最近の副作用

今日はいい天気ですね~~~
でもあたし、つい先ほど(2時ころ)まで寝てましたぁ~~(・。・;

月曜の夜は副作用止めに入ってるステロイドで少々ハイな状態になりあまり眠れません。
昨日は午前中は鍼に行き・・・帰りはウトウト(運転は夫ですから)
でも、長男一家が来るのでお買い物・・・
手巻き寿司の予定。
切るだけでいいですからね。
マグロ・イサキ・トビウオ・タイ・ブリ・タコ・イカ・エビ・イクラ・明太子・納豆・竹輪・・・
あとは野菜。

材料さえ買っておけば、あとはお嫁ちゃんが手伝ってくれるから楽勝です(^_-)-☆
帰宅してから息子たちが来るまでウトウトしてましたよ。

実はあたし・・・点滴翌日から先ず胃に副作用が現れます。
朝ごはんは吐き気で食べられません。
一日中ムカムカが続きます。
味覚障害も出ます。特に煮物は全く味付けは出来ません。
口内炎も出きます(~_~;)

こういう時の手巻き寿司は便利ですね。
孫も寿司めしをパクパク食べてくれて・・・
みんなの真似をして海苔に上手に乗せてくるくる巻いて食べてくれました。

定番のポテトサラダの味見は長男に頼み。
合わせ酢の配合はわたしの母から教えられた分量のままですから、だいたい美味しくできます。ヽ(^o^)丿

で、昨夜は元気な孫からいっぱいパワーを貰ってグッスリ眠れたわけです(^^ゞ
てか、孫と一緒に歌いすぎて疲れたのかも・・・^^;

そうなんです。
遊んでるときもずっと何か歌ってます・・・(いつもご機嫌でぐずってるとこを見たことがありません)
よ~~く聞いてると・・・
さいたぁ~さいたぁ~♪ 手をたたきましょう~タンタンタン♪ アリサンとアリサンが~~~♪♪
ちゃんとメロディーが合ってるので分かりましたよ。
得意の3曲です。
ママと毎日歌ってるみたいです。

一番得意な手をたたきましょうはちゃんと手振りも付けて・・・3番まで歌うと必ず「もう1回!」と、人差し指を上げてニコッと笑顔を作るのでまたみんなで歌うことになります。
こうなるとエンドレスですね・・・飽きることがないんですね^^;
ジィジもバァバも孫の笑顔にはメロメロです~~~\(^o^)/

そのお陰で久しぶりにグッスリ眠れ、ムカムカも早めに治まりました。
昨日食べられなかったポテトサラダでサンドイッチをつくりお腹いっぱいになりました。
もう晩御飯は食べられないかも~

今日は久しぶりにと副作用を記録しておきます。

<現在の治療薬>

○ タキソテール + エンドキサン (隔週)
○ ゾメタ (4週に1回)
○ TS-1 (3週服用1週休み)
○ フェマーラ(毎日服用)

<副作用を軽減するための薬>

○ 便秘・・・マグミット(便を軟らかくする) ラキソベロン(下剤)
○ 解熱鎮痛剤・・・ハイペン(胃に優しいのでロキソニンから変更しました)
○ 胃薬・・・ムコスタ ・ タケブロンOD
○ 睡眠障害・・・マイスリー
○ 手のひらの湿疹・・・リンデロン-VGの軟膏とローション

<最近の副作用>

○ 吐き気 (点滴翌日から1日~2日)
○ 便秘 (点滴から1週間)
○ 手足の痺れ (ずっと続いてます)
○ 味覚障害 (点滴翌日から1週間~10日)
○ 睡眠障害 (ほぼ毎日マイスリーを飲んで寝る)
○ 脱毛 (ディグニキャップを使用。ナベルビンで半分くらい抜け、現在止まる)
   外出時はポイントカツラか帽子着用してます。
○ 手のひらの湿疹はナベルビン使用時から(かなり良くなってます)
○ 点滴3日後ぐらいから3日間くらいは一日中ゴロゴロ何もせず過ごす。しんどくて動く気がしない。
   食欲も無くなるし、気力がなくなる。
○ 顔が赤くなる (点滴翌日の夜くらいから2日間くらい、頬が赤い)
* ナベルビンによる貧血はほぼ治りました。鉄剤・ビタミンB12は止める。

暖かくなって腎盂炎のほうもどうやらいい傾向になってる感じで痛みもなくホッとしてます。
骨の痛みも、この間から骨盤や大腿骨に出ていましたが鎮痛剤を飲むほどでも無くなりました。
どうも寒さや雨に弱いみたいですね。
鍼にも夫のお陰で毎週行けているので効果が続いてるかもしれません。

月曜日の点滴中にお話した方は手術のときに既に骨転移があり10年経過されてるという人でした。
ずっと治療を続けているので時々嫌になってさぼりますと仰ってました。
でも今回はさぼり過ぎてマーカー値が跳ね上がってしまったとか・・・
CEAが1500以上  CA15-3が250 くらいと伺いました。
CEAはびっくりの数値ですね。
だけど骨転移だけだそうです。
骨転移は身体中やけれどねって笑いながら話してくださいました。
身体中はわたしも同じです^^;
だけどわたしの場合CEAは17、6で、CA15-3は647です。

マーカー値の表れ方は個人差が激しいですね。
彼女の笑顔に救われ、素直にお喋りができたひと時でした。

最近点滴室で嫌な想いをしたばかりだったので・・・
初発の補助治療の方から自分と点滴が違うんですね、と尋ねられたので説明をしたところ・・・
とっても可哀想に・・・という顔で、お気の毒に~みたいに言われて、あげくに
「お顔を見ただけじゃ、そんなに悪いようには見えませんから頑張ってくださいね!やっぱり前向きに頑張らないとねぇ~!」って、励まされました(@_@;)
彼女にしたら精一杯の励ましの言葉だったのでようが・・・
何か違うんです。
わたしは可哀想でも気の毒でも不幸でもありませんからって突っ込みたくなりました。
側に居た看護師さんも思わず苦笑いでした~^^;

そうなんですよね。
そりゃエンドレスの治療に嫌だなぁって思うことはあっても、可哀想とも気の毒とも思いません。
これって強がりじゃないんですよね。
6年目にもなるとやっぱり慣れもあるし、持病っていうか、戦いじゃなくやっぱり共存でしょうか・・・
この生活が日常なんですよね。
ブログの題名「乳がんと仲良しこよし」で暮らすことの大切さがホントに分かってきたからでしょうか・・・
このタイトルを付けた時、わたしは言葉だけで理解できてなかったというか、転移して完治することは無いと知り自分に言い聞かせるつもりで決めたのでした。
そうは言っても凹んで落ち込んで泣いたり喚いたり・・・これからもまだまだあるはず。
高い医療費を使っているのに治らないって意味ないって思えてくることもある・・・
辛い副作用でもう治療を止めたい、止めようと思ったことも何度もある。(>_<)
でも、逃げることは出来ない。
無治療は恐い。
これが現実だ、自分なんだと受け入れ過ごしていくだけなんです。
不幸だと嘆いても何も解決しない、良くはならないということだけは分かりました。
そして今の自分を不幸だ可哀想だと哀れむのは、何よりもっと厳しい状況で乗り越えようと治療している方に失礼だと思うのですが・・・
違うかなぁ~難しいなぁ~温度差かなぁ~
人の想い・・・自分の想いもぐちゃぐちゃになることあるのに偉そうなことは言えないんだけれどね(-_-;)


 
[PR]

by coo-sora | 2010-04-28 16:36 | 乳がん