もしもあの時・・・

そうなんです。
よく思いますよね。。。
「もしもあの時こうしていれば・・・」と。
「もしもあの時こうしていなかったら・・・」と思ってみても、もしも・・・は無いのですが。

今日観た映画はそんなことを深く思うものでした。

ワルキューレ」です。

結末は分かっています。
実話ですから、成功しなかったことは知っています。
でも、殆ど今まで取り上げられることのなかったことですよね。
改めてそうだったのかぁ~と、知ることで少し救われた気持になりました。

内容は、ヒトラーの暗殺計画です。

ヒトラーの暗殺計画は何度もあったようですが、軍の上層部の人がこんなにもヒトラーに対して否定的であったことはしりませんでした。
少し何かホッとするものがありました。
ナチスドイツ=ヒトラー=大量虐殺というイメージが強く、このような計画があったことはあまり知らされてないように思いますが、、、
映画になったのも初めてでないかしら?
わたしが知らなかっただけかな・・・^^;

とにかくこの映画を見て、
もしもこの暗殺計画が成功していたら・・・
その時日本はどうしたんだろうか・・・
もしかすると戦争は9ヶ月近く早く終わっていたのかもしれない。。。
そうしたら少しでも虐殺された人数は減っていたのかも。。。
そうしたら、広島や長崎は無事だったのかも。。。

既に過去のことなのに、、、成功してほしいと願いながら観てしまった^^;

トム・クルーズは年を取らないのでしょうか・・・素敵でした。
[PR]

by coo-sora | 2009-03-31 01:06 | 映画を見て