心が元気に…

木曜日、電話で主治医に嘔吐が続いてることを相談した。
デカドロン(ステロイド)の量を増やすことで様子を見ることになった。
吐くのは夜が酷いので薬も夜を増やす。
睡眠障害が酷くなりそうだがそんなことは言ってられない。
翌日から少しずつ効果が出てきた。
吐くのが止まると少しずつ食べる恐怖も薄らぐ。
妹やお嫁さんが作ってくれた料理が美味しいと思えるようになる。
でも、戻ってくるなよとつぶやく。
1時間2時間…お腹におさまってる様子にホッとする。食べられると心が晴れる。まだまだ量は少ないけれど嬉しい。

吐くのは苦しい。
涙も鼻水も一緒くただ。
トラウマにもなる。
薬の力を借りているがそれでも良い。
食べられることは本当に嬉しい。
身体だけじゃなく心も元気になったようだ。

今日はお気に入りのシャンプーを注文した。
既に無くなっていたがもうどうでもよかった。
夫が自分用にスーパーで買ったもので良い。
少ない髪。
しんどいと3日に一度洗えたらよい方だ。
それにもうそんなことは…そう思えた。
だけど今日は違った。
もう数ヶ月ほったらかしだったパソコンの電源を入れた。
本当に現金なものだと笑ってしまった。

吐きながら泣いていたのもわたしなら、喉元過ぎるの早いのもわたし。
だからまた明日生きられるのかもしれない。
[PR]

by coo-sora | 2012-11-05 01:35 | 乳がん