ちょっと眠くなって・・・(・・;)

観て来ましたよん!!
「チェ 28歳の革命」

チェ・ゲバラの人間像の表現に終始した映画でした。
戦闘シーンもそんなに過激でなく女性にも見やすいものになっていましたが・・・
う~~~ん、ちょっと不満が残ったかも。
もう少し政治背景や人物を掘り下げて欲しかったかな・・・
ストーリーも単調で途中眠くなってしまいました(・・;)
なぜカリスマと(チェのことを知らない若者もTシャツを着るくらい)成り得たのかもう少し知りたくなりました。
そういう意味で続編「チェ39歳の別れ」を見ないわけにはいかなくなりました。^^;
後半を見れば納得いくのかな・・・

それにしてもチェを演じた「ベニチオ・デル・トロ」は、まさにチェそのものでした。
この役をするのに25キロも減量されたとか。
男らしくカッコ良かったですが、でもやっぱり本物の方が数段いい男かな?!

で、これから見に行く人は事前に少しキューバ革命について知ってる方が楽しめると思います。

そういえば、わたしの横に座った3人の男の子(高校生くらいかなぁ)はどんな感想なんだろう。
ちょっと気になるところでした。
[PR]

by coo-sora | 2009-01-18 20:08 | 映画を見て