がん治療最前線に想う・・・

今日、テレビでやっていた「がん治療最前線」を忘れないように書いておこうと思います。
見ていなかった人は参考にしてください。

「陽子線治療」
筑波大学陽子線医学利用研究センター・菅原Dr
従来の放射線治療と違い他の臓器に影響なくがん細胞だけをやっつけることが出来る。
出来るがん・・・肝臓がん・肺がん他
費用・・・250万円~(保険適応なし)
全国6箇所の病院で実施されている。

「エレクタシナジー」
東京大学医学部付属病院
出来るがん・・・子宮がん・前立腺がん・食道がん
費用・・・1回10分程度で全28回、16万円~(保険適応有)
全国10箇所の病院で実施している。
これだと子宮がんの摘出手術後の後遺症に悩まされることがない。
ただし、子宮は摘出しなくていいが、機能は失われるので更年期障害になることはある。

「ラジオ波」
東京大学医学部付属病院・椎名Dr
肝臓がんで、3cm3箇所までなら何度でも出来る。
費用・・・12万円~(保険適応有)

「動脈塞栓術」ゲートタワーIGTクリニック・堀信一Dr(大阪府泉佐野市)
がんに栄養を送っている血管に塞栓剤を直接送ってがんの成長を止める。
出来るがん・・・肝臓がん、肺がん、乳がん、乳がんの局所再発や肝転移、骨への転移がん等
費用・・・15万円~

「免疫細胞治療」
瀬田クリニック(東京世田谷区)
患者本人のTリンパ球を薬品で活性化させて体内に戻す。
費用・・・3ヶ月に6回。1回26万円(保険適応外)

他には日本大学医学部付属板橋病院小児病棟で、小児ガンと闘う子供たちが紹介されていました。


わたしが一番興味を持ったのはやはり動脈塞栓術ですかね。
これは肝臓がんにだけしか出来ないと思っていたので、そっかぁ~乳がんの肝転移や骨転移にも出来るとのこと。
少し気持が楽になります。
乳がんの肝転移や肺転移は全身がんだという理由で手術はされないとされてきましたから、化学療法やホルモン治療に頼るしかありませんでした。
でも、使える薬が無くなったら・・・(-_-;)
特にトリプルネガティブの人たちの治療についてはとても難しいものがあります。
そんな中で他の選択肢があるといことはとても救われた想いがします。

また、最新治療の陽子線にはとても期待できると思いました。
ただ250万円は高過ぎですが、1日も早く保険適応になり、多くの病院で受けられるようになることを期待したいです。

医学は日進月歩、頑張っていたらきっと新しい治療方法が生まれます。
だから絶対諦めたらダメ!!
きっと道は開けると信じて頑張ろう!!

さてさて、副作用もなんとか静まりました。
今週はお楽しみがふたつあります。
晴れますように・・・(^_-)-☆
[PR]

by coo-sora | 2009-02-22 16:06 | 乳がん