涙は必要?!

今日(火)は治療日だった。そしてステロイドの威力で眠剤を飲んでも眠れない夜を過ごしている。

目を閉じているとピンクリボンフェスタのことがいろいろ思い出された。

2006年骨に転移していると分かってから情報が欲しくてあけぼの滋賀に入った。そして翌年からピンクリボンフェスタにスタッフとして参加した。
あの年、マユちゃんが講演に来てくれた。
でもマユちゃんは今は天国。
わたしが初めて司会を務める事を知って参加してくれた彼女。
応援メールを送ってくれた彼女。
この4年間で何人の友を見送ったのだろうか…

コンサートの最後にあいさつされた実行委員長の言葉が頭を過る。
ピンクに染まるプリンスHが瞼に浮かぶ。
涙が溢れ止まらなくなった。
厳しい治療を乗り越えようとしている友が浮かぶ。

この数ヶ月泣きたくても涙が出てこなかった。
なのに………
二日も経っているというのに…
でもやっと気持ちがストンと落ち着いた。
ピンクリボンフェスタの意義も改めて考えることもできた。
涙は不思議だ…
時には涙は必要だ…

そしてわたしには乳ガン以外の部位の友人もたくさんできた。
昨日、
元気そうな貴女に出会えて嬉しいと手を強く握ってくれた彼女。
胃ガン(スキルス)になって2年を経過するという彼女の手は凄く力強かった。言葉では表現出来ないけれど彼女からビンビン伝わって来るものがあった。
わたしはハッとした。

わたしの骨転移は5年目に突入した。
少しは逞しくなれただろうか…
[PR]

by coo-sora | 2010-10-27 03:33 | 乳がん