大きな勘違い(・・;)

みなさまご無沙汰です~~ぅ(^^ゞ
久々の更新です。\(^o^)/

忙しかったのか?って・・・そうだと良かったのですが・・・^^;
実は寝込んでいたのです。

あれは11月14日の夕方のことです。
その日はいつものように仕事に・・・
パソコンに向っていてもどうも背中が痛い・・・
でもいつものことかと思い、夕方甥っ子を塾へ送り届けるが、その日に限って大渋滞^^;
いつもなら1時間で帰宅出来るのに、倍かかり、運転席に座っているのがだんだん苦痛になってきた・・・(・・;)
買い物も止めてきたくし、鎮痛剤を飲んで横になる。
そして、翌日の朝、身体はだるいし腰から背中全体が重く痛い。
ちょっといつもの背骨の痛みとは違うか?????
一日ゴロゴロと過ごすが痛みは増すばかり・・・でも土曜日だし・・・
取り敢えずロキソニンで凌ぐことにする。
日曜日。痛みは酷くなる一方・・・
夜は身の置き所も無く、どちらを向いても痛い。
ロキソニンを増やしてもあまり効き目なし・・・(~_~;)
痛みとの格闘。
朝までの長いこと・・・
それでも朝になると激痛がうそのように楽になった。
よしよし、これなら大丈夫かなと思いつつも仕事を休んでゆっくりすることに。
だって、いつもと違う痛み。
何かが起こりはじめている変な感じ。

最近の腫瘍マーカーの上がり具合。
ちょっと不気味だ。
ここ数ヶ月で一気に広がったのだろうか・・・不安が広がる。

で、月曜日の夜。
やたら暑い。
ストーブを消す。
旦那がえっ?寒くないの?と怪訝な顔。
・・・ひょっとして?
体温計を探す・・・体温計を使うのは初発の時にタキソールで微熱が続いた時以来かも。
ありゃ~~~~(~_~;) 39,3度
取り敢えずロキソニンかな。
でも、熱って?!
背中が痛くて高熱って??????
インフルエンザはちゃんとワクチンやりました。
風邪の症状は全くなし。
ノドも痛くない・・・何だ?????

で、思ったのはやっぱりガンのこと。
転移によって何処かで炎症が起きてるのか?
肺か?
どちらにしても12月1日にCTの予約が入れてあることだし、それまで我慢しようかな・・・
それにしても朝は熱も痛みも殆どないのに、午後から痛みだし熱が出てくるって何でだ?
疑問もいっぱいあったけど
何とかロキソニンと忍耐で凌げてるから我慢しよう。
どうせ検査しないと原因も分からないだろうしと考え、2週間も我慢してしまった。

そして、CTの結果。

くまなく画像を見てくれていた主治医・・・腎臓が腫れてるなぁ・・・
「えっ?!」って、わたし。
想像もしていなかった言葉。

「ほら、ここね。尿管も腎盂もかなり腫れてるでしょ?!」
よく見ると、左右の大きさが違うのが素人目でも分かった(・・;)

原因は、分からないけど、取り敢えず5日分の抗生物質を飲んで改善されなければ泌尿器科の専門医を紹介します、ということになりました。

そうそう、肝心のガンの進行は画像ではまだ見られず、腫瘍マーカーは上昇してるけれど、もうしばらく様子を見ることになりました。
これって喜んでいいのか?微妙な感じやなぁ~。

てっきり転移が広がっていると思い込んで我慢していたこの2週間の痛みは?
力が抜けてしまった(-_-;)
マーカーの上昇はとっても不安材料ではあるけど、黒とはっきりするまではクヨクヨ想うのは止めよう!!

そんなこんなで翌日。
乳がんになるまで診て頂いていた近所のDrに相談する。
腎臓がと言っても、原因があるわけだし、早く原因を見つけてもらった方がいいと言われる。
そうだよなぁ・・・すでに2週間経過してるわけだし。
原因は結石や子宮がん手術の癒着の悪化もあるらしい。
あとは細菌性の炎症・・・に、腎臓ガン・・・。

そりゃそうだ、原因を取り除かないとまた悪くなる可能性もある。
早速、主治医に連絡して、医大の泌尿器科を紹介してもらう。

医大の泌尿器科では
持参したCTと尿検査で細菌性の腎盂腎炎と判明。
熱が出る腎臓の病気はたいていが細菌性のものだそうだ。
で、もう一度、完全無菌の尿カップを渡され再検査をすることになりました。
あとは、主治医から出た抗生物質では量が少ないとかで薬の量が増え、1週間後に再診です。
「しかし、40度を越える熱が出たら入院ですからすぐ来てくださいね。」と、Dr。
40度越えたらって・・・どうやって来るんよ?(-_-;)

でも、お蔭様で金曜から熱も出なくなり、痛みも腎臓の真裏に当たる背中の鈍痛が残るのみとなりました。
そしてこうなると背骨の痛みもピンポイントで分かるようになり、そうそう、これこれ、この痛みだわって、妙に納得^^;

今回のことで深く反省しました。
病気はガンだけではないのです。
あそこが痛い、ここが不快だとかしんどいとか身体の異常は全てガンのせいにしてしまう傾向にあるわたし。
こんなことなら2週間も我慢することも無かったっていうか、我慢してる間に悪化もあったわけだし。(-_-;)

後から聞いた話ですが、透析をしている知人は腎臓に結核菌が入って腎臓の機能がダメになったとか。
そっか、そんなこともあるのだ。

がん患者だって他の病気になるという当たり前のことを忘れていたわたしでした。
病気らしい病気は子宮がんと乳がんって、風邪で熱も出さないわたしらしい失敗と言えば納得なのですが、今回のことはホントにいい教訓になりました。(^^ゞ

でも、でも、でもね。
悪い事ばかりではなかったですよ。
熱で法事に参加できないと知ったお嫁ちゃんが手作りの料理をたくさん運んでくれたんです。ヽ(^o^)丿
孫の顔見たら少しでも元気になれるかも・・・って、来ましたぁ~!!
片手に赤ん坊を抱き、片手には大荷物。
びっくりしたわたし。
息子は仕事だし、聞けば実家のお父さんに送ってもらったとか。
何てありがたいことでしょう。
その後も二回、息子の休みに来てくれました。ヽ(^o^)丿
こういう日が来ることなんて想像もしてなかったし。
改めて、いいお嫁さんに来て貰って良かったってねって、旦那と喜びあいました。

買い物に行ってきてあげようかって連絡をくれた友人たち。
心配してメールをくれた仲間。
ホントにありがとうね!!
心配してくれる人が居るって幸せやね。(*^^)v
感謝感謝です。
[PR]

by coo-sora | 2008-12-07 17:31 | 想ひ