願いとか希望とか…

改めて効かれると難しいね。

ある方のご主人は、なにも出来なくなった自分が辛くて自殺をされようとした奥様に、生きていてくれるだけで良いと言われた。
なにも出来なくても良い、そばにいてくれるだけで良いと…生きてる意味があるのだからと。
その言葉で彼女は最後まで生きると決めたとおっしゃいました。
涙が出て…
だからまた抗がん剤治療をはじめると…
そこにあったのは夫婦の愛。家族の愛。

わたしはそこのところでまだガタガタやってる状態。
夫は週に3日しか帰らないのでせめてちゃんとした食事をしてもらおうと思う。
お野菜たっぷりだけど魚もお肉もバランスがとれたボリュームのあるもの。
もう還暦ですが食欲旺盛で今でも息子達より沢山食べる。
だけど油の量は減らしていろいろ工夫する。
それでもその3日とも作れるとは限らない。
しんどくて動けない日がある。
悔しくて悲しくなる。
だから料理が作れる日は嬉しい。
コンビニ弁当を食べているのを見ているよりやすらぐ。
夫は無理して作らんでいいよ、寝ときや!スーパーで弁当買うからな…と、言ってくれる。
泊まりの日もコンビニ弁当なのだから
それでもわたしは1日かかってでも食事を作りたい。
「おっ!やっぱり新じゃがは美味い」と、口いっぱい頬張る夫の笑顔が嬉しい。
この病になって取り戻したものがある。
夫婦間の細やかな思いやり。
そして不器用な夫婦だと改めて感じた。

それでも帰れない日は三度電話が鳴る。
「どうや?しんどいか?」そのあとは仕事の報告。
わたしは正直に体調を伝え、「お気張り〜!」と、言って切る。
きっと最後まで続くのだろうなぁ。
少しでも長く続くように頑張る!!
[PR]

by coo-sora | 2012-03-30 02:03 | 乳がん