サポートグループ

わたしがお世話になっているクリニックで、今度「サポートグループ」いう名称で、文部科学省の助成を受けた研究の一環として、臨床心理士と精神科医の参加のもと、術後3ヶ月から1年くらいの人を対象にオンコサイコロジーがスタートします。

内容は
1回目 参加者の自己紹介 ・ 今までの経緯など

2回目 がんに伴う不安について、不確実性に向き合えるようになるために。

3回目 家族や友人とともに生きていくために

4回目 主体的に生きるために  不安への取り組み

5回目 自分らしさを見直す
     自分にとって大切なもの 支えとなるもの

以上のような内容でのグループ療法なのですが、残念ながらわたしは対象者から外れてしまってますので、参加できなくて非常に残念ですが、思い返すと、確かに3ヶ月から1年くらいの間を乗り越えるのが1番大変だったかなぁ・・・
あのときにもっとメンタルな面で話を聞いてくれる人がいたらもう少しラクだったかしら?と思うことが多々ありましたから。

いずれにしても、とても嬉しいことです。
日本の癌医療で1番遅れていることだと常々感じていましたから。
いい成果が上って、実際にどの病院でも行なわれるようになるといいですね。
とても期待します。

わたしのメンタルケアーはこの子の存在です。
f0116278_23144858.jpg

抱っこしてぇ~~~~~!!攻撃の甘えん坊ですが。(^^ゞ
[PR]

by coo-sora | 2008-03-24 23:11 | 想ひ