希望の星!?

今日は二回目のナベルビンをやってきました。 

いつもの主治医との会話。
触診をしながら副作用の話から始まります。
その中で、手先の痺れはTS-1の副作用だろうということ。
我慢できなくなったら止めることも考えてもいいけど我慢できるうちは頑張ってほしいと。

そして、ナベルビンの話になって。。。
主治医 「Mさんはナベルビンでマーカーがぐんぐん下ったしなぁ~Mさんは凄い!!ホント強いなぁ~。cooさんと同じで比較的性質のおとなしいガンということもあるけど・・・何とか手をつくして救いたいと思ってもどうしようもない人もいるあるから・・・あっという間に進行したり。。。それにしても女性は強いと思うよ。もしボクならとっくにねをあげてるよ。とにかく強いよ。そりゃMさんだって不安そうにしているときもあるけど基本的に強いよ。ホントよく頑張ってるよ!!あの人は凄い!!」

こんなふうに主治医はMさんのことに感心しきり。

Mさんというのはわたしの大切な仲間のひとりです。
彼女の治療期間は既に15年を越えました。
術後3年くらいで肺に転移してから13年間は仕事をしっかり続けながら治療をされていました。
そして、一昨年の暮れ、14年目だったでしょうか、脳に転移が見つかりました。
ガンマ治療を受けていらっしゃいます。
そして先月お会いしたときにとうとう骨にも転移したと・・・。

きっと、わたしには想像できないほど彼女の戦いは辛いものだと思います。
でも、会ってもほんの少し不安を口にされるだけであとは淡々と治療のことなど話される。
そして、痴呆の始まった義父のこと、年老いた曾祖母のことなどご家族の心配されたり、再発に苦しむ仲間を心配されたり・・・
自分のことだけでもいっぱいいっぱいのはずなのに。。。
滋賀の患者会のお世話もしっかりされているし、彼女に会うとわたしはまだまだだとつくづく思う。
いつも彼女の大きさにわたしは感動する。
そして、負けていられないぞぉ~って、元気を貰ってくるのです。

わたし 「先生、Mさんはわたしの希望の星です!」
主治医 「ほんとやなぁ~乳がん患者の希望の星やなぁ~」

そんな話のあと、副作用は出てるけど、とにかく2ヶ月は様子を見よう。
2ヶ月経てば結果が見えてくるだろう。
だから我慢して続けようと。。。

先生、ひょっとして励ましてくれてるの?^m^

そうなんですよね、Mさんはもちろん、Mさんだけではない。
わたしよりう~んと厳しい中で頑張っている仲間はたくさんいるのだ。
こんなことぐらいでぐちぐち言ってるわたしは・・・恥ずかしい。。。(・・;)
頑張ろう!!


Mさん、独断であなたのことを書いてしまってごめんなさい。
でも、今日のK先生は貴女のことをしきりに話されていました。

Mさん わたしは貴女について頑張っていくからね。
貴女もまだまだしぶとく頑張ってくださいよ!!
何と言っても貴女はわたしたちの「希望の星」なのですから。。。
[PR]

by coo-sora | 2009-05-28 17:32 | 乳がん