「シッコ」の恐怖

マイケル・ムーア監督作「シッコ」を観てきました。

アメリカに国民健康保険制度を実現させることを目標に作られたというこの映画。
アメリカでは近年保健に入れない人が増えているの知っていたけれど、保健に入ってる人も殆ど支給してもらえないという現実を知り愕然としました。

癌であっても手術必要なしの認定から保険が出ず、手術が受けられず手遅れで死んでいく人。
そして、その審査をするのは医師であること。
その医師たちは支給をしない認定をするために雇われていて支給を外すほど高額な収入になるという・・・恐ろしい話。
病人を救うはずの医師が悪徳企業(保健会社)の手助けをして私腹を肥やす。

そして、9・11でボランティアをして粉塵を吸って肺や気管支を患った人にも保健は出ず、高額な薬を実費で購入するしかない現実。

それに比べて、イギリスは?フランスは?医療費は無料。
イギリスの医師は患者を治せば治すほど給料が上がるらしい。
それなら医師も励みになってガンガン患者を治すことに打ち込むよね。
フランスでは夜間往診もある。当番の医師が順に患者の自宅を回っていく。
もちろん無料だ。
出産したてのママのところには国から派遣されたお手伝いしてくれる人が来る。
そして、大学も無料。
・・・で、日本は?
アメリカの後追いをしてきた日本。
これはもしかしたら近い将来の日本なのでは・・・?
そう思うとゾッとしてくる。
わたしなんかもう治療を続けられないだろう。
死ぬしかないのか?
最後に9.11のボランティアの彼らがキュウバで無料で診察を受ける場面がある。
キュウバって恐い国っていう印象しかなかったけど・・・現実は違う。
そして、アメリカより寿命も長いそうだ。
入院費を払えない患者を平気で捨ててしまうアメリカの病院。
日本がそうならないように祈るばかりです。

恐怖と笑いと悲しみ・・・そして、少しホッと救われる場面もあって、
日本の近い将来をとても考えさせられる映画でした。
[PR]

by coo-sora | 2007-09-18 13:55 | 映画を見て