琵琶湖ピンクリボンフェスタ2007・・・続編

今夜はピンクリボンフェスタの実行委員会がありました。
県下の乳腺外科医・外科医・放射線科医や技師・看護師さんたちから成る実行委員会は勤務が終わってからのスタートです。
当日の検診の進め方が主な議題でした。
短い時間でも決して手をぬいてはいけない。確かな判断を。
どうすればスムーズに検診が出きるか。
そして、翌日曜日に休み返上で全先生方が集まって改めて読影をされるということを知りました。
日ごろの診察だけでも大変だろうになぁ・・・凄いなぁ・・・。

ピンクリボン活動には突っ込みどころはあります。
まだまだ検討の余地もあるでしょう。
だけれど、やっぱり早いに越したことはないのです。
もしも、あと数ヶ月早く見つけていれば・・・
何度思ったことでしょう。
確かに早期発見でも転移した人はいます。
でも、やはり早期発見の治癒率は圧倒的に高いわけですから。
検査はやらないよりやった方がいいに違いありません。

先生たちがこんなに熱心なんだもの。
無料の検査、受けない手はないよね。

そして、今回は、乳癌治療を終えて赤ちゃんを出産された若いお母さんも来られると実行委員長が是非ブログに書いてくださいっておっしゃってました。
講演をされる大原まゆさんもそうですが、
最近増えてる若年性乳がんの方は勇気が貰えると思うのですよ。

検査を受けられない方も大原まゆさんの講演を聞いて、一緒に風船を飛ばしませんか?
そして、ピンクに染まるプリンスホテルを仲間と一緒に見ませんか!
[PR]

by coo-sora | 2007-10-04 00:40 | 琵琶湖ピンクリボンフェスタ2007