-

長い間更新をさぼってしまい心配してくださった方には大変申し訳ありませんでした。

もう全く何もする気になりませんでした(T_T)
誰と話すのもイヤ(>_<)
文章書くのもイヤ(T_T)/~誰にも会いたくない(T_T)
帯状疱疹のキリキリする痛みとイライラする痛み。
頭を抱えて泣いてばかりいました。
頭の衝撃的な痛みはどうしょうもできなくて、ただイタイイタイと叫んでました。
こんな痛みがあるんですね
頭部への転移で頬っぺたが痛くなりなきましたが、あれのまだ10倍以上は軽くありました。
もうこんなのが続くなら死んだ方がましかと思ったことも。|(-_-)|
『わたしなにを悪いことしたんやろか。すべて改心するから助けてください。おかあさん、わたしをたすけて!!』と、叫んでました。

だけどこれってがんと相対してるわけじゃないんだよね。
わたしはなにと戦っているんだ?!

1ヶ月半たち要約冷静に考えて書けるかなってとこまできました。
あのおぞましい頭の痛みが弱まり少し気持ちが冷静になってきた。しかし、今は右の帯状疱疹が少しましになってきたと思ってたら、頭部転移への症状の痺れや麻痺が強く顔の引きつれが酷くなり歪んだ顔を人前に顔を出すのは気が引けます。
病院に行くのさえマスクにサングラスに帽子を深くかぶり(;^_^A
夫はとぼけるけどそのたびにわたしは哀しくなる。
もうわたしの顔じゃない。何て心が狭い情けない奴か。
もっとタフになりたいけどしばらく無理。
もっと時間がたてば慣れて平気になれるのかな…
正面から顔が見られなくなっていました。
治療は今まで通りアバスチン+タキソール+ゾメタをしています。

帯状疱疹については神経ブロックをしています。抗うつ剤を併用して数ヶ月様子を見るそうです。
神経ブロックをしたからってすぐ効くわけではなく6回10回と続けて様子を見るようです。
何だか先が長くてガッガリです。
これだけでもスッと治ってくれたらもう少し気持ちを上げて頑張ろうと思えるのに、今のわたしはもぐらと一緒にどんどん土の中です。

それでも心配してアドバイスのメールをくれた温かい仲間がいます。
そうだ、そうすれば良いんだよなと思いながら布団を被って動けなかった日々。やはりわたしは全く覚悟は出来ていない。
新しい局面に出会うとパニックになり狼狽えて泣いて…本当になんて情けない事か。
いつどうなっていくのか、想定外のことが多過ぎることを想定してないとね。
自分を哀れんで惨めに思ってる場合じゃないよね。
それでも最後まで生きなきゃいけない!
泣きながらでも、生きるために活きる。
意地だ。
気持ちは日々揺れて凹んだり凹んだりちょっと凹凸してまた大きく凹凸だね。
わたしよりもっと厳しい状態の人は一杯いる。
でもわたしには今のこの状況が精一杯。例え甘いと言われてもわたしにとってはいっぱいいっぱい。
だからこの中でアップアップしながら生きていくしかありません。
今朝は、まだ少しずつだけれどちゃんと考えて、布団からでてクリニックにも行って来ました。
やはり腫瘍マーカーは顕著に上がってました。
そりゃそうだわね、身体の調子を考えて治療をサボってましたからね。
当たり前ですね。
正直がっかりな気持ち。
でもあ〜ぁやっばりって諦め半分。
さてどうするか…
先ずは友人が教えてくれたことを冷静に考えて行動を起こしていこう。
閉じこもって泣いていてもどうしょうもないよね。
でも泣いて心を浄化するとスッキリ!は多少ある。
諦めたらあかんことはある。
別に諦めても差し障りないこともあるはず。

何もしたくないと泣いてたわたし。
どっちに転んでも死へ進んでるとしてるなら、やはりやりたい事やる!行きたい場所には行く!逢いたい人には会う。びくびくするのは止めよう。
ひとつずつ納得したい。
心で泣いて心で笑って正直に生きよう。
自分の小ささに呆れてしまったけどこれがわたし。
さあさあ、泣いてただけでもう2月は終わる。楽しめる予定を作ろう。
あと1ヶ月もしたら桜が咲き出す。
叶えまっせ!!


お陰さまでこんなことを言えるわたしに戻ってきました。
とにかくまたよたよたしながら生きて行きましょう。
明日はスキー旅行から帰宅した長男家族のビデオを楽しみにしてます。
孫は一人で滑れるようになったらしいです。
この間来てくれた時より、たくさん笑って過ごしたいなぁ(*^_^*)
[PR]

by coo-sora | 2013-02-26 02:58 | 乳がん