副作用と現状

昨日は休薬週明けの治療日でした。
前回、初回の1�_から1、5�_に増やし様子をみました。
身体の倦怠感はタキソールより軽く助かりましたが、口の中の苦さはジェムザールに近いものがありました。
甘さが戻るのに10日かかりました。
で、ハラヴェンは2週間連続の投与なので口の中はどうなるのかしら?
そして、口の中が苦くて水もお茶も苦くて飲みづらくなりますから当然水分補給が減る。
水分が減ると…そうなんです、わたくしのか弱い腎臓は直ぐに反応し、オシッコは濃く臭い最悪の状況へ…で、やっぱり腰が痛くなって熱がでて、左腕のリンパ腺が腫れる。
熱は2日で下がりましたが、ヤバいぞぉ〜ヤバイ!って気が付いててこれですよね。
分かってんだから我慢して飲めよって話なんですが…口に含んだだけで吐いてしまうんですよね。
I医師は飲めなかったら点滴してあげるから昼でも夜でもおいでって言ってくださって、ホッとしました。そんなことで今回もう一度同量でやり様子をみて減量も検討することになりました。
標準量は2�_なので不安もありますが、I医師は長く使っていきたいからいろいろ試しながらやりましょうとのこと。
そうなんですよね。
もう残り少ないタマですからね大事に使っていかないとね。

で、いつもの様に点滴室へ…お喋りに花が咲いたので、体調も今一なわたくしは寝たふり(;^_^A
でもやっぱりつかまってしまった。
まだ慣れない新しい看護師さんにハラヴェンの点滴スピードが遅いのではと言ったあと…お隣の年配の方すかさず。「詳しいんですね。違うのですよね。今何クールですか?手術は何時だったの?…」
あ〜始まったと思ったけれど、手術から7年以上経過し、1年半で転移し、広がってるから治療はずっと続いていて終わらないと、何時ものように感情は入れず淡々と説明する。
で、これ以上は聞かないでねって思った瞬間
「わぁー!かわいそうに!」って、でっかい声。
わたし、ほんまに目が点になったわ(・・;)
「まだ若そうやのに、子供は大きいのか?」
返事の言葉が見つかりませんわ(;^_^A
お陰さまで子供は大きいですから…と、だけ答えた。(笑)
そう言えば、この方は、「わたしはもうええ年やから何時死んでもいいから平気やけど再発はかなんなぁ。再発するのは嫌やわ〜」と何度も仰っていた。

何だか腹が立つより笑えてきた。
正直な人なんやね。思ったことをそのまま口に出すタイプなんでしょうか。

と、そんなところにK院長登場。
4月になれば新しい方へ移れること。
点滴室は4階で今の4〜5倍の広さになり、一人一人にテレビがあってゆっくり点滴が受けられるようになるからね、との説明。
あと1ヶ月かぁ〜待ち遠しいなぁ〜。
これでわたしの点滴室話の愚痴は終わるかな(^_-)

んで、帰りにもう一発。
ランチに付き合ってもらった友人ちのお嫁ちゃんの愚痴大会に大笑いしてきました。
よそのお嫁ちゃん話の友人の困った顔は実に愉快。
笑わせてもらいました\(^O^)/
スッキリして帰宅。
世の中ほんまにいろいろな価値観や考えの人がいたはりますね〜
今さらお勉強になることが一杯ありますなぁ。
で、自分もまだまだ直さなあかんとこ一杯です。

さぁて、苦苦来ませんように!
[PR]

by coo-sora | 2012-03-08 11:34 | 乳がん