セミナーのお知らせです。

女性のがんについてのセミナーが開催されます。

開催日 :3月9日(日)

■ 催事名称 :「もっと知ってほしい 女性のがん」

■ 主催者 :芦屋市、日本対がん協会、
   リレー・フォー・ライフ関西実行委員会
■ 開催時間 :13:30~16:30

■ 電話番号 :078-360-0898

■ 場所:ラポルテホール 
      JR芦屋駅北側



●「気をつけたい女性のがん」
  ~子宮・卵巣など女性がかかる病気~
 兵庫県がんセンター婦人科部長 西村 隆一郎氏

●「健康生活のおくり方」
  ~乳腺、消化器などの女性がかかりやすい病気~
 元国立がんセンター薬剤療法部長 前茨城県立中央病院長
 大倉 久直氏

●「セカンドオピニオンの大切さ」
  ~子宮がんになり早期発見・早期治療の重要性を感じて~
 エッセイスト 逸見 晴恵氏

●「縄文探しの旅で乳がんといわれたとき」
  ~医療者と乳がん患者の通訳者~
  漫画家 酒井 広子氏

■ 詳細説明 
がんに罹っている人は年々増加し、2005年の厚生労働省の調査によるとその数142万人と推計されています。
あわせて女性特有のがんも増えています。
女性のがんを知り、定期的な健診や生活のおくり方を知ることで早期発見や予防につながります。
是非この機会にご参加頂き、がん対策にのぞみましょう。

セミナー入場無料

※懇親会(参加費:1,000円)セミナー終了後、懇親会を開催する予定です。
お時間のある方は、お気軽にご参加下さい。

※定員200名(定員に達し次第締め切り)

※全て事前申込必要→詳しくは、ホームページ参照
http://rfl-jp.net/hp/ashiya/2007/

※詳しくは、上記 リレー・フォー・ライフ関西実行委員会
  事務局(078-360-0898)まで、お問い合わせ下さいませ。


このお知らせはお友達のしじみちゃんに教えていただきました。

わたしは、女性特有のふたつの癌を体験しました。
暗いトンネルから抜け出たと思ったらまた長く暗いトンネルに入ってしまいました。
でも、癌のことを勉強し、知れば恐れも薄れ立ち向かう気持ちになれました。
無知は寿命を縮めることに繋がるように思います。
そして、何よりも早期発見の大切さを身をもって体験したのです。

どうか、ひとりでも泣く女性が減ることを切に願います。
[PR]

by coo-sora | 2008-02-04 23:07 | お薦め