想ひ

今夜、美空ひばりさんをテレビでやっていた。
亡くなった母は美空ひばりさんの歌が大好きだった。お裁縫をしながらよく鼻歌を歌っていた。
若いわたしには良さが分からなかった。
そもそも女は弱いみたいなことを前提にしたような歌詞の演歌には全く興味なかった。
それが近年わたしも美空ひばりさんの歌が好きになった。
他の演歌とは少し違い心に響く…よくは分からないけど。
「みだれ髪」を聞くと涙が出てきてしまう。

わたしは母の歳になりいくつかの経験を重ね少しは大人になれたのだろうか…
母は昭和63年11月24日に想ひをいっぱい残して逝ってしまった。

わたしは母のように、母のことを忘れない息子にそだてられたのだろうか…

体調が戻ったので来週にでも墓参りにいってこよう。

お母さん、一緒にもう少し楽しい時間を過ごしたかったね。
「愛燦燦」を一緒に歌いたかったね。
今ならもうちょっと上手く歌えるかもしれないね。
[PR]

by coo-sora | 2011-11-27 01:02 | 乳がん