていたのだ。
手を握り無理したらあかん。
ぼちぼちがんばろうな!と、強く手を握りかえしてくれた。
ありがとう(*^_^*)
あなたの応援は届いたよ。貴女も辛いこといっぱいあるのに…
がんばろうね!
貴女が代表してるひまわり会の年末親睦会までには何とか体力を戻して参加する。
目標だ!

そしてその前日の話、
ポートがどうも落ち着かない。
傷口から白いものが見えてきたのでクリニックへ行った。
どうも皮膚が上手くくっつかないでイヤイヤをされて表面にでてきてしまったようです(ノд<。)゜。
ポートの材質に体質がアレルギーのような除外をしてるようです。
化膿はしてないのに周辺の赤みが消えない。
主治医も二回目のことに大変驚いた。
ポートは正常に機能している。
大変珍しく他にはいないと。
主治医大いに悩む。
そして
とりあえず必要でない皮膚を切り取りもう一度綺麗に縫いあわせる。
付かなかったら外すしかありません。
今この段階で外すのはもったいないからもう一度様子を見たいという。
主治医曰く、「医者がこんなこと言うたらあかんけどあとは神頼みやなぁ」
どうやらアバスチンの影響で付きにくいこともあるかもしれない。
とにかくわたしもしっかり治まって、高カロリー点滴ができるようにならないといざというとき困ったことになる。
また場所を替えるのもなぁ…
神頼みでもいいやんちゃんてついてくれたら。
で、チョキチョキと皮膚を切って綺麗な所を縫いあわせた。
わたしは局麻だし見えないし…とにかく局麻の注射が痛い。
これが一番嫌だ!(T_T)

しかしまぁいろいろ起きます(;_;)
副作用なのか、その産物なのか…これだけ長年化学療法を続けていたら身体も満身創痍ということかな。
それでもいつも温かい看護師さんの応援があって続けてこれたと思います(*^_^*)
一緒に心配して喜んでくれて、これは大きい力だ。
長い患者生活、最近そう思うことが多い。


そしてその後、成人病センターへテグレトールの処方箋をだしてもらいに行きました。
先月は夫に車椅子で連れて行ってもらう状態で、激ヤセしてしんどかったから、緩和ケアへの推薦をと話してくださったY先生も元気になったことをいつもの笑顔で喜んでくださった(*^_^*)

そして腫瘍マーカーが半減したことには期待が持てるので、頭の方も経過観察となり2ヶ月分を処方してもらいました。


その後は半年ぶりくらいにホームセンターへ行った。cooの冬用の新しいハウスとトイレが欲しくて。
お店はすっかり冬仕様。
園芸コーナーにはポインセチアやシクラメンが並び、店内は暖房器具がいっぱい。
前回は冷房器具だった(>_<)
カートで身体を支えるようにしながらも何とか必要なものの買い物をした。
大躍進である。
荷物持ちは当然夫の仕事ですが、
ま、いつもより多いステロイドハイ(朝服用+点滴)のお陰ではあるが、思っていた買い物ができて嬉しかった。
cooは今夜からフカフカの新しいハウスがお気に入り。
良かった。
ちょっと奮発したけれどcooのぬくぬくの満足そうな顔を見ているとこちらもホッとする。
そんなこんなで、当り前だが帰宅後はダウン。
ガス欠となりました(>_<)
そしてまたグダグダの副作用我慢大会に一週間突入であります。

今朝はまだ大丈夫だけれど(^^)v
[PR]

by coo-sora | 2012-11-21 08:40 | 乳がん