クリニックの情報提供会

昨日、今日はようやく1日中36度台をキープ(^^♪
やっと薬が切れてきたのかな?・・・なんて妹と電話で喋っていたら夫に笑われた^^;
あれっ!?
知らない人が聞いたら勘違いするかい?!

そんな単純な話で笑える・・・ホッとするヽ(^o^)丿

そんな訳で今日は先日参加した、わたしが通うクリニックの情報提供会から今感心が高いであると思われるタイケルブ(ラパチニブ)について記しておこうと思います。

新薬タイケルブとは・・・

ハーセプチンと同じく分子標的薬ですが、ハーセプチンと決定的に違うのは分子の大きさだそうです。
ハーセプチンより遥かに小さいためがん細胞の中まで入っていってヤッツケルことが出来るそうです。

なんだかとっても期待が持てる感じでしょう(^_-)-☆

ただ条件が厳しくて・・・^^;

ハーセプチンと同じくHER2陽性の人のみの使用で
 ○ アドレアマイシン・タキソール・ハプセチンを使用していて耐性が出きて効果が無くなった人が対象となります。
 ○ ゼローダと一緒に服用しなければならない
    タイケルブは経口剤で一日5錠飲む(1錠が大きいらしい)

ゼローダ単独の場合と比べると
進行の抑制はゼローダ単独は20週なのに対してタイケルブを服用すると36週になり
効果率は14%に対して22%とアップ

また、今までの抗がん剤なんかと大きく違うのは脳転移の予防効果が高いということです。
今までの抗がん剤は脳まで行き着かず薬での治療は出来ませんでしたが、これは大変嬉しいことです。

ただ・・・わたしのようにHER2陰性の人にはまだ朗報は無くとても残念です。

そうそう、それからディグニキャップですが、この2年間で270名が利用した結果を踏まえ
ぼちぼち臨床試験がはじまるそうです。
先ずは、聖路加国際病院 乳腺外科や亀田病院でスタートするそうです。
早く全国に広がるといいですね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

昨日、ロックシンガーの川村カオリさんが天国へ召されました。
「金スマ」で見た20周年記念ライブの映像や親子でロシアを旅された映像がとても印象的でした。

あまりに早い・・・口惜しいです。
そして今日ワイドショーで「ママからのおねがい」という文を紹介されていましたが、涙が止まらなくなりました。
だってそこにはお嬢ちゃんがママと同じ乳がんにならないための生き方が記されていたからです。
彼女のお母さんも乳がんだったと聞いています。
きっと彼女は置いて逝かなければいけない娘に対してどれほど心を痛めていたのか・・・

なんという酷い病なのか・・・改めて痛感せずにはいられません。

川村カオリさんのご冥福を心よりお祈り致します。
[PR]

by coo-sora | 2009-07-29 16:05 | 乳がん