ナベルビン撃沈

また体調崩していました。
どうも免疫低下、体力低下・・・なんでしょうね。
また腎盂炎になってしまったようです。

先週の水曜日くらいからジワッと腰痛が始まり・・・
なんか変な腰の痛さだなぁ~と、思っていましたが
土曜日の「女性の健康フェスタ」で経験談を話すという依頼を受けていましたので、そちらの方に神経は集中してました。
一応、原稿を書いて、万が一、壇上で頭が真っ白になっても大丈夫なようにね^m^
で、少し練習してみたり・・・
だけど、ナベルビンの投薬週だったこともあり、体調が戻ったのもギリギリだし、まだ少し声が出にくいというか、肺活量が少ないのか息が続かないんです。
ま、ゆっくりゆっくり喋ることで少しはごまかせるかな?!

てなことで、土曜日は雪降る中をGO!!
大津は降ってなかったのですが、会場のある甲賀市についたころには吹雪き・・・(・・;)
なんでこんな寒い日に~(*_*;
車で自宅から1時間くらいで到着。

会場には骨密度測定できるコーナーや乳がん触診体験のできるコーナーなどいろいろ体験できるブースが並び準備も着々と進んでいます。

控え室では美味しいお弁当を頂きながらメインの講演をされる大津市民病院産婦人科医長の横田浩美先生や滋賀県の健康ずくり支援室室長の井下先生から参考になるお話を聞かせていただきました。
横田先生はとってもさっぱりしゃきっとした今年年女ですと笑って仰る気さくな方でした。
最近は産婦人科にも女医さんが増えていいですね。
滋賀県内で産婦人科をお探しの貴女、絶対お薦めのDrですよ。
相談だけでも軽くのっていたいただけそうです。
わたしの子宮がんを見つけてくださった女医さんとも親しいということで、楽しいお話もさせていただきました。
井下先生は歯科医師で、ゾメタ治療を長年続けているのでそのことを少し教えていただきました。
井下先生の陽気なキャラには講演の直前にもリラックスさせていただいてとても助かりました。
お世話になりありがとうございました。

横田先生のお話は10代の妊娠と中絶の話に始まって、避妊、性感染症、女性ホルモン、子宮内膜症、子宮がん、卵巣がん、骨粗鬆症に至るまでお話がありました。
そうそう、子宮頸癌のワクチン「サーバリックス」摂取がもう出来るそうです。
詳しくはまた改めて報告させてもらいますね。

で、わたしはこの後です。
もう一人、あけぼの滋賀の会員さんで、胃がんと乳がんを経験されている方のお話が先でわたしがあとです。

今回はがん検診の啓発が主な目的なので、がん治療の大変さには触れません。
わたしは子宮がんと乳がんが見つかった経緯から早期発見の大切さを話したつもりなのですが・・・
さてさてどうだったのか・・・
井下先生は説得力があったよと褒めてくださったけど・・・(^^ゞ
壇上で体験談を話すのは二度目ですが、ドキドキと足の震えはもうこりごりだわ(・_・;)
薬で足は既に痺れているのに、ひざが震えるともうガクガクです~

ま、それでも何とか無事終わって、吹雪の中、どんどん積もる雪にヒヤヒヤしながら帰路につきました。
緊張と雪で疲れましたぁ~

さて、ホントならこれでお仕舞いなのですが、本題はここからです。

その夜、熱が出ました。
寒気がしたり熱くなったり・・・腰はジンジン痛い・・・やばいなぁ~
翌日の日曜は一日中寝て過ごしました。
月曜日はちょっとましになっていたのでこのまま治るかと思っていたら夜にまた熱が上り・・・
これっていつかのあの症状に似てませんか?!
だよね。きっとアレだわ(・_・;)
で、翌日の火曜日、空いている午後診に予約を入れて、いつものクリニックへ行きました。

診察室に呼ばれて主治医を待っていると、ちらっと通りがかったI先生(女医さん)が、あれっ?!どうしたの?
って、声をかけてくださって、理由を話すとパソコンをずっと過去に戻して・・・
はい、ありました、ありましたよ。
同じ症状やね。

でも、前回より軽いと思うことも話ながら・・・
・・・二人の目はある数字に釘付けになっていました。
先日の血液検査の結果。
腫瘍マーカーCA15-3(30以下が正常値)が、なんと660・・・今までで最高かも
前回、12月は379
CEAは1月に18.6
CA15-3とCEAは1ヶ月交替でオーダーされてます。

どう考えても跳ね上がり過ぎやろ・・・(・_・;)
やっぱり一投一休にしたからかなぁ~(-_-;)

I先生はそれはないと思うよって。
ナベルビンが効かなくなったんやね。でも、薬はまだまだあるからねって励ましてくれます。
最近承認されたジェムザールもあるし。
カンブトもあの赤いやつもまだやしね。

「え~~っ?!それは使いたくないなぁ~。悪い思い出しかないし。母が最後に受けた抗がん剤。吐いて吐いて苦しんでばかりやったから・・・」と、わたし。
「最近のは改善されて昔のとは違うから大丈夫やで」と、I先生。

そんな会話をしていたら主治医登場~~!!
どうした?どうした?

理由を説明すると、わたしの後ろにまわって腰をとんとんと叩く。
「いたぁ~~~!!」と、思わず悲鳴(/_;)
エコーで見てもらうと、ちょっと腫れてるかな・・・と、お二人で^m^
軽い、腎盂炎でした。
で、冬場だし水分も取りにくいだろうと500の点滴をして抗生物質をいただいてこちらは終了。

そして、I先生が徐に、マーカーが倍近く跳ね上がってることを報告。
主治医もちょっとびっくりって感じでパソコンを覗き込む・・・
「薬替えようか・・・次まで様子見るか・・・」
I先生突っ込む「検査したばかりですよ」
主治医「そっかぁ・・・よし!変更しよう!!次回からタキソテールにしよう!!」
思わずI先生と顔を見合す。
さっきの話では名前が出てなかった薬。
確かにまだやってないけど・・・
ま、そんなことはいい。
「ホルモン陽性の人には比較的効果が出ていると報告があるから、タキソテールやってみよう。
で、大変退屈だと思うけど初回だけ4、5日入院になるから。」と、入院できる日を探し始める。(・_・;)
早っ!!
わたしはいつでもいいですけど・・・
あっという間に今週の金曜日から火曜日までに決定。
いつものことですが決断の早さには驚きます(苦笑)
マーカーの急上昇にショックを受けてる暇もないよ~(・。・;
主治医にはちゃんと考えがあるのだろう。
わたしも信頼してるからなぜタキソテールなのか深く聞かない。
てか、こうなればどうせ効かなくなったら順番に潰していくだけ。
ナベルビンも青息吐息で半年の命でしたね^^;
それでもいい。
まだ使える薬があるだけでも幸せなことです。
副作用のことなんか言ってられません。
・・・また、髪は抜けるかな(/_;)
ディグニは使いますが、既に半分くらいになってるし、毛根もかなり弱ってるはず、ディグニやっても持たないかも・・・
まつ毛もやっと生えてきたのに・・・とか、ちらっと・・・いえかなり頭をかすめるが・・・
ま、仕方ないなぁ~~
もっともっと頑張ってる仲間がいる。
こんなことでへこたれていられませんね。
ナベルビンからタキソテールに変更になったといだけのこと・・・と、納得させる。

そんなわけで明日から火曜日までちょっくら入院してきます~~)^o^(
点滴は明日だけだし、あとは暇だろうなぁ~~
さぁ、ぼちぼち準備しようかな・・・
そうだ、本は必要やね(^_-)-☆
[PR]

by coo-sora | 2010-02-11 16:48 | 乳がん