一見の価値あり!!

久しぶりに手ごたえのある映画を観ました。
「クライマーズ・ハイ」です。
極度の興奮によって感覚が麻痺した状態をクライマーズ・ハイというのだそうです。

1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫さんが自らの体験を反映した同名小説を、映像化したものです。

主演の堤真一さんが実にいい男っぷりでした。
それにもまして地方局の記者たちを演じる脇役の凄いこと。
それぞれ個性派と言われる俳優さんの、そのぴったりハマった配役にも驚き、期待を裏切らない演技にも感動。
それだけでも観る価値ありです。
最近、注目している堺雅人さん、いい味でしたよ。
久しぶりにとてもいい邦画に出会いました。

実はわたし、たぶんそうだと思うのですが・・・
近所の人ともきっとそうだよねと言っていたのですが・・・
あの日航機をたぶん見上げていたのです。
静岡に住んでいたわたしは自宅前の道路で遊ぶ子供たちを見ながらご近所さんたちと立ち話をしていました。
これはほぼ日課です。
今では考えられないほどのんびりした生活をしていましたから(・・;)
で、飛行機が通ると綺麗な飛行機雲を見上げ、あの飛行機はどこに行くのかなぁ・・・なんて、想像したものでした。
で、あの日・・・えらく低空飛行だね・・・珍しい方角へ飛んでるよね・・・って、言いながら見ていました。
そして、後から、飛行ルートを見てそうだったのかと・・・

そんなこともあって、日航機事故は忘れることが出来ません。
で、この映画を観に行ったのですが・・・
未曾有の事故を描くだけの映画ではなく、事件記者ものでもなく・・・そこには父として息子としての葛藤や自立、確立していくさまがテーマとして通っており、映画としても大変醍醐味のある作品でした。

ただ、日航機事故を知らない若い人や携帯電話が当たり前になっている今の時代の人には理解するのに時間がかかるかな・・・^^;

わたしが産まれた時に既に亡くなっていましたが、わたしの祖父は新聞記者だったそうです。
どんな人だったのだろうか・・・


夕方帰宅して洗濯ものを入れていて・・・見っけ!!
f0116278_1465070.jpg

いつ植えたのかも忘れたけれど・・・
毎年お約束のように咲いてくれる夕顔です。
下の黄色のお花は・・・
f0116278_1461592.jpg

はい!!トマトちゃんです~~~\(^o^)/

さて、花男はいつ行こうかしら・・・(^_-)-☆
[PR]

by coo-sora | 2008-07-07 14:17 | 映画を見て