選択肢はまだまだある・・・

先日、某病院の患者サロンに参加しました。
いつだったかテレビで紹介されていた「ゲートタワーIGTクリニック」で奥様が治療をされている方が来られてました。
本来外部の人に話してはならないというルールがあるので詳しく書きません。
肺がんから肝臓に転移しそれまで罹っていた病院ではもう薬は無いと言われたが
今まで頑張ってきたのだから絶対ここで諦めるわけにはいかない・・・と。
それで、
免疫療法も考えられたが先ずはゲートタワーに行ってみることにされたらしい。
ゲートタワーでは冠動脈動注塞栓術を専門とされているクリニックです。
保険適応だし費用が安いと助かるなぁと思って聞いていた。
確かテレビで見たときにブログにも書いていたように思うがすっかり忘れてました。
まだ選択肢はあったのだと思い出した。
だけど実際に罹ってる方には初めてお会いしました。
まだ初めたばかりなので効果は出てないそうですが、マーカーが少し下ったということでした。
奥様に効果が出ることを心より祈る想いでお話を聞きました。

また最近、滋賀医大病院で免疫療法が受けられるという話も聞きました。
免疫療法は
樹状細胞ワクチン療法とがんペプチドワクチン療法の2種類です。
ここに簡単に書いておきます。

<樹状細胞ワクチン療法>
活性化自己リンパ球注入療法(自分の血液を使用)
○診療科 : 呼吸器外科
○対象疾患 : 肺がんのみ
○条件 : MUCIというムチン蛋白(+)の場合
○費用 : 1回126,600円×6回=75万9,600円

<がんペプチドワクチン療法>
東大病院で治験されているもの
合成されたものを使用
○診療科 : 腫瘍内科
○対象疾患 : 固形がんの全疾患
○条件 : HLA-A*2402 または HLA-A*0201
○費用 : 治験なので診察費のみ ワクチンは無料

共通の条件
○抗がん剤などの標準治療とは併用できない。標準治療優先。
○外来通院ができる。
○骨髄機能 その他の臓器の機能が保たれていること
また
他の病院に罹ってるいる人でもOK
抗がん剤より優しいので肝臓などの数値が悪くても出来ることが多い


血液検査による条件の適応が必要ですがこれも選択肢のひとつです。

いつか来るかもしれない、抗がん剤が使えなくなる日。
もう使える抗がん剤はないですと言われたら・・・
そんな時の選択肢が増えるのは嬉しいし、
もっと研究が進んで欲しいと心より願います。

ご存知の方も多いと思いますが、自身の覚書として記しておきます。
[PR]

by coo-sora | 2010-12-10 17:54 | 乳がん