最近読んだ本

入院中に読んだ本2冊を紹介します。

中川恵一先生の「死を忘れた日本人」
どこに「死に支え」を求めるか・・・
これは良かったですよ。
素人にも「そうなんだぁ・・・なるほどなぁ~」と、納得できる内容で、とても分かり易いです。
考え直すこともいくつかありました。。。

垣添忠生先生の「妻を看取る日」
専門家であるがゆえ喪失感も大きいのだろうか・・・
奥様をがんで亡くされた絶望感・・・立ち直るまでの道のりが書かれています。

2冊とも題名ほど重くなく、客観的に読めます。
実はピアカウンセラーの講習会で緩和センターのDrから紹介された本です。
[PR]

by coo-sora | 2010-07-08 16:03 | お薦め