乳がんの最新治療について

今日はあけぼの滋賀主催の講演会に行ってきました。

講師はわたしの主治医である加藤乳腺クリニックの院長です。
テーマは「HER2と乳がん治療。ASCO2007 Topics。」の二つです。

まず、ハーセプチンの仕組みの説明がありました。

「HER2蛋白の受容性が高い=癌の悪性度か高い=効果は高い」という矛盾はあるものの
「ハーセプチン+タキソール」の使用は再発・転移の場合は大変有効であること。

また同じく術後の予防にかなり効果があること。
ハーセプチン+タキソールの1年~2年投与で
術後5年の再発がタキソール単独が67%に対し85%抑えられたとのこと。
術前の投与では25%が65%の人が癌が消えてしまったとのことなどが報告されました。
本来、年内に保険適用になるはずでしたが遅れているらしい。
来年の早いじきにはなるそうです。現在1本7万円くらい。

<今後期待出来る新薬として>

① タイカーブ・・・腎臓癌用からスタートして乳がんにも使用されるようになる。

② アバスチン・・・がん細胞への血管新生を抑制する薬。個人輸入で30万円~40万円。
            まもなく認可されるだろう。

③ イクサベピロン(Ixabepilone)・・・タキサン系の進化版
   1ヶ月前にアメリカで承認されました。
   日本ではphase2の段階(どれ位の量が日本人には適しているのか?の検査段階)だそ   うです。
   使用はゼローダ+イクサベピロンでかなりの効果が得られる。
   しかし副作用としては白血球が下るそうです。

<その他の関連ニュース>

① ダイエット(50歳以上の閉経後)+運動(1日40分)=再発が40%減少

② ビタミンD・・・60%の再発減少
           日光に当たるとコレステロールがビタミンDに変わる。

③ ホルモン治療の副作用(ホットフラッシュ)の強い人の方が再発は少ない。

④ タキソール3週ごとの治療より1週ごとの方が効果が倍近い


また、加藤医院の新しい試みとして

①オンコサイコロジー・・・京都府立医大の精神科と一緒に来年の2月からグループ療法をスタ  ートする。

②タキソール等の脱毛を減少させる機械(Digni cap)をスウェーデンから輸入して既に効果を上げている。

以上の報告がありました。
既に耳にされていることもあると思いますが、参考になればと記載しておきます。

このあと、あけぼの会の忘年会がエストピアホテルで行なわれました。
和やかな中にも楽しい会となりました。
そして、カラオケへ。

わたしは、カラオケは遠慮して、友人と約束していたライブに大阪へ出かけました。
「Skoop On Somebody」のちょっと早いクリスマスコンサートです。
そのお話はまた次回に・・・。

f0116278_0461033.jpg


帰りに寄ったヒルトンプラザにて。
ピンクリボンのクリスマスツリーです。
[PR]

by coo-sora | 2007-12-17 00:47 | 乳がん